原因は・・・

前回、体調を崩してから
なんとなく不調が続いていたカウちゃん。

下痢が治ってからも抱かれるの嫌がるようになっていて
小型犬によくある神経過敏なのか???
それとも、なんとな~く皮膚が赤っぽいかな~???

気になってから、待つことほぼ2週間。
悩むのが長すぎるんでねぇ?
気にしつつも、たま~のちょっとしたときに大袈裟に泣くだけだから
様子見も長くなってしまう。(^_^;)
すまんね~、カウちゃん。

しかし、そのうちに
背中やお尻のあたりを触ってもどおってことなくなった途端に
場所がどうやら限局してきてた。

「キュンキュンキューン」
ハウスインしてから泣くもんだから、覗いてみたら
思いっきり耳を掻きむしっていた。

あ!そこだったのですか~?
でも、耳を覗いてみても赤いのか黒いのか白いのかワカラーン

点眼薬をもらうついでに診てもらったら、やっぱり軽い外耳炎。
昨日から薬入れたら静か。^^;

目もおっきいけど、耳もデカいせい?
まさか。(笑)
取りあえず、ひとつ解決。
原因は外耳炎だったとはねぇ。やれやれ、ほ~っ

耳問題解決の後は、いつもの眼科診察
2か月前は「ゆっくりの進行なのかもねぇ」だったのに、
「うわぁ~、悪化してきたね・・・」
「あ、そ、、、ですかぁ」

と、言いつつ
カウちゃんは、見た目は至って著変なしだもんなー。

今回の診察では
硝子体がほとんど流れ出てきているので
完全に網膜が剥離するまでどれくらいなのか???

どっちにしろ、避けようがないってことなんだ?

というのは、前から聞いていたんだし。
そろそろだよ、覚悟しときなさいってことなのか?

気楽にもう2、3年は持つかなーと思っていたけど、案外、もっと早くなるのか?
こればっかりは、わかんな~い。

自分だったら、ある日突然失明した!なーんてことになったら凹むわ~
でも、カウちゃんの場合は、
たしかにガン飛ばすチンピラだけど、かんしゃく起こすことは
なさそうだし、さほど不自由しないのじゃないかって
希望的推測。

ここで犬が落ち込んだらこっちも悩むところだろうが、
診察台の上でニコニコしてるしね。
なるようになるでしょう。
まだまだカウちゃんが遊べるようなことを思いつけそうな気がするもーん。

ひとつだけ、
いつか聞いてみようと思ってたことを先生に質問してみた。(^_^;)
「光を浴びるごとに炎症が起こるって・・・
サングラスはどうなんだろう?」

「・・・」

その顔じゃ、そういう次元じゃないのねん?(^_^;)

「実際、犬にサングラスかけさせてる飼い主さんがいますよ。
そういう方法もありだと思います。
が、効果は・・・1.数パーセント程度しか変わらなかったという結果が出ています。
かけてもかけなくても変わらないなら?
だいいち、犬にサングラスを着けさせることのほうが難しいんじゃないかと」

そうかぁ、メガネはファッションとしてってことになるんだねっ。
しかし、牛柄にサングラスじゃ
・・・笑っちゃうね。やめとこ。




そうこうしているうちに、パー子ちゃんからメール
「ワッフル食べられてしまっていました。たぶんカウちゃん」

ガーン
昼に薬もらいにいった帰りに
「パン屋さんが作ったカリカリのおいしいワッフル~♪」
店頭販売していたのを買ってきたのにー。

しばらく、ニャンコがおとなしくなってると油断した
夜は抜きだね!

ぼくは悪くないでち
パフィが勧めてきたのでちよ。。。

コメント

非公開コメント