受験票

運試しにと推薦入試に応募した娘。
11月2日締切りというのに、10月末になっても
まだ出していない。げっそり

こういうのって、どうなのかしらーん。
こっちは、ハラハラドキドキ。
「全ては己の行動の結末を知れ」というポリシーのもとに
子育てをしてきたのだけれど。

……あ~、でもさぁ
これって、親のその後にも関わる?
ことはないけど、あんまりよねぇ。
こんなにヤキモキさせちゃってー。 

応募する直前になって
もっと吹奏楽を続けられる環境に行きたいと
のたまったものだから
一週間ほど葛藤が続いていたわけでした。
自分で初志貫徹の結論を出して、担任に推薦書を頼んだは
いいけど、担任も
「お前の性格ってどうよ?
だって、俺、授業持ってないし……」
他の教科の先生に聞きまくって書いたらしい。

担任も生徒ものんびり屋だったのか?(笑)

「ふつう、志願票ってもっと早く提出するもんじゃない?
2日締切りって、必着か消印が2日なのか。
ぐずらぐずらしていたら、こいつ、やる気あんのか?
って、おとなは思うけどなー」
「ん?2日消印有効だから」
(おいっ、クイズに応募するハガキとちゃうやろ。)

こんな、おろおろさせるような会話で
ようやく2日に送ったのでした。

その受験票が速達で今朝届いたのを見て
ホッとしたひとときでした。


先日の学祭に行って、図々しく教授に質問してた。
「推薦入試の場合の試験問題の傾向と
面接ではどんなことを質問しているのですか?」
思わず、娘の顔を見ちゃった。(過去問見ろ!)

でも、笑って過去問はそこでもらえるからね。
面接は、いかに自分らしさを出して答えられるか。
おそらく、そんなところを見るのだと思いますよ。

しかし、こんな調子いいやつがこれで受かったら
まるもうけって感じになるのでしょうか。
せっぱつまった受験生には、まったく見えない。(笑)
来週には試験です。

推薦入試といっても、面接以外に国語、英語と論文が
あるようで。
ま、これが終わったら、
いったんは落ち込んで、来春に向けて
受験勉強体制に入って行くのでしょうね。

コメント

非公開コメント