ウキウキv(=∩_∩=)

台風一過
風がつよぉ~ぃけれど、まだまだ暑いね。

でも、あちぃあちぃ、だりぃ~、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)
も、あっという間に終わっちゃうんだよ。
あの暑さが懐かし~ってくらいに極寒が、またやって来る。

そうなると、身動きとれなくなるからね!(σ-"-)σ
動けるときに動いておくんだよ!(笑)

ドッグダンスのレッスンっていう感じには、ま~だ見えないけど 
パピィと選手交代してから、かなり馴染んできたカウちゃん。~(^◇^)/ 

昨日のゲリラ豪雨の合間を縫って
電車に揺られ、テクテク歩いて行って来た。

ときどき、すさまじい豪雨でどうしよ?
才才-!!w(゚o゚*)w いい年して犬担いで何やってんだろ???
自分でも考えちゃうんだけど・・・(笑)

わたしが歩くときって、ちゃんと雨も風も止んでくれる。
神は味方してくれるんだな!深く考えなくても済んだ。
(~--)/(^^;) 雨雲の成り行きやん

ど~でもええ?^^;

カウちゃんはねぇ、
飼い主にもいい影響を及ぼしてくれてるような気がする。

動きがパピィと違うせいもあるんだろうけれど、
パピィのように早とちりして「これだろ?」って得意になるところがない。
トロっちいちわわんと飼い主が思っているせいか、
ひとつ出来たら「御の字!」
ようするに、カウちゃんには期待してないせい?(笑)

カウちゃんは歩いてるだけで「おお、あの子が歩いてる!」感涙(/_<) ナケルネェ
その点は、パピィよりも得してるかも。
パピィのときは、「それじゃねぇ~っし」無意識にムキ
と、しかかるのが自分でわかるんだけど。(^_^;)

カウには、怒ってもしょうがないなー。
と、自爆の道。( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

が、こいつもやはりワンコ。
ひとが油断している隙をついて
IMG_1630_20140810202302566.jpg

勝手にサボりに行くところを・・・
IMG_1631_20140810202303d21.jpg
「ちょ、マテー!逃・が・さ・な・いー」V(^∇^)o\o(^∇^)V フォフォフォ
ギクリ

終わってから白板の写真を撮ったついでの写真だったんだけど。(笑)
「まだ逃げちゃいけないでちねぇぇぇぇ?」
を理解してくれるようになった。

「そこのおねぃさん!ぼくをそっちに連れて行って抱っこしてくれないでち?」
媚びを売っても買ってもらえない。

「これはキライだからやりたくないでちよぉ~」
と、隙間に逃げ込んだつもりでも、追いかける飼い主。
ほんとに隅っこに潜り込んで拒否ろうとするんだけども・・・

昨日は、バスタオルの山の中に潜り込んで逃げたつもりでも
「そんなところでやるかな?ほれ!」
バスタオルに埋もれながら「はいでち・・・ほいでち・・・」(;´д`)トホホ

「狭いところでやんないで広いところへ来てごらん~」
「・・・ちっぷぅ~、たっぷぅ~~」
「おお!できるじゃん!最初っから広いとこでやればええねん」
カウちゃんの成長したところは追いつめられてもやり遂げるところ!
   ↑
余興だったんだけど(笑)

動いてる最中の足元や足にタッチは、カウちゃんにとっては至難のワザ
お勉強の時間だと思うと、大きな勇気をふりしぼれるようになったんでは?

大捕り物やってると爆笑、苦笑されるんだけど
「それをやっても、カウちゃんの意欲が萎えない。
おもしろいことにカウちゃんがそれでもやってしまえるんだから、
やっぱり関係性なんだねぇ。
それもありだと思うよ」
と、慰められてる飼い主。^m^

いやいや、落ち込んでないんだってば!
カウちゃん、楽しいって言ってるし

で、前回からの続きの構成を組み立てつつの練習
家のカーペットと足触りが違うせいか、バックの距離が伸びない、曲がる。
ターンバックで足をくぐりながら
ひとの足元にぶつかると、そのままスピンしてくれたり。

それも合わせ技っぽくっていいかも

構成作家、カウちゃんの意向を入れて、
てゆうか、勝手に動くのがつないでるみたいに見える。( ´艸`)ムププ

ターンバックからのバックスピン2周
ウィーブで潜り抜けたらツイスト!がふんだんに入ってしまった。
それと、カウちゃんらしいスクワット!

これは安定して欲しいな~
・・・カウちゃんの十八番にするんだから。(笑)

ここは、構成作家のカウ氏に表現をゆだねてみよう。
どうなるか・・・
涼しくなってパピィを連れて来るようになったときに
二男坊らしい口が叩けるようになっておこうぜ
「兄たん、ぼく、できるんでち!
チワワンの底力を楽しみにしてるでちよ」(-_☆)キラーン
スナップショット 1 (2014-08-08 13-45)

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。