お母さんが楽しむこと

ま、いちおうお母さんであることは間違いない。
のっけからナンダロって気もしないわけではないのだが。(笑)

犬の飼い主のことを犬のおかあさん、ママと呼ぶのを
犬飼いになってから知ったのですが。^^;

訪問活動犬を目標にして、
さっそくお試し試験をすることに決めた。
が、その前に服従が入っていることが必須。
考えれば当然なんだけど。 
服従の初歩の試験が来月早々の予定となった。

リード付きだから、何とかなるかと簡単に考えていたけど、
リード付きも無しも結局は飼い主が犬に信頼されて
いればちゃんとクリアできるんだなと
他人の歩行を見て痛感した昨日でした。


飼い主が落ち着いて通過すれば、
ビビりで初めて遭遇する場所でも犬もクリアしているもんね。

そんなことを考えながら歩いているわけでも
ないのだが、その緊張が傍からわかるらしい。
犬が楽しそうにお母さんと歩いてない。
トボトボついて歩いてるように見えると。

それで、帰り際のアドバイスがこうなった。
    ↓
「お母さんが楽しむこと。試験前の訓練より
思いっきり遊ぶこと。(どうせ、一回で合格できると
思うな)(笑)」

緊張していた理由は、チワワンですよん。

昨日は、二頭連れで行って、
着いた早々にチワワンがギャンギャン吠え。
しかも、7か月のブルタニーちゃんに。
いくら大きくても相手はパピー卒業したばっかりなのに。(泣)
その後、ブルタニーちゃんはカウの側では
一声も出さず、大人しくなりました。
これって成功体験を強化したことになるのでしょうか。げっそり
困りました。
人には愛想がいいのに、生後一年過ぎたころから
大型犬や黒い犬には敵対心むき出し。
カウは服従試験は保留にしました。
来年までに余裕を持って、ガウガウ矯正して
日々を楽しむことにしましょ。

そう思いを新たにして帰ってきたら

M・ジャクソンのときもただ驚きだったけど、
加藤和彦さんが自殺とニュースを見てと~ってもショック。
ステキな団塊のおじさんとあこがれていたのに。
合掌

コメント

非公開コメント