あされん

霜月最初の三連休の初日は、あいにくの
寒い連休になるかと思っていたら、昨日、きょうは
カラリと晴れて青空が顔出すと、何となく嬉しいね~

早朝の日曜の外レッスンも
ぼちぼち、そこそこに続いてるんだよ。

前日の雨でどうかな?
ってことがあっても今のところ、早朝レッスンのときはお天気が味方してくれてる。

ワーイ(^o^)

いつでも走ってるおっさんパピィに見慣れた公園管理のおじさんも「おはよー」(^^)/
先生見つけると疾走のおっさん

ボーダーコリーよろしく先生の回りを大きくグルグル
合いの手コマンド「サークル!」
3周の後、「おいで」

「濡れてるから向こうの方へ行こうか?」
あっちでもこっちでも濡れてるのは変わんないんじゃ?

昨日はいつもの所に、朝から寝ていらっしゃる方がいたので
スケボー場横のスペースに移動。(^_^;)

ここだけは、水はけのためか、
スケボーから芝生を防御するためなのか
芝生の下に細かいパイプが敷き詰められてて
「大丈夫かな?」
「パピィもいつも普通に歩いてるし、生きてれば、いろんな道に遭遇するし!」
「そのうち、スケボーのおにいちゃん達も来るし?」(笑)

外4回めもストレッチをしてから左右のポジションチェンジ
外に慣れてきたせいか、右側はもうちょっとヒントが必要だけど
パピィの反応もよくなってきた。

外の原っぱだと
ばかっ走りしかできないと思っていたのだけど、
やることがわかると、けっこうアテンション取り続けてくれるんだなぁ。

外レッスンを何回かやってきて、
パピィとカウ、反応は逆かと思っていたのに
カウは視野が広すぎると、どうしても反応したがる刺激の方に
目がいってしまうような感じ。

スケボーのおにいちゃんがやって来ると、どうしてもそっちに目が釘付け。
「カウちゃん、やらなくていいんだからね」

つながれながらスケボーのおにいちゃんを見てるカウちゃん。
期待に反して見てるだけ~なのよ
次にスケボーおにいちゃんのお隣でちょっと歩いてみる。
ときどき、止まっておにいちゃんを凝視

カウちゃん・・・

そう、こっち見るんだよね~
「おいで」
トボトボ・・・

まれに大きく止まってエンスト
おーい、どっち見てんだ?
そして、もたもやまれに、とーってもがんばってこっちを向こうとしないカウちゃん
「君が見る対象は、あっちじゃなくてこっちー」
苦戦ヶ所があった。
カウちゃんは歩きにくい足元も避けたがるところもある。
足場の悪い所の散歩が増えてくかな~、カウちゃん!(笑)

その後は、再びパピィにバトンタッチ
課題の続きで、バックの距離を真っ直ぐに伸ばす

3M離れたところから、取りあえずバック2M

家の2階の廊下、直線で6Mある。
夜寝る前に4、5回そこで練習して、距離が延びてきたからと
部屋のドアを開けてあげようと背中がドアにドン!
その音聞いて、血相変えて階段からササーっと二日続けて逃げられてた。
3日めは逃走防御したけど、外でどうかな~

ムリかもな~
と、思ったけど、意外とやるな!のぱっちん。
フロントからそのままのバックは・・・
やっぱり、まだところどころ止まる。
けど、目的地まで到達~
「バック」 「バック」 「バック~」

イケアの前で、つい大声になる。あぁ、気持ちいい~(笑)
「今度から拡声器持って来ようかな?」
(~--)/(^^;) 「しつこい!止まる直前にバック!」

それから、サイドステップにつながる後ろ足のトレーニングの仕方や
この前の支援学校で課題がひとつあったな~と感じたところを聞いたりして
「犬って、克服していけるもんだよ。
カウちゃんだって、ほら!」
はい、オシマイ!

ときどき、いつまで犬で遊んでんだろなー
と、思うことがあるんだけど、久々に思いっきり楽しか~った。
いつか、笑って克服したんだよって言ってみよう。
何の克服?

帰り道~


守衛さんがまだ来ていない!


チャ~ンスうふ♪(* ̄ー ̄)v
IMG_3036.jpg
やってみたかった。
カウちゃんと黒ラブのツーショット!

「しょうがないでちねー。
このワンちゃん、ブルブルしないでち?
濡れてまちよ」
IMG_3040_20141103093328fd8.jpg


土曜は、訪問の予定が入ってたんだけど、
・・・そろそろ、来るか????
で、ドタキャン
カウちゃん、行く気マンマンで準備してたのに、ザンネ~ン
先週は、臨時往診が続いていたので、ここらへんが妥当なとこよね?( ▽|||)

おばーちゃんから電話で
「先生に来てくれって電話してくれぃー」とヘルプ

行ってみたら
自分で着替えて「はぁ~、苦しい、息ができない~」

毎度、思うんだけど

・・・モタモタしながら電話かけてる息子に
「何をモタモタメンドクサイこと言ってんのよ!」と、投げつけるパワーがあるんだから
自分でさっさと往診室に電話してもいいんでないか・・・?

と、思うわたしはツメタイんだろうか?(^^ゞ

往診のドクター、すぐに来てくれて
「入院して薬のコントロールができたら、すぐによくなるのが心不全なんですけど。
まだ、その気はありませんか?」
「きょうは、します。早く何とかしてください」

前日まで、絶対に入院しないとがんばっていたのに
おばーちゃん、あっけなく白旗。(^_^;)

で、急きょ、入院。
良かったのか、何だか、よくわかんない。
よくわかんないけど、年寄りの都市伝説?
「年とって入院したら生きて帰って来れない」
ばーちゃん、どこで吹きこまれたのか?
老人の世界も、いろいろあるようで・・・

酸素して、諸々処置するから
いちばんの苦痛は解除された。

されたものの・・・

「お粥と菜っぱくらいしか出せないのかっ」
って、言われたところでねぇ?

どうがんばっても、どこかで誰かの世話にならなくてはならないんだし
気持ちよくメイワクかければいいものを

ま、向こうも毎度毎度~のことだから
わたしのいないところでなら、好きなだけ言ってちょうだい。

以上、吐き溜めのるつぼ!
自分の老後も、マジで考えちゃうわ。
なー?(~--)/(^^;) 

昨日は、おばーちゃんの顔を見に行くのは止めた。ホントニツカレタ

ちょうどいいところへ、お義姉さんから
「東京駅にいるんだけど~、ば~さん電話に出ないけど?」
っと電話があった。

これこれしかじか、病室はここ!
「悪たれ三昧、聴いてやってくださいよー。
わたし、きょうは休息しますー。後でうちに寄ってってねー」

お義姉さんは、こういうところは理解があるのでオヤジといるよりは
よっぽど気持ちが救われる。

「この前、死んだあと、どうして欲しいってぱー子ちゃんに聞かれて
おかあさんの望み通りにしてあげるって言われたんだけど・・・
自分の兄たちにも、全部済んでから報告してもらうってことを話したら
すぐ上の兄もそう言ってた。
で、粉骨して撒いておいてくれればいいや~って言ってたとこだったんだ」
「あら!わたしはね、焼いた後、遺骨を受け取らないでいいからって言ってるわよ。
だから、わたしの葬式は来ることもないし知らせることもないからね!
わかったわね?」
「承知~!」

ふたりで、自分の老後通り越して
死後のことで盛り上がった連休のひとコマ。

残りの数年、
んん?もうちょっとあるのか・・・
数十年はサバサバ生きよ~っと。(゚×゚*)プッ

コメント

非公開コメント

No title

ば~さん入院しちゃったのか~~? 大変orやれやれ?
練習がんばってるね~~!
来年は幕張であの大観衆の前でお披露目できるようにがんばって!

ボーダーメイちゃん

ぱぱりーん!
1週間のご無沙汰でした~
わたしって、総務兼経理兼秘書兼お手伝いさんなのよん。
あ~、やっぱ、何でも屋さんだった。
仕事サボって犬と遊んでるヒマが欲しいっ(笑)

> ば~さん入院しちゃったのか~~? 大変orやれやれ?

ぉいぉい(~--)/(^^;)
おもわず吹いたじゃないかっ

いつもの調子で元気に悪たれついてくれてるんだったら
やれやれ~と羽をのばすんだけどさー

6、7割方あっちの世界?
ココハドコ??^(・д・。)σ(。・д・)^ワタシハダーレ???

強気のばーちゃんで戻って来いや~ってところ。。。