今年の〆

また大きな地震が起こりましたね。
震源地は長野北部の方らしいですが、テレビをつけていたら
久しぶりの警報音に慌てた。
警報のときは、音が大きくなるんだね。
『強い揺れに注意してください』って、あの音と一緒に流れると
心臓に悪いわ~

震源地周辺にお住まいの方は不安になりますよね。
家屋や墓石の崩壊、ケガ人出ています。
被害が大きくならないことを祈って・・・



さて、昨日の午後
カウちゃんは無事出勤!

パピィも連れて行こー

と、朝までは思っていたのに・・・(^_^;)
ヘルプに入ってくれるメンバーが、急きょ、仕事の都合で来られなくなったと連絡があり。

「じゃ、パピィやめるわ」
あっさりしすぎな自分~(笑)

「きょうの先発は、ぼくでち!」(^_-)

カウちゃん、逆さまつ毛もあるので、時として、ウインクもできてしまう。
これもコマンド化してみるか?(~--)/(^^;)

カウちゃんの定期訪問施設、感染症対策で12月から3月までは
お休みと決まっているので、今年最後の訪問。
ちょい早いけどクリスマス気分になってみるか。。。

色合いはクリスマスっぽいんだけどな~
歩くと、ちっちゃい鈴がシャンシャン鳴ってくれるんだけど
大きめな派手なスヌードにしか見えない。^m^

でも、首飾りが派手すぎて
あちこちから「あら、可愛い~」って。
調子に乗って、イイ顔しすぎた。(≧m≦)

ったくねぇ、知らない土地なのに知らない人と話しこんでしまって
集合時間に遅れてた。
今年最後の締めくくりだったはずなのに・・・アセアセ...A=´、`=)ゞ 

飼い主、犬共々アドレナリン大放出状態
カウちゃんのテンションのまんま、
全員(おひとりだけ、犬はNG)に抱っこ犬しました~
参加者35名前後かな。
カウちゃん、よく回ったな~。
わたしの性格からして、無謀なことはしない主義だったのに。o(>▽▽<)oキャハハ

会話によって、コンスタントに進行することは滅多にないんだけど
他人と会話ができるくらいに活力のある人だと
みんなに抱っこされてね!ってリレーのようにできることもある。

犬が前にいると
自然、話題は犬メインになるから困ることはない。

が、やはり、それぞれ認知症状があるから
時に他人を思いやる余裕はなくなって

「こんな人に抱かせなくていわよ!
早くこっちに来て!
ずっと待ってるんだから!」

ちょっとドキドキして
そのの方のところに行ったら・・・

あっという間に怒り消失。ほ~っ(笑)

で、後でスタッフに話したら
「ま、長いこと生きてる間に、そういうこともあるでしょう。
そのときはそのときで。
たまにケンカになっても、どうってことないですよ」

若いのに、ニンゲン出来てるな!アンタ!!(σ-"-)σ
スタッフがその腹つもりでいるんなら安泰じゃ。(笑)

今年最後の活動となったので、一年の反省会及び報告をして
春まで解散!おつかれさま~

カウちゃんは、やっと3年継続したところ。
手前みそになるのかもしれなけれど、この一年でようやく
お仕事のときの自分のふるまいを理解してきたようなところがあるのじゃないかな。

お得意の一芸を持ってる犬と違って
相変わらず、ここ一番!ってときにカッコいいところを見せられないけど
十条駅で下ろした途端に自覚した表情になってる!

・・・気がする。
な~んもできそうもないから
人の中で育ってこれて、これも幸せってもんかもしれないな。

と、もうひとつ、感心したのは
年月を追うごとに、スタッフが自信に満ちた顔になってきているなあってこと。

カウが参加し出した頃は、
まだ、さほど活動回数も多くなくて、どう生かそうかと試行錯誤の段階だったのじゃないだろうか。
訪問のメンバーの方が人生経験も遥かに多い。

必然的に、おとなの方が(訪問側)(^_^;)
ここはああしたら?こうしたら?といろいろと提案が出たりする。
人生が若いスタッフは「はい~」「はぁ~、そうなんですか」

最初の頃は、わたしはその会話をみながらこっそり大笑いしてしまったけど。
ここ一、二年のスタッフは仕事に自信持ってるなー
と、思わせてくれる風格で接してくれるので
「さすが、プロ!」と、頼もしく感じることが増えました。

そのせいなのかもね。
カウちゃんと行っても楽しいと思えるのは。^m^

「サンタさんになってみまちよ」
IMG_3167_20141122223002b1c.jpg

体の柔らかいカウちゃん
IMG_3169.jpg
器用な格好で、マメちゃんママからの早いクリスマスプレゼントに
食らいつこうと頑張る。

固いから、お家に帰って
ぱっちんにカミカミしてふやかしてもらってから食べます。(笑)


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。