ディスク遊び

今年に入ってからボール遊びは止めました。
まだ、一週間も経ってないね。

でも、いい感じにディスクでも遊べそうな気がしてきた。

何でこんなこと思い出しちゃうんだろうってことあるでしょ?
ある日、ふと、ある光景が浮かんできた。

ぱーまんが中学に入学した頃、フリスビー部があって、
PTAの用事で出かけると校庭で男の子たちがフリスビーを追いかけて
あっちこっちへ走っていたのを見かけてた。

「あの子たち、何やってるんです?」
上級生のお母さんに聞いたことがあった。
「フリスビーの部活なのよ。うちの犬の方がよっぽど上手に走るけどねぇ」
「へぇ、犬ってフリスビーするんだ?」
「何言ってんの!犬はもっとカッコよく走るわよ」
「へぇ~、犬がフリスビーするんだ・・・」(´△`) えっ?

ま、その頃は犬になんて興味なし!
犬がフリスビーをするって言われても、想像つかん。(笑)
それよりも、あの子たちのふらふらとフリスビーを追いかける姿が
滑稽過ぎて笑えた。

あれから時が過ぎ、
何故かうちに犬がいるようになった。
ディスクドッグのフリースタイルのデモも何度か見る機会もあった。
うん!カッコよかった。

あ、そうだ!
犬がいるんだから・・・

いつか、あのヘタれな中学生よりは(~--)/(^^;) 
まともに取れるようになるのじゃないか?

そう思って、柔らかい布製のディスクは、パピーの頃に買ってあった。
いつでも、空中キャッチができるようにって。

てか、

投げ方知らんのにね。

よって、布製ディスクで遊ぶのはひっぱりっこ。
けっこう、夢中になってた。
リムが潰れているところを見ると、使い方がちょい違ってたんだね。(笑)

パピィをグラウンドや河原に連れて行くと
大喜びでボールを追いかけるんだけれども、
パピィって遠くまで追いかけたいみたいで、
時々、わたしがボールを投げる距離じゃ物足りない顔をしてくれる。

こんなとき、フリスビーなら遠くまで投げられる?
おっさんになったけど、あと5年くらいは走れるんじゃないか・・・?

もうちょっと待ってろ!
上手に投げられるようになるからねー!
の、つもり。

とりあえずは、家で慣れる練習

もっと時間がかかるかと思ったけど、けっこう面白がってる。
パピィがわしゃわしゃ騒いでいても微動だにしないキズの肝っ玉に笑えるんだけど。


雨が降ったら2階でも


フリスビーとディスクって、どこが違うんだろうと思っていたんだけど・・・
どうやら同じものらしいと、最近知った。

で、2階に行ったら、必ずバックもする!
Door to door で7メートルくらいかな。
止まらないで一気に下がれるようになってきたよ。

コメント

非公開コメント