トイレトレーニングぱぴ編


2歳7カ月の犬パピィ。
後から迎え入れたチワワの図々しさに怖じ気づき(?)
室内でトイレをしなくなってしまった。

成犬なので排泄のパターンはつかんでしまったので
さほど困ることはないのだ。
お散歩に出る前に庭でしてしまえば問題はないけれど、

室内トイレができて
なおかつ、排泄もコントロールがつけば
なお都合はいいわけだ。

ついつい後回しにしていたパピィの
室内トイレトレーニングを決行しようと思い立つ。
涼しくなって、自分の気持ちにも余裕のある連休を使おう
と思っていて、その時はカウはトリミング先にお預かり頼んで~。
そんなことを考えていたのだが、
連休はそれなりに用事が出てきてしまうもの。
そのうち、いつかになっていた。

秋の空になってきたかなと思っていると、
週半ばから予報では雨が多い。
よしっ、チャ~ンス!
週末よりは平日の方が邪魔が入らない。

29日の夜のお散歩を最後に
外界としばしのお別れよん。
な~んも疑いもせずに、ハウス入りが20時。ウッシッシ
ビビりでガマン強いから24時間は、
ゆうにおしっこガマン。予想通り。
以後は食事時以外は自由を一時束縛。^^;

翌日、30日の夜にはおしっこが出るだろうと
トイレシートに誘導するも、座ってへらへら顔。
勘違いしてるん?
しょうがないので、そのままハウス。

そして、時は来たのだ。
1日の朝、シート誘導のときは出なかったけど
キッチンに行っている間に
「ジャー」と雨のような音が……。
そうそう、しっかりと大きな水たまりが出来ていた!
(フローリングの所で良かった(*^^)v
「よぉーっし!ここで出来たらゴールは見えてるぞ」

昼にもう一度やってくれたら順調に行けそうな
気がするんだけど~。
しかし、パピィは非常にもそれ一度きり。
しょうがない、また30時間待ちますか。


で、さっき帰って来て
ハウスから出したら、
こんな窮屈なバリケン嫌なんですけど~泣き顔
そんなことを言いたそうに、
必死にわたしにしがみついてご機嫌を取ろうとしてか
顔をぺろぺろ舐めくりまわす。
そのしぐさに気圧されそうになったときに
おしっこ合図!
「よし、今だ。ここでち~っこ、チッチとコマンド」(笑)
たんまり、出ました。目がハート
いちおうトイレシートの上で。
その後、大きい方までトイレの上で二日分!手(チョキ)
とっておきのおやつをご褒美にあげました。馬肉ウマ

ここまで来たら
この後の犬の余生が明るくなるぞ!
出かしたな、パピィ。わーい(嬉しい顔)

今日も、明日も霧
しかと、室内トイレのコツを体得するのだぞ。

そして、お天気がよくなったら
いーっぱい、ボール投げしてあげるからな。わーい(嬉しい顔)

コメント

非公開コメント