管楽コンテスト出場~♪

夕べは帰ってきても落ち込んでいたらどうやって
見守ってやろうかと、正直、思案してました。

先輩たちがしてくれたように、
最後まで立派なうしろ姿を後輩へ示してやることが
引退までの仕事だね。
今朝は心は文化祭でしょうか。
いつもと同じように登校していきました。

しかし、大人になったものだとつくづく感心しました。
先生とどんなミーティングをしたのかな?
子どもの成長をググーッと肌で感じられる瞬間だもんね。
これも、信頼関係で結ばれているせいなんだけど、
先生って役得だなと思うのはわたしだけか?(笑)

昨日、帰りの電車の中で偶然、娘たちの学校の子と思われる
二人連れの子と同じ車輌に乗りました。

娘の名前が所々に出てきたので、
やはり、部活の2年生だったのねぇ。
「今度は自分たちがしっかりしないといけないんだね。
がんばろうね」
「うん。管楽出れるかな?」
「出たいよね。今日の先輩たちの分までがんばって
グランプリ取りたいね」
「絶対、取りたいね」
静か~に、話し合っていました。
(ごめんね、盗み聞きじゃないよ……。
おばちゃんの耳に微笑ましく聞こえてきただけですってば。)

お互いに疲れていると思って声を掛けなかったけれど、
ピュアな心をしているんだな~と思って
心の中で「ガンバレよ!」と応援してしまいました。


そんなとき、たった今、管楽コンテスト出場決定の
メールが届きました。
管楽に出るのは、2年生がメインになっているメンバーです。
お嬢さんたち、ステキな演奏を!

コメント

非公開コメント