プレイルーム

室内遊びを思いつくときに、誰のために?
ってことを考えると思うんだけど、
わたしの頭の中に真っ先に浮かぶのは、やっぱりパピィ。


階下で道具を使って何かやろうとすると
必ずしゃしゃり出て来る強気なちわわん。
なもんで、気弱なアニキを応援したくなっちゃうんだよなぁ。


これはどうだ?
当分は、ぱっちん天国になるぞ。

わんこ用のプレイルームに
段ボ―ルで組み立てる、なんちゃってアジリティを置いてみた。
IMG_4164.jpg
これなら、ぱっちんも楽々通り抜けられる。
ほふく前進しなくてもよい!
今のところ、バックしながらくぐり抜けたり、ボールを転がしながらくぐったり
トンネルの上を飛び跳ねたり

いろいろ使い道はありそうだ~
カウは階段の4、5段あたりでキュンキュンしてるだけで
自力であがってくることは10回のうち、1回か2回くらい。

「ぱっちん、今が天下だー」
ひんひん、きゅんきゅん声は気にしないで遊ぶことが
おっさんの今の課題!うふふっ(*゚v゚*)

と、言いつつ、
おっさんて、ホントに気弱

カウが上がって来るのかどうか?
転がり落ちないであがって来れるのか?
心配してるのか不安なのか、どっちかわからない仕草をみせて
やっぱり、カウが来ないとできない。
素直に安泰を喜べばいいものを (* ̄m ̄)プッ

カウが来てしまえば、
パピィの思いやりもなかったことに。
しっかり、自分専用と思い込んでどっかりトンネルを占拠する誰かさん。

強くなるんだよ!

長男に期待するって、きっと酷なんだと思う。

そうこうしているうちに、
階段の途中でか弱いチワワン風にキュンキュン甘え泣きしている
ワンコが上がって来ちゃった!

ヒイキしようっと。

部屋の入口にハードルを置く。
ここを越えないと中には入って遊べない掟ができてしまった。
「よし、いいぞ~。行け」
IMG_4160_20150523201047b5c.jpg
こんな感じにね。
まずは安心して遊んでみぃ。

階段4段めで
「えぇ~ん、動けないでちよぉ」
「どうしょ?見て来ようか?」
「見に行ったって、咥えて来れまい?」
「あ、まあ、それもそだね」^_^;
「放っておきな」

・・・放っておくと、すぐにやって来るんだから。(笑)

カウちゃんはとろいけど、意外とチワワって身軽なのよ。
ハードルも楽々クリア
IMG_4165.jpg
あっという間にトンネル占拠。

トンネルの中にどっかり座りこんで出て来ない。
使い方間違ってる。

どうにかこうにか『飛んだらくぐって出て来る』までトロ~っと





じつは、シーソーもあるんだ。
ビビりなパピィちゃん、公園のシーソーにも近づくこうとしない。
そんなときは、果敢なちわわん

まずは、安全確認
IMG_4223.jpg
「兄たん、こうやって前足に体重をかけて踏ん張るんでち」
「・・・やだっ」

すったもんだしながら、動かないようにして下がりながら上がらせる。
フセでいいからね~。
IMG_4226_201505262156482c6.jpg
ここまで3日かかった。アセアセ...A=´、`=)ゞ

慣れたところで立ってみよう。
ちょっと目に力が戻ってきたみたい。
IMG_4229.jpg
「兄たんもやればできるんでちねぇ?」
が言うのか?



コメント

非公開コメント