こわくない

正午近くなって、やっと晴れ間がでてきた。暑ぃ
それにしても悩ましい台風・・・増水、冠水、浸水
まだまだ予断許さない地域もありそう。

床上浸水なんて、まず起こり得ない所にいるけれど
万が一の場合は、君らは泳がせてあげよう!

「いいーっ!」
IMG_4853_20150716225844493.jpg
最近、このふたりはいつも一緒にいることが増えた。
サンデーがひとりではしゃぎだしているときは、怒らないで高見の見物だし。
カウちゃん、めっきりおっさんになってしまったのかなあ。

カウちゃん、雨風の音が怖くなると
この場所でち~っちゃく丸まっていることが多いのだけど・・・

占拠されちゃった。
「追っ払わないの?」
「やらないでち。
粗暴なヤツでも、孤独よりはマシでち・・・」

よかったな!
サンデー、親分のいうことをよく聞くのですよ。


夜、パピィの散歩から戻って来ると、
「さあ、オレ達の出番~」
仲良く???(笑)
2階へスルリ
ふたり吊るんで逃げ足は速い。

カウちゃんも、けっこう走るようになった!
サンデー効果か?つんのめってでも走る。

しばらく、廊下を何往復か走って息が切れたころに「おやすみ~」

サンデーがやってきてから9時就床になったおっさんたち。
うちの犬たち、8時には寝る良い子だったのに

昨晩、久々に「これだそうか?」
シーソーを出したら、めずらしくパピィが真っ先にピョーン!
「おっ、やった!乗れたじゃ~ん」

足元が不安定なのを知っているせいか、
パピィは用心してなかなか上がろうとしなかったのに。

・・・でも、一時の気の迷いだった。
2回目は、とてつもなく時間をかけてた。(笑)

・・・

・・・・・・

サンデーは、きっと、やるよな?

恐怖心が芽生える時期でもあるだろう
そう思って、散歩に出るときは、いちおう気をつかってはいるものの
アヤシイ人やアヤシイモノには、離れたところから、まず目で情報を得ようとして
それから、近づきながら匂い、間近で触覚や口で確認しようとする。

だが、いくら小さくても
重みでギッタンバッコンするんじゃ怖がるよね?
パピィは公園のシーソーには、自分からは絶対に近づかない!(笑)

「サンデーもやるか?」
近づいて終わりのつもりだったのに、
何なんだろう、あの子???

いきなり飛び乗って、いきなりギッタ~ン
歳くったにーちゃんなら絶対言うよ。
「びぇ~ん、怖いぃぃぃ」

自分の重みで振り落とされてしまったのに、何度も飛び乗って来るサンデー。
まるで大昔のスポ根ドラマ。^m^
「だって、こわくないもーん」

サンデーが怖がるのは、今のところ、家のキズくらい。(笑)


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。