接近中

30度越えから最高気温一気に24、5度なんて日が数日続いて
寒さで目が覚める朝

秋がきたな~
犬はやたらと元気になる。

パピィとサンデーが一日に何度も絡むことも出てきた。
てゆうか、サンデーが遊びの中に入ってきても怒らない。
パピィが咥えているものをサンデーが強引に引っ張りっこ遊びに持っていくのに
付き合えるようになった程度だけど。
でも、おっさんの大きな進歩。

パピィが不機嫌にしてるっていうのも珍しいことで、
ある意味、自分の嫌な面もさらけ出すこともあってもいいだろう。
好きなだけ不機嫌になってりゃいいじゃん。
何年続けるんだろうなーくらいに思っていたので、感想は意外と短かっ。(笑)

でも、サンデーが興奮し出して、とてつもなく大きな声を上げ始めると「もうやらんわ~」

2週間前までは、サンデーの顔を見ると文句言ってたんだけど、
先週は、パピィがカウとサンデーが使っているトイレでオシッコをする日が続いてた。
犬同士の関係も流動的なのだと思わせてくれる。

このところ、わたしの中ではサンデーの面白楽しの散歩に加えて、
達成感No.1にしたいのはパピィの共同トイレ利用率!
関係の変化に、気分は上々


今週から、夜レッスンから朝に戻してみた。
20150830_085906.jpg
草が「伸び放題にのびて、サンデーはおろかパピィまですっぽり隠れてしまう所の方が多い。
今年はデング熱騒動が聴こえないせいか、公園の草刈が放置されてる。
夏休み前に一回は刈ってくれるものと・・・

勝手な期待が外れた。(^^ゞ

この前の夏祭りのお礼と感想を先生に述べると
先生もサンデーの待機の様子や他犬への振る舞い方を褒めてくれた。
ヨッシャ!

てゆうか、小人数だったし犬が皆穏やか。
いちばん子どもはサンデーのせいか、皆が優しく接してくれたおかげだと思う。

そして、何とまぁ、ビックリ!

先生のお友だちトレーナーさんが、
あの場所でスピーカーの音を気にせず集中できるのは、才能のうち。
いい犬の要素がありすぎて、あんな子犬をトレーニングしたいって言ってたよ~って。

ダメダメ!隠しとこ。(笑)

訓練性能がいいっていうのは、サンデーみたいな犬を言うのだと先生も言う。

ああ、でも、それは何となくわかってきた。
裏を返せば、手に負えない犬にすることも容易いってことも。

犬はいいのに飼い主がザンネンよね~なんて後ろ指さされる光景が目の前をちらつく。
んん~、だんだんプレッシャーかかってきている気がする。

サンデー、誰の言うことも聞かなくてもいい。
わたしの言うことだけは、何をおいても聞くべし!(笑)

いろんな環境に慣れるためにパピィのオマケにしていたのだけど、
このオマケ、パピィにも影響は与えているようでもある。

その日、公園周囲のイベント準備で朝早くから作業する人が大勢いたせいか(”;)オドオド・・・
挙動不審なんてもんじゃない。
得体の知れない恐怖で全身戦慄。ブルブルガクガク

そんなときは、オマケの出番。
犬が通りかかれば遊びたがるけれど、呼べば集中しくれる。
スケボーのお兄さんがガラガラしてようが犬に吠えられようが気にしない。
つぶらなアーモドアイの見つめ先は、このわたし。
ムフフ、たまんな~い。
男にこんなに見つめられたことって、生まれて初めてかも。(笑)
思わず、おっきな声で「ヨッシャー!」

すると、ブルブルしてたおっさんも集中してくれるのよ。
おっさんは、無知だった自分のカガミだから切り捨てられない。
まだまだ苦労していこうな。
8歳、9歳なんて、年寄りじゃないんだからさぁ。

はたして、数か月後のふたりの距離は如何ほどになってるのだろうか?
20150830_090426.jpg


パピィがサンデーを怒ることもなくなった。
おかげで、部屋の隅っこで様子を伺うことも無くなったサンデー。
お子ちゃま天国まっしぐら~

ふたり揃ってヒール位置に入って、
揃って「オテ」があがってる1:04あたりが仲良し風。


コメント

非公開コメント