静かな感動

週末はサンデーと大冒険~

犬飼いさんにとっては「うん」「まぁ、ふつ~に」くらいの位置づけなんだろうけど
わが身には無縁と思っていた dogresort woof って所

自分がそんな無謀な場所へ行けるかどうかの確認の旅!

ちゅおふりぃうえぃ~♪
うちからでもひとっ走りで簡単なはずなのに
ゴールド免許持っていても、前後左右に車がいたら自分で運転できないしー。
なので、他人の運転技術におんぶして高速バスでブーン
意外とかんたん!行ける!(笑)

亭主を運転手にしないと一生来れないんだろうなー
そんなことを思っていたんだけど、
ドッグダンスの先生のイベントで知り合った方とお話をしているときに
訪問活動をしつつ犬とのレッスンを楽しみ、
しかも、移動はすべて公共交通機関を利用してるんだ~ってことが話題になったことがあった。

「あ!一緒だ」
「小型犬はこれができるからね~」
「じゃ、ワフで競技会のときは?」
「もちろん、新宿から高速バス!」
「・・・」

それまで、遠出の時の運転手はオヤジに頼むのが
さも当然に考えていたわたしには、そ~いう選択肢って範疇になかった。

「そうかー!自分で移動すればいいだけか。
じゃ、わたしもいつか自らの力でワフに行ってみる」
「うん、やっちゃいなー」
「おおー」

いつになるかな~
来年の暖かくなってからだな~

気楽にその決行する機会を胸に秘めていたんだけども
想定外の早さでおとずれた。

ドッグダンスの先生のお友だちK先生が、この前のサンデーの偽デビューのときに
「競技会やるから見学にお出で~。
なんなら、こっそり順番に入れるけど?」
「もぉもぉ、めっそうもない」
「雰囲気や環境を見ておくことはいいことよ。
休憩のときにJKCの遠隔訓練の模範演技もするから勉強になるわよ。
ハイレベルな人もいるし、I先生も審査員するし」
「ヤッター!行く!」

そんないきさつが数か月前からあって、どうにかこうにか決戦の日が来た!
迷子にもならなかった。よくできました、自分~(笑)

途中であっちかな~って所で外に出ていた地元の人に念押し。
「ワフは向こうでいいんですかー?」
「隣だよ~」
「おお!ありがとございますー」
はぁ~、サンデー、迷わないで来れたな。。。(o‘∀‘o)*:◦♪

ま、誰を連れて来ようが、犬は散歩の延長線なんだし
サンデーはロビー前で出会ったおっきなゴールデンさん2頭にかまってもらって大喜び

道中の交通事情もあって
競技会の部は見学できなかったけれど
先生のデモと採点をつけないプレジャークラスの部はた~んと見れた。

何て言うか・・・

正統派の競技会の雰囲気っていうのか?
だってねぇ、あまりにも違いすぎる(た)。この前のと。(^^ゞ
フィギアスケートシーズンが始まったけれど、あれに近いのかも知れないなあ。
一途な感じ。

超ド素人が言うのもなんだけど
犬の良さを引き出しているハンドラーさんばかりで
ついつい深いため息「カッコいいな~」と見惚れるばかり

先月、メイタンのエクストリームの決勝の応援しながら
人も犬も高齢化してきたよな~って、ぼんやり思った。(^^ゞ

今回も10歳は越えているようなワンちゃんがかなりいたのじゃないかって印象。
若犬のような弾けるような動きがない分、何も知らない素人は
演技としてはおとなしめに見えてしまうのかもしれないけれど・・・

犬をさりげなく愛情でサポートして、ゆっくり歩いているのに軽やかなステップに見える。
関係を目に見える形にしているんだなあ。
わたしの憧れです。
ハンドラーと犬との歴史を見ているようで、かなり感動してました。
ステキだった。


もちろん、バリバリ小気味よく動いて歓声をあげたくなる演技もある。
先生のデモ演技は、あれだけのスペースがあってこそ映えるんだとも思う。

パピィよ、サンデーよ
お前もボーダーコリーになるんだ!
な~んて、真似したくなったり?(~--)/(^^;) 

でもなー、とてつもない派手なワザをしていてもポジションが崩れてないんだよねぇ。
カッコいいのと暴れ坊は雲泥の差があるってことね。


「サンデー、選択間違えたかも。ここは深い世界なんだよ。
わたしらって場違いな世界に紛れこんじゃったかもな・・・」
「か、か、か、か~~~~さん」

この頃は怖じ気づくことも覚えてしまった。
それもあって、ヒマつぶしに
いや後学のためにサンデーを連れて来てみたんだけど。

後学の前にやることがいっぱいで・・・
目下、課題満載のサンデーくん状態なのです。
でも、静かな感動をたくさんもらったので、
地道に地味にサンデーに信頼してもらえるようにがんばろっと。

きなもっちさんもあかっちゃん連れで
一緒に見学してたんだけど~~~~

あかっちゃん、サンデーのことは完全スルー
サンデーも犬を見て自分の立ち位置をわきまえるところがあるもんだから
突っ込んでなかった。
おとな対応もできる???(笑)

出場者にお名前を発見したので
チャンスがあったら思い切って声をかけてみようと思ってた方がいた。

動画もときどき拝見して、生の演技はメイタンの応援に幕張で見かけて
しおんちゃんと踊ってたんだよねぇ。
そのとき、ままりんに
「ああやって、ハンドラーの前や後ろになって人と並行に進んだり下がったりするのって
派手さはないけどハイレベルなんだよ」
「えぇぇっぇ~、そうなの!」
ど素人が知った風に解説もどきをしながら見てましたー。

本名は知ってたんだけどさー。
HNがsiowanさんだと、さっき知った。^^;

てゆうか、ボルゾイ連れて歩いていたら目立つ。
しかも、2頭。
ボルゾイさん達、高齢になっていているようなのに
犬の持つ優雅さが引き立つようなルーティーンで、
いい関係性が日常で出来上がってるんだろうなあ。
そんなわけで、とーっても興味があった。
そのうえ、シェルティまでいて、最近はパピヨンまで迎えていたっ。
いつもブログをこっそりチェックしてた。

チャンス!
またもや、速攻でキター(笑)

サンデーをしまってトイレに行こうとしたら傍にいた!
「マリアちゃん?」
「この子は・・・サンデーちゃん?」
「何で知ってんの?」
「ブログ見てる。メイタンの知り合いの~~~」

恥ずかしいじゃないかっ。こんなくどくどしいブログを見てたのか~~~~

そうこうしながら絡まるおふたりさん。
IMG_5724_20151129080810c8c.jpg

マリアちゃんて、1歳すぎたおねえさんだけどー
サンデーも鉄砲玉だけどー
マリアちゃんはマシンガンだなー
IMG_5728.jpg

かろうじてブレていなかったのが、この3枚。(笑)
IMG_5731_20151129080850cab.jpg
サンデーも止まっていられない男だけど
マリアちゃん・・・パピヨンの中のパピヨンって感じ。
マリーアントワネットのドレスの中に潜り込んで遊んでたパピヨンって
マリアちゃんみたいな弾丸パピなのじゃないか!
そんな気がしてきた。^m^
でも、その反面、トレーニングに精通している人らしく
マリアちゃんの生まれ持った良さを生かしながら上手に育ててるんだなあって
ただただ感心。

リンクに入ってきた瞬間、雰囲気が若返る。
そして、誰もが微笑ましいまなざしを向けてしまう。
若犬の特権だな~

ピョンピョンしながら集中欠かさないところがすごいマリアちゃん。
何よりハンドラーさんが始終笑顔っていうのがいいなぁ。

サンデーよ
マリアちゃんみたいに生きのいいパピヨンを目標にするんだぞ!

ところどころに休憩タイムがあって
選手のフリして気分転換するサンデー
IMG_5713.jpg
そそられる匂い満載でもディスクも咥えて来れた!

次は・・・

あるのか???
IMG_5739.jpg
多摩川からは富士山の頭が見えただけで得した気分になるけど、
目の前にあると富士山に見えない。^^;

夕方の山中湖は人っ子ひとりいない
憂いも出してみるサンデーヽ(≧∀≦)ノ
IMG_5745.jpg
「サンデー、心に何か誓ったか?」
「んん~、べつにぃ」
「うん、・・・だと思った~。目標になるパピちゃんに会えたし!
せめて、歩調を合わせて歩けるようにしようねぇ」



コメント

非公開コメント

No title

先日はありがとうございました。
お会いするのは初めてなのにコチラを拝見してましたので親近感いっぱい♪
実物のサンデー君と足から上のぱぴっちさんにお会いできて感激です!!
鉄砲玉とマシンガン(笑)
絡み方も落ち着きなくて笑えました。
またお会いできる日を楽しみにしています(^.^)/~~~

siowanさん

こちらこそ、ありがとうございました。
まさか、目の前でちょろちょろ~っと動いてるものは・・・
あの子しかいないよな~って思っていたら。

やっぱり!で急激にテンションアップ。
楽しいひと時でした。
ああいった場じゃなくて、もっとフリーにできる所だったら
鉄砲玉もマシンガンにガンガン絡みついていたことでしょう~(笑)

マリアちゃんの足元にもま~ったく及ばないサンデーだけど
siowanさんみたいにマシンガン嬢を上手にノセノセしながらステップできるように
わたしたちはノロノロがんばろうと思います。^^;