オマケの芽

朝起きてビックリ!待ってましたの
東京の電車が相当止まっている模様。
郵便屋さんも慎重にバイクで配達中。お気をつけください。


昨日は年明け最初のパピィのレッスン

昨晩の遅くに『明日は大雪に注意』とテロップが流れていたけど
昨日の午前中まではお天気

遠目だとパピィの方がよっぽど可愛いパピーに見えてしまう。
20151227_092524.jpg
この頃、どっちがオマケで付いて来ているのかわからなくなってきた。(笑)
サンデーは、体つきがしっかりしてきたのを通り越してずん胴。
ハッキリ言ってメタボリックパピヨンっぽかったり。^m^
おとなの体にはウエストってもんが存在するんだからな、いっぱい運動するんだぞ!

先生が来る前にパピィとボール遊び。
しばらくしてから、若造も投入お試しでいってみよ~
「サンデーも行けーっ」

若造に負けていられない。パピィよ、がんばれ!
ボールを守り抜くか?
と、思われたのも束の間、弾丸坊主の迫力に
口からボールがポトン

ここでボールを奪ったら奪われた方が、今度は追う側に回るはずなのに
ボールを咥えたままパピィを追いかけまわしてる。

「え?え?ええー?それでも来るのか!」一瞬、戸惑うおっさん。
「轢かれる、あぶねぇー」
しかも、ボールを咥えてガウガウ興奮しているし~。

救世主の登場で、鬼ごっこも終了!
おっさん、ほ~っ(笑)
ふたりの間でルールが出来上がっていないのもあるけど
性格のよくわかる追いかけっこ。
パピィもカウと違って、想定外の動きをせざるを得ないことがよくある。
気を抜けないぞ!


先月までは、サンデーは長くても10分程度の出番。
しかし、昨日は公園周囲の道路の交通量が多い。
しかも、破裂音のような音を立てて走行していくバイクが何台も通ってく。パーン

反応よろしく集中していたかのようなおっさんパピヨン
・・・そろそろ危うし

遠隔サイドステップの練習途中で、今度はスケボーのおにいさんのボードをクルリと空中で
回しながらターンしている。
着地のときに、けっこうな音。。。

・・・耳をひいた

サイドステップが得意になってきたところだったので、
ボール遊びに切り替えて、その後はサンデーに交代。
サンデーがいるおかげで、パピィの怖いこわいぃ~の極限を阻止できる。
パピィは、その日のコンディションによって怖くてもやる!っていう日と
ムリしたくない日があるみたい。
ウザイときもあるけど、サンデー様様ってとこかな。

暮れからグループレッスンに投入したサンデー選手は、
飼い主の予想を越えたボケ~っとした姿を見せてくれることもあって
活発なのか何なのか???
意外とボケてるところがあるんだな~。(笑)

そんな印象を持ってしまったのだけど、オマケのときは、
今、この時は、パピィだけがお手本になる。
「あれをやればいいのね?」

飼い主のひいき目であるが、このアテンション失いたくないあ~
期待をしてしまうのである。

でも、これもね、サンデーの世界が狭いだけで
自分の体が自由になると知るや否や生意気になる。
「アイコンタクトって何っすかー?」
イウコトキカセルコトモデキルンダゼ (~--)/(^^;) 

暮れの最終レッスンの前回までは、顔を下に向けさせないで1分間のヒールウォーク

サンデーの場合、1分過ぎると草食いに夢中になってしまうので
これをせいぜい2セット。
だが、暮れの最終日には、一気に3分間に増えた。
で、その日は、3分経過した頃には飼い主の足が一歩も動かせない。
手がしびれる。吐き気がする。。。
サンデーとセッション終わる頃には、わたしは酸欠に陥っていた。(^_^;)

何のことはない。
このときは集中してくれていなかったせいで、
アテンションとろうと声掛けばかり大きくなっていたせい。
無駄な力ばっかり入ってるんだよなー。

五郎丸さんのように毎日のルーティーンに組み込まないと
サンデーは犬にはなれないのだな。。。
いや、問題は自分?

幸い、サンデーはわざわざ時間を作らなくても
散歩中にパピィがいても、声をかけるとヒールやサイドに入ってくれる。
この一週間、もう一回、子犬に教えるように一歩づつウォークすることをおさらいしてた。
オヤツもたんまり使って。

これを2、3日続けると
散歩に出ると、勝手にアイコンアクトをとってくれるようになった。

あ~、そうか。
刺激に負けそうになっても、余分な言葉を投げなくても済むんだな・・・

お互いに、多少のゆとりが生まれるもんだから
昨日の3分間ヒールウォークが楽々~
2セットやっても息切れしていなかった。(笑)

パピィは、すっかりコマンドを理解してくれているのかと期待していたのだけど
けっこう、飼い主のリアクションで行動を起こしていると付きつけられた外レッスンだったので
サンデーにはひとつひとつ言葉を覚えてもらおうと思って誘導は極力省いている。
うっかり手が上がろうなら、すぐに小回りしはじめて、あげくコマンドを聞きやしない。
ジェスチャーがないと、不動から出る言葉を一生懸命に聞こうとする。

パピィほどできるトリックは少ない。
通じる言葉も数える程度。けど、それでいい。

サンデーがパピィに勝るのは可愛い歩様
ただ、これをうまく引きだせてあげれていないのがザンネンな飼い主。(^^ゞ

でも、昨日のサンデーとのヒールウォークは苦しくなかった。
声デカかったけど~
手足がしびれなかった。(笑)
自分で自分の姿勢見ながらやってるイメージが頭に浮かんできて
やりながらすごく楽しかった。

先生、いつもやさしいけど「上出来!」って。イェ~ッィ
「ただ、声かけが多すぎる、声が大きすぎる・・・」
「あぁ、サンデーには恥ずかしげもなく大声が出せてしまう自分が呪わしや~」(笑)
と、先生と話をしている傍でサンデーがわたしを見る見る~

犬を見ていないときに自らアイコンタクトとってきてるでしょ?
こういう姿勢が増えてきたことは、次は何?って飼い主に期待してる。
これが、とても必要な要素。
自分が今していること、これから何か始めるんだなってことを理解できるようになってきているんだよ。
これは、サンデーの理解力も増してきた証だよ。

「じゃ、ついでにバックやっておこうか?真っ直ぐに下がれる?」
「スピードが不服だけど。(笑) たぶん、ガード要らないと思う」
「じゃ、見せて」
「はい、バック~」
去年までは、何回やってもその場でバックスピンしたり後ろじゃなくて横に進んでしまって
まるっきりできなかった。

なのに、バックの一声で4、5Mは一気に下がる。
途中で止まっても「バック」で、どんどん下がるようになった。3日前にね。(笑)

パピィはバックの一声で下がれたのは、やっと2Mだったのに。
パピィがこの前までやってた練習で、3、4M離れた所からの指示でも下がってくれるサンデー選手。

先生、想定外だったでしょ?(笑)

「苦労するかと思ったけど、苦労しなかった!
何日か前に真っ直ぐ下がれたんだけど。
2階に行きたくてしょうがないお子ちゃんを抱いて、
初日は、まず、パピィのバックを見せる。で、すぐさまリビングに戻る。
2日目にサンデーだけ2階の廊下へ連れて行って下がるまで待って、
下がったらバックのコマンドかぶせただけ。
何だ、できるんじゃん!って感じで~」(笑)

まだまだぎこちない足の運びだけど「バック」と言ったら下がり続けられるようになったら
カッコいい若犬風になる日も来るかもしれない。



コメント

非公開コメント

No title

すご~~~~い!!!
サンデー君のバック、すごい!!
私は トリックを教えるのが苦手で
うちの3ワンは お手、おかわり も出来ません。
今度、やり方のコツなどご伝授下さい。

3分間ヒールウォークもスゴイね~。
3分って けっこうな時間だよ?
100メートル以上行っちゃうよ。
サブレは1分なら なんとか声かけだけでやってくれたけど
普段の散歩の時は まーーーーーったく私を見ません。
へたすりゃ、引っ張り過ぎで2足歩行になっちゃう。
私を見ないで歩くから 歩道の真ん中になるポールに100%ひっかります。
ばぁーーか。

今年はあいつも締め直すか。
オビトレの先生にも ぜんぜん聞く耳がない!
普段の生活を見直して!!って 怒られてばかり・・・

エルママさん

もぉ、何を言ってますかぁ
サブちゃんみたいにオビやった方がいいのかなって考えてたのに。

後ろ足の使い方がお子ちゃんっぽくて、まるでアヒルちゃん。
でも、今のところはスピード後回しにしようかと。

トリックは教えるというより、サンデーは基本は動きたい性分なので、先住達がやってるのを見て
真似て動いてみるところがあって、その瞬間を切り取って強化している感じです。

トリックって、いくらでも上手なワンちゃんがいるでしょ。
派手なトリックはボーダーコリーやトイプーに任せて、
パピヨンは躍動感のあるウォークが可愛いな~って思うようになった。
先住は派手なトリック好きだけど、サンデーはそこまでじゃない感じ。
体重たいし。^m^


バックだけは、距離のある下がり方をさせたくて工夫したんだけど
真っ直ぐに下がれなかった。
アウラでも「バリアのない犬だな~」って。
鉄の棒も板を置いても踏んでいって仕切りの用を足せなかった。
警戒心がほんのちょ~っと出るまで教えるのを寝かせてました。(笑)

ヒールウォークはオビみたいにキビシクないと思うんだけど~
トリックを入れながらポジションチェンジして左側を歩いたり右側を歩いたり。
なおかつ、飼い主に集中させ続けるウォーミングアップです。
外でやってるときはいい練習になります。飼い主の!
3分続けてできれば1曲終わるまで集中できるよってことで。先住はこれが嫌いだけど(^_^;)
サンデーは、ありがたいことにアテンションがいいんです。
草食いサンデーを阻止できたときには、すごい充実感。

ハンドラーがよければ、サンデーは歩いてるだけでそれっぽく見えるのに~
西田さんには「う~む、う~む」と頭を捻られてる方が多いけど。^^;
可愛く見せるセンスが足りんのだなー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。