賢いのかも?

やっと春がきた~っと喜んでいた翌日には、春がかくれんぼしちゃって凍えそう。
明日のお天気はらしい。


この前のレッスンのときは、あんまり気のりしなかったサンデー。
きょうは、これがいっぱいいっぱいなのかい?
何気なくサンデーの顔を見ていた。

眉毛太いけど芯が通っているような凛々しい顔には見えない。
ひいき目に見ても、賢そうには見えない・・・(笑)

飼い主に注目してほしいときは、しっかり見てくれることが多いけれども、
そうじゃないときは、ひとりでふら~りふらふら
誰もいなくっても気にしないで遊んでるタイプだな。

「サンデーって頭いいのかなー」( *´艸`)
「頭のいい方だと思うよ。状況をよく見て判断しているところがあるから」
「ふ、う~ん。ぽわ~んとか、ぽけ~っとしたという形容詞が当てはまるけど
賢いと思ったことがないのは、顔つきなんだろうか」(笑)

何をもって頭がいいとか悪いとか判断するのかは知らないが。
ま、九九ができなくても犬は生きていけるし!
わたしのオモチャとしての役割はじゅうぶんにはたしてる。(~--)/(^^;) 

漫才でいうなら、サンデーはボケ役だろうな。
思いっきり突っ込まれてもめげないタイプかな~。


毎晩のようにオヤジがパピィとサンデーに指示していることがある。
「オスワリ オテ オカワリ フセ ゴロン」
それしかないのか?
ってくらいに、毎日同じセリフ。

当然、パピィはあっという間に終わってる。
しかし、オヤジはそれを見て喜ぶ。「ぱっちんは賢いな~」

ぱっちん、9年も生きてきて・・・
毎日、同じセリフじゃ飯食うことや排泄と同じくらい何も考えないよねぇ?
オヤジがいい終わる前にルーティーン終わってるんだぜ?

オヤジのその賢さの尺度、何とかならんのかっ。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

ふうん

そうかー

思いついて、
昨日の昼、サンデーの好きなバックスピンの反対回りも教えてみた。
最初は円周から脱輪しないように椅子を置いたりして
どうにかこうにかバックで回ることはわかってくれたところで休憩終了!

夜になって、忘れてるんだろうなーくらいのつもりで
「ハンタイ」コマンド入れてみたら、想定外の速さで回り始めた。

パピィは左から入るスピンばかりが長かったから右から入るのは時間がかかった。
けど、若いサンデーは体も頭も柔軟性がある。
苦手という言葉をまだ知らない。

それを見て、やっぱ、オヤジ
「コイツ、賢いなー」

その物言い、何か違うんだけど・・・

サンデーはサンデーで、褒められていることには違いない!
そう思ってか、何度も何度も繰り返す。

お尻が相変わらずアヒルちゃんだけど、
右からも左からも回れるようになったのはラッキ~

今朝も、ひとの顔を見れば付きまとってくる。
そんなとき便利なアイテム「スピン」「ハンタイ」(笑)

ゴミ出し前に「スピン」
戻ってから、また「ハンタイ」

慌ただしい時間帯なのに、サンデーの罠にまんまとひっかかってる。
あ~、また犬に支配された。。。
ぽわ~んとした面で意外としたたかだったり?(´m`)


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。