パピィが5、6か月の頃は、散歩してると「何て犬?」とよく聞かれた。
たまに「チワワ?」とか。
ま、その頃って自分でもちゃんとした成犬になるのだろうか・・・?
ちょくちょく犬図鑑を見ていた。

けれど、サンデーの場合は違った。
犬種を聞かれることは、まずない。
たいていの人は、「お耳がおっきいね~」

トレードマークが目立ちすぎて悪さしてもすぐに現行犯逮捕できるよ。


カウはけっこう耳で語りかけてくる。
パピィも外に出ているときや初対面の犬とすれ違うときには
めまぐるしく耳が動いている。
だから、その時々で居心地の良し悪しが何となく理解はできる。

犬の耳は口ほどにものを言うらしい。

サンデーも耳で語ってはいるのだけど、表現力がやや不足か???
散歩中でもサンデーの耳に注目しているのだけど
家を出てから帰るまで羽(耳)を広げっぱなし。(笑)

心理状態が落ち着いてリラックスしながら散歩ができてるてことか?

そんなワケないよなー。
アイツ、散歩の声を聞く前から興奮してるし。

一昨日の夜、散歩の途中で久々の3分間のフセマテ。

風が吹いて時々落ちていたゴミが飛ばされる音が聞こえてきたり
家路を急ぐ人の足音や車の往来の音がする。

パピィは、こんな状況で本当はイヤなのよ。
この様相・・・でも、必死に堪えてる。

サンデーくん、よそ見してるとこっちが心配になるから
真っ直ぐ向いておこうか。
「はい、そのまま3分間!」
20160406_205013.jpg
サンデーは3分間、羽が広がりっぱなし。

サンデーは、予想を裏切って態度はデカくならなかった。
でも、耳がデカいんだよな~。
リードが足に絡まっても気にすることなく歩いてしまうサンデーだけど
この頃は、足ではなく耳にリードが絡まってる。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。