アドリブで対処せよ!?

熊本の方も未だ余震が続いているようですが
少しづつ日常を取り戻そうとし始めているのでしょうね。
ゴールデンウィーク終盤でニュースではお決まりのUターンラッシュ
を伝えています。
東北の震災後は、何もかもが自粛ムードで
経済が大きく落ち込んでしまったけれど、
今回は、いろんな世界の経済を止めずに支援しようという空気が感じられて
それも気持ちのいい支援の仕方だなあと前向きな気持ちになる。

「明日のために、今はくじけない」
がんばっている友の勇気がくじけないことを祈るのみ。

と言うことで、連休中のオヤジは庭の物置を整理したり、
わたしはせっせと草取り。
抜き取った草が45Lの袋で10個になった!
すごいぞ、自分~( ^ω^ )
まとまった休みがある長閑さを堪能しています~。
無心に草取りしたら、何かアイデアが浮かんでくるかと期待したが・・・

な~んも、浮かんで来ない。( ノД`)

サンデーはパピィのような神経質さがない分、
サンデーよりも、自分がレッスンそのものが楽しくってたまんなーい!
と、ワクワクしながら半年経った。

パピーの頃は、比較的アテンションがよくて
元気で陽気で無邪気なパピーのまんま、成長してくれるんだろう。
そんなサンデーの性格、そのま~んま続けてくれることだろう。

「犬種の良さがじゅうぶんに出せてフリースタイルなんて合うと思うよ」
わたしも、そう思った。(*´v`)

ところが、構成を作って「じゃ、やってみよー」ヾ(・∀・)ノ

まぁ、幼児っぽくではあるけれど、そこそこ動ける。
それでも、家でトリックを教えるときとは違う。
スピードが落ちて来ることも、あって当然。
出来ないところは、それなりに練習はするけれど、ムリも出て来る。
「途中で止まるってことは、構成にムリがあるってこと」
「ふ~ん、そういうものなのか」

構成を何度変えたことだろう・・・(^^;

そのうち、サンデーには、まさかの本番に弱いタイプ???
「まさか!?」m9(゜д゜)っ
「構成はいいんだよ。ただ、これも続けていったら動かなくなるかもねえ。
どうも繊細さが出過ぎてきてしまってるようだね~」

室内レッスンは止めて「散歩しよう♪」
気分を変えて、傍に来た時に何か指示を入れてみても
今度は動かない。
とうとう、最後のレッスンではお尻にアロンアルファが付いてしまったかのように微動だにせず。
マテ競争なら圧勝だぜ~(笑)
最後というか、ファンマッチに生徒枠でサンデーも出るんだ~っと
大きな会場を体験することになった。

・・・けっこうね、いろいろと試したりはしていた。
けれど、いまいち、いや、いまいちどころじゃない。
サンデーの気分の浮き沈みがどこにあるのか、どこでチャージできるのか
ま~ったくつかめない。
ストレスとか、そんな感じじゃないんだけど。。。

「・・・もしかしたら、サンデーって
よく言われる、ゆとり世代のタイプだったり?」(~--)/(^^;) 
「・・・」(ノ∇≦*)
あ、ウケた。(笑)

「わたし、けっこう苦労してるな~って思うことがあるけど
まだサンデーのことわかんないところがいっぱいで。
・・・でも、こんなにできない自分が、今のサンデーとの関係なんだな~」
「犬のトレーニングはいつまでもマイナスが続くわけじゃないから。
プラスの時が来て、マイナスとプラスが出現して0になって行くんだ。
今、トップクラスで活躍している人も相当な苦労もして努力を続けてきた人たちなんだよ」
「うん、それはわかる」
実際の演技を見て、この人たちの過去の苦労ってどれほどだったのだろうと
思いを巡らせてみたくなった人たちもいた。

「こうなったらね、ニンゲンのアドリブでやりなさい」

いいーっ、それかぃ?w( ̄o ̄)w



親戚さんたちと遊んだとき、
知らない犬が傍にいても付いてこれるかな~
0014_xlarge.jpg

そうそう、上手に来れるね~
0016_xlarge.jpg


途中からラック兄が参入してきても、律儀にジャンプo(^▽^)o


さぁ、次は移動~
0008_xlarge.jpg

おお~っと、行き過ぎたのでセンター!((∩^Д^∩))
0011_xlarge.jpg

からの~~~~ハグにしとくか?(笑)
0012_xlarge.jpg
それにしても、ニッコニコでくっついて走るラック兄。
可愛すぎるぜ~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まだ、2週間もあるから構成無視して
サンデーの楽しむ姿を発見しようと思ってたのに、
あと1週間しかない。((((;´・ω・`)))

一日だけアドリブがききそうなラック兄借りようかな。。。



コメント

非公開コメント

No title

犬のトレーニングは 右肩上がりばかりじゃない、
折れ線グラフ、とは 私もトレーナーさんにいつも言われています。
前に出来たことをしなくなったからといって 後退したわけじゃない、
犬が成長したからだ、だから飼い主も ずっと同じじゃいけない、と いつも言われています。
と言われても どう変わればいいのか、が わかんないだけど。

サンデー君も 大人になってきたんだね。
ラックみたいに 自分の頭であまり考えない子は
言われたことを言われた通りにやって 褒めてもらって
喜ぶけど、自分の頭で考えちゃう子は(何考えてるのかわかんないけど)
ちょっと 立ち止まっちゃうみたい。

でも サンデーくん、ラックがチョロチョロ邪魔しても
ちゃんと やるべきことをやっていたねー。
すっごいね。
邪魔されて サンデー君のスイッチが入るなら
いつでも 貸し出しますぜぃ。お花畑のラックちん。

エルママさん

たいしたことをしているわけじゃないのに、
先住のときも停滞が何年続いたかってくらいの撃沈があって
「階段は上がるときも下がるときも、その場に留まることもある」
とうのは実体験でわかったけど。
サンデーの時も、自分に大きな期待はしていなかったんだけどさー。(笑)
それでも、いいときはこのまま順調にずーっと伸びていくんだろうな~って
妄想したくなるくらいに、こっちもテンション上がりかけていたのに。
でも、本番前にこんなに手こずらせてくれる面を出してくれた
おかげで、犬に無理強いさせちゃ何もできないことがわかって
ある意味、気分がいい。犬との共存を理解しかけてるこの頃。(^^;


そうかそうかー
今までの赤ちゃんと同じじゃないんだってアピールしているのかもね。
もしかして、サンデーに試されてる???
「かあちゃん、いつまでも同じことやってんなよ~」
あの顔して心の中でペロって舌を出していたりするんかな?(笑)

取り立てて、犬としては問題はないのだけど
小難しい気がしてどうしたらいいんだろう?って立ち止まるのは
子育てのときと同じだなあと思い出してしまったり。
おとなしい息子の思春期ってこんな感じだったかな~って。(^^;

そうそう、この前のラックちゃんを見て
こういう子がフリースタイルに向いているんだろうなって思った。

いっつもニコニコしながらピタ、ピタっと付いて来る!
さすがラック兄!
歳に見えないからラック兄もやっちゃう?