ご機嫌ナナメ

散歩の支度をしていると、まとわりついてくるのは、たいていパピヨン組。
に加えて、この頃は春がやってきて活動時期に入ったカウちゃんまで
当然のような顔して我先にドアの隙間を見張るようになった。

ところが、こっちもおとなの事情っつーもんがあって
置いていっちゃったり「きょうはひとりづつね~」
と、言っときながらパピヨン終わるとげっそり

もうチカレタ、終わり~~~~○| ̄|_

こんなことを何回かやっていたせいか、どうもカウちゃんの様子がおかしい。
明らかに元気がなさそう。
ま~ったく動こうともしない。
具合悪いのかな?

でも、飯はしっかり食っていた。
「いつまでも食ってんじゃないでちよ!」
ゆ~っくり咀嚼しながら食べているパピィを皿の間から覗き込み
「あ、ぁ、ぁ、じゃ、もうやるよ・・・」
毎度毎度、ちゃっかり皿の掃除までしてあげているし。

「カウちゃ~ん」
呼びかければ、かろうじて眼瞼があがるのはわかるけれども
わたしとは、けっして視線を合わせようとしない。

抱きあげて「カウちゃん、どうしたの?お腹痛いの~?」

普段なら、テンションアップでペロペロペロ~
ご愛想マックスになるはずなのに・・・



もしや、

ひょっとしてひがんでたり???

飼い主、散歩に出たがるチワワをスルーしていた自覚で
微々たる罪悪感があるもんだから
カウちゃんがふてくされてる犬に見えてしまう。(;'∀')

カウちゃん

・・・ひとりぼっりじゃないよ?
ほらっ!
サンデーが一緒にハウスしてくれるって!
ね、ねっ、ステキでしょ?(^ω^ ≡ ^ω^)
IMG_6443.jpg
「ざけんじゃないでちよ」プンヾ(`・3・´)ノプン

・・・こんなことをしても、犬にウケてもらえなかった。(~--)/(^^;) 

んん~、悪かったねぇ。
ってことで、ゴールデンウィークはカウちゃんへもたっぷり孝行。

歩き出したら、ご機嫌カウちゃん+゚。*(*´∀`*)*。゚+
意外と単純ちわわんだったり。

久しぶりに草っぱらでダッシュしたり、マテごっこしてみたり
「カウちゃん、あいつらと一緒に歩くよりず~と楽しいでしょ?」
などと、自分の罪悪感を和らげようとする飼い主。(笑)

カウちゃんのご機嫌が直ったところで、
魔の区域、スケボー場へGo

ひなちゃんのキックボードにも乗れたしねぇ。
近所の子どものスケボーには反応するけれど、威嚇追いを見ることがなくなった?

かくに~ん

フェンス越しに、お兄ちゃんたちがガタンガタン言わせながら
ぶつかりながら走る姿を追うそぶりはあったけれど、
ちらっと後ろのわたしを見てくれるようになってる。
久々のスケボー場なのに、なかなかいいじゃないかっ!p(*^-^*)q

カウちゃんにしてみたら、あのスケボーを滑らせる音って
即興奮できる材料なのかもな~

どう考えてもテンション下がる音じゃないしね。( *´艸`)
平静にしろっていう方がムリな話なのかもしれない。
うるさい乗り物に乗ってるけど、
若者はこうやって明日への希望につないでるんだね~
っと、カウちゃんも大らかに見守ってあげれば
カウちゃんにも「乗ってみる?」って声をかけてくれる。
犬と若者の共存なんちってね。(笑)

「向かってくるでちかっ」
20160502_162422.jpg

音に構えるのはヤメテね。
20160502_162412.jpg
「見てただけでち。
ガン飛ばさないでちよ~」(ノ)’∀`(ヾ)

コメント

非公開コメント