レッスンの間隔・感覚

またまた間延びしています。
ま、いつのもことですけど~。

日の目を見ない下書きがけっこうある。
サンデーの初体験のファンマッチのこととか、、、

いろいろ胸がいっぱいになった、
胸じゃないな、わからないなりに頭の中がいっぱいになったり・・・
犬やサンデーを理解するのに、ということだけれども。
時間をかけて咀嚼していきたいかな。

ということで、先週の出来事の写真もスマホで撮ってみたり
撮ってもらったものが、これから時々出て来るかも。
下書きしていたのだけど、自分の癖で長ったらしくなっているので
もうしばらく温め中。(笑)

きょうは3週間ぶりのパピィのレッスン。
先生の競技会やサンデーの都合で、けっこう空いた。
パピィなんて「もう俺は隠居生活なんかな~」みたいに、
すっかりジジィ臭さがプンプンだったのだけど。

「ぱっちん、明日はレッスンだよー。
先生が来るよ~。ダンスだよ~。
一人前になれるまで、まだまだお前はやるんだぜ~」
散歩のときに言ってあげたら、もうぱっちんはルンルンきゃぴきゃぴ♪

サンデーにも遠慮することがなくなって、体重もいい感じに増え始めている。
もう、お前のメンタルは戻った!
と言っても、元のビビりン具合まで回復したってことだけど。( *´艸`)
ぱっちんは、腹が据わることは死ぬまでないと思うので、上等!(笑)

公園に向かう途中も意欲マンマンの老犬。
これまでの自分のためのレッスンが、サンデーが来てから徐々に子犬にシフトして・・・

「オレだろ?」
「えっ、きょうもオレじゃないのか・・・」
「ふうん、留守番はオレかっ」
段々、あきらめが早くなってきたお子ちゃまのぱっちんには酷かな~と思いつつ
生きていれば、いろんなことがある!(~--)/(^^;) 
犬に言ってもしょうがないけどなぁ。
それでも、あきらめを覚えてもらった。

でも、そのせいか、いざ自分の出番だよということに
期待感を表せるようになってきた。
「何かね、間隔が空きすぎてパピィにはつまんないかな~と
思っていたけど、ダンス行くよっ!
っていうと、すごいキレ味見せて反応ヨシ、集中ヨシに見えて
この間隔でもいいみたいに思えてくる」
先生に話してみたら、今までのような機敏さが落ちてきているから
パピィには、長い間隔を空けることで意欲の持ち直しや感覚を呼び戻せるのじゃないかって。

暑くなってきたら、外のトレーニングはムリしないで
あれやりたい!っていう感覚をすぐに思い出せるようにレッスンへ向かう動機や
終わったあとの達成感を持たせてあげられたらいいなあ。
簡単に書いてしまう己・・・
実践がねぇ。。。


後ろのヤギさんたち
パピィが大好きで、飛んで行く。
グリーントライプの匂いがたまんな~い。(笑)
おかげでレッスンは先生の方が先に着いてた。(^^;


本番に弱いと揶揄されるサンデーくん。
散歩途中は、取りあえず「何でもします!」( ^ω^ )
20160518_173516(0).jpg
コンコースの階段も後ろ足から上っていけるようになった。(笑)
新しいことは刺激的だから喜びがあるんだよね。

わたしがしたいのは基本動作のスピードアップだったりする。
呼び戻しまで一日かかりそうな、どんくさピヨン。(;´・ω・)
これが永遠の目標になりそうだー。

コメント

非公開コメント