ちわわん

冬の間は「散歩」と声をかけられないように息をひそめていたのに、
夏季限定で元気になるカウちゃんのこの頃は、
散歩の時間が近づくと、サンデーに負けじとドアの前にへばりつき~。

意欲は認めるんだけどね。
毎度毎度、リードをめいっぱい延ばして歩いてくれる。

・・・そんなに嫌なら来なきゃいいじゃんか~

と、言いたくもなるのだが
長年の「まぁ、いいや~」のツケが補いきれなくなりそうな予感。

「カウちゃん」と声をかければ顔を見てくれていたし
散歩のときはパピィよりマシだったのに。
足を動かせばビビって逃げる、
しょうがないなー、と思ってオヤツを出して気分転換しようにも
ビクビクして近づかない。
あげく、虐待されているような声で逃げるし。
最近、とみに酷くなってきたような気がしてきた。
わたしの方がよっぽど気の強いチワワにいじめられてるような気がするんですけど?

3頭に犬が増えて、(メンドクサイから)抱き犬に甘んじていた。
カウちゃん、ムリしなくていいから~などと言ってたことが
笑いごとでなくなっている。(^^ゞ
泣きたいぜ~

人生において、過ぎてしまったことは後悔してもしょうがない
と、思ってのらりくらりと生きていた自分。
後悔すべきことが具体的にわかってきた年頃になりました。(笑)

どっちかの寿命の果てが来る前に、
「ようやく一緒に歩けるようになったね~」って
言えればいいかなくらいに練習をちょっとづつ始めました。一日3分。(;^_^A

動く手や足にビビってプチパニックを起こしていると、
アイコンタクトは無論、簡単なスワレも聞こえない。
もちろん、呼んでも来ない。。。
もっとも、カウちゃんはスワレやフセなんて嫌いだし。(;´・ω・)
カウちゃんは眼疾患もあるので、時期は予測がつかないけれど失明はまぬがれない。
せめて、目で追えるうちに手や足に動じないようにしておきたいな~。

って、ネバーエンディングストーリーになりそう。
先が果てしなすぎてギブアップしちゃうんだよな、飼い主が。

3日かかって、やっとヒールの位置が50センチ内外になってきた。
一歩、二歩だけどー。(笑)

でも、お互いに、残りがないだろうから
一年かけて、今のサンデーくらいに歩けるようになってくれればいいかな。
足を踏まれても平気なお子ちゃんみたく。( *´艸`)


サンデーのターンバックの練習の後に、カウちゃんもお遊びタイム
離れて行くのはキライじゃないみたいなんだ。

ええっ、わたしって嫌われてるんか?

明日になりそうなくらいにトロトロ~っと下がっていくカウちゃん。

これでも、カウちゃんは必死なんだよ。
前方にパピィ、檻の中にはサンデー。顔の上を見上げればキズがいるし。
がんばれがんばれ!
馴れたら駅前で練習させてあげるからね~


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。