ばかばかばかっ

ばーちゃん亡き後、
にわか株主になった義姉妹が大暴走中。

クレーマーって、きっとこんな人種なんだろうなあと人間観察には打ってつけ。
などと、ウォッチングするしかないんだし~
のん気に構えてようと思っていたけど、悲しいかな、家族でやってきた株式会社の現実。

ここぞとばかりに株主を主張してごねる、かき回す、こじらせる・・・

ばーちゃんより分けわかんねー(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

ばーちゃんも、かなりの人物だったけれど
長年傍で見て、ばーちゃんの生きてきた時代や背景を考えると脅しやハッタリかまして精一杯生きてきたのも理解はできるかなあ。
そんなことを感じていたけど・・・

義姉妹のイジワルは卓越している。
ばーちゃんのイジワルは、何処からやってきているのかわかりやすかったけれど、おばさんたちの目的がよぉ分からん。((´・ω・`;))

そろそろ病気が出てきているのじゃないか???
周囲の人も迷惑こうむっていることがあるのじゃないだろうか?


オヤジに言ったら
「こっちだってタイヘンなのに、人のことなんて心配しなくていいよ」

ま、たしかにねぇ。
心配してくれとも言わないだろうし。

先月末で従業員に辞めてもらって
規模を小さくしながら、オヤジがもうちょっと頑張ろうとしているのに。。。

んん?
そのせいなのかもしれないが。

決算なんて認めるか!
役員の報酬なんて絶対に認めない!
配当よこせ!

最近、わかったこと。
やっぱ、弟を苛め抜こうとしていること。
法律は権利の味方なんだろうな~ってこと。

目下、オヤジは一気に収入ゼロ。!
でも、わたしは従業員の身だから、まだわたしには危害が及ばない。
及んでないけど、提出した書類の修正が次から次へ・・・

それでも、くじけずにひとつひとつこなしてゆくしかないんだなー。(´・_・`)

「ぶっちゃけ、親を看もしないで親の財産や会社もよこせって
分割協議が進まなければ、不動産を換金して代償金に充てることもできず。
何を考えてるんだか~。
ばーちゃんみたいに、死ぬ直前まで実家にイジワルするんだろうなー。
そんなこと思っていても、あ~、タフな自分。(;'∀')
義妹なら、毎日泣き叫んで病院に行って怒鳴り込みに来るんだろうけどさぁ、
病まない心を持った自分がうらめしや~」

大荒れの株主総会の後に、
書類の処理をどうしたらいいのか弁護士さんと税理士さんに電話で確認して、ちーっとだけぼやいたら
「普通の奥さんだったら参ってますよ」
先生、同情しつつ笑いを堪えてるし。( *´艸`)

ちっとも、笑い事じゃないはずなんだけど。

・・・プッツーンとキレたら楽になるのか???
あ、ムリムリ。そういうタイプじゃないから。(;'∀')

こうなったら、わたしの給与をドーンと増やして、わたしが社長を扶養してあげよう。(ノ)’∀`(ヾ)
殴り込みされたりして。
でも、早速、保険関係は手続きしてきた。
オヤジ、養ってあげるから安心しろっ。(笑)

ばーちゃんが死んだら、
こじらせ隊が手に負えないことをしだすんだろうなと予感はあったので、ぼんやり考えていた再就職。
今さらかぃ?って気もしなくもなかった。

やってもいいかな~くらいの気持ちで面接行ったら、その日にオッケー。
「そんなに簡単に決めるもんなんですかー?」
「ええ、そのブランクの期間が興味深いです」

こんな時世だからというのと
資格があるおかげで、この年になっても働けるところがあるので
来週からダブルワーク決定。早っ

会社から完全に離れる時間があるということは、
ある意味、とーっても楽しみだったり
今回の相続の件では、わたしの関知すべきことではないはずなのに
オヤジ、わたしがいないと用が足せない。
どんだけ坊やしてたんだぃ?
自分が死ぬ前にオヤジの再教育をしておかないと、子どもに迷惑がかかるし。
再就職のねらいのひとつでもあった。
おねーさんらのおかげでオヤジもまともになれるかもしれないし。(*´∀`人 ♪

生きている限り、避けては通れない問題があるけれど
わたしには犬がいたおかげで、物事はどうにかなると実感できるようになった。

サンデーとレッスンしてると、如何に自分のニンゲンができていないか
ダメさ加減が目白押し。
ニンゲン、謙虚にならんとなーって思う。

散歩中に中学生男子の集団とすれ違いながら
「可愛い」
「オレ、茶色可愛い~」
中学生でもお子ちゃん。会話がたわいない。
そこで、わざと近づいて声かけてみる。
「おぃ、白黒もよく見ろ?こっちも可愛くねぇ?」
「あ、は、はい~。可愛いです!ワンちゃん可愛いね~」
「あはは、君らもまだまだ可愛いぞ~」
犬がいなけりゃ、こんなバカなおばさんやらねーっし。(*≧∪≦)

サンデーと歩いていると、よく呼び止められる。

「由緒正しいお顔をしているワンちゃんに見えますが・・・」
お上品な奥様に声をかけられたときには
「ええ、じつは、この子はとーっても良い家柄の子ですの~」(~--)/(^^;) 
「ああ、やっぱり!顔といい、容姿といい、美しいワンちゃんで声をかけたくなってしまいました。
うちの犬も白黒でこんな感じだったんですの」
(と、携帯の画像を見せられる。つまるところ、それが言いたかったんですの?)(´∀`*;)ゞ

一昨日は、パピヨンを飼っていたおじさん。
いろいろ話していたら、何と、同じ名前!
「毎日、日曜だな?」
「だよね~」((∩^Д^∩))

謙虚さはまだまだ不足している自分だけれども、
こんなくっだらないことでほっこりできるって、そうそうないんでない?
人間関係の原点ではないかと思い込みたくなる。


昨晩、カウちゃんがニコニコして足元に寄ってきた。

「カウちゃん、ご機嫌さんだねぇ」
「そうでもないでちよ~」
20160706_194131.jpg
込み上がる笑いを抑えられないちわわん。

じつは、サンデーが急きょ入院

はぁ~ぁ
ばかばかばかっ!サンデーのばぁ~っか!

昼に戻ってオヤジのメシ支度をしてから
ふと気づくと、カウとサンデーがいない。
奴ら、ドアが開いていると、タタターっと2階へあがって遊んでしまう。
それくらいは許容するけれど、うちは犬は勝手に廊下を通っちゃけないことにしてたのに。。。(^^ゞ

カウは即確保
サンデーがいないじゃないかっ

アイツは玄関でディスクでも齧ってるのか?

甘かったー

二日前に置いたばかりの生協で買ったホウ酸ダンゴをセロハンを上手に剥がして・・・
きっと食っちゃったんだろうな。
どこにもかけらが見たらない。

絶対に食ってる。参ったな~
1錠にホウ酸30%とある。
そもそも、致死量ってどうなん???

そんなときに、偶然、久しぶりのドッグダンスの教室の先生から電話。
2枚頼んだDVDの発送が送れる旨の連絡だったのだけど
「これこれしかじか・・・」(^^ゞ
「吐かせる方法もあるけど、病院行き」
「だよねぇ」

犬に発見されない所へ置いたつもりが

・・・ばかばかばかっ!
犬が気づかないわけないじゃんか。ぁぁ、死んでしまいたい。○| ̄|_

あ、ダメだ、
自分が死んじゃいけない。( /ω)

取りあえず、水をガバガバ飲ませて・・・

ミルクを混ぜてあげると、一気に飲んでくれるけどゲップも出やしない。

事務所の用事を済ませて
現物持参でサンデーを病院に連れて行った。

「致死量越えてる。点滴しながら催吐処置を積極的にしていかないと中毒症状が出るから。
二日間預かります」
初っ端に吐かせられていたけど、あんまり嘔吐できなかった。

引っ張り出せないようにしていたつもりが管理が甘かったな~
またしても、お子ちゃんを舐めてた。
昼にもらった電話で質問した先生にも顛末を報告して、一気に脱力~

ぱっちん、サンデーがいなくてのんびりしているかと思っていたら
意外と物足りなそう。
「ぱっちん、サンデーどこ?」
いちおう聞いてみたら、あちこちに顔を向けていちおう捜そうとする素振り。
20160706_194207.jpg
ふ~ん、気にはかけているんだ???( ^ω^ )

おっさんたちは、昨晩静かなまま、ハウス(-_-)zzz

ふと、ハウスの上の座布団を見たら
発見~
サンデーの吐しゃ物。
これはダンゴ2個分だぞ!ヤリィ~ヽ(≧∀≦)ノ
吐しゃ物見て喜ぶ自分が笑える。

きょうは証拠写真持って、朝一で病院に行って面会。
「ほとんど吐けていたんだね。血液も異常ないし、きょう退院でいいですよ」
「ばんざーい」
20160623_172642.jpg
サンデーのおかげで、またひとつ賢くなった気がします。

コメント

非公開コメント

お大事に。。。

大事に至らなくて本当に良かったですねぇ!
美味しそうに見えたのかな?
人間の小さい子と同じですね。
なんでも口にいれちゃうのね。

ムックの場合は洗濯バサミのかけらでした。
翌日下から無事に出てきました。

星宿さん

パピィやカウは何の興味も示さないのに…
まさかの、は~~~~~ぁ(-"-)
裏側をわからないように上手に開けてくれていました。
考えてみたら、幼児や認知症の誤食って聞くし、犬なんてもっとだろうなぁ。
洗剤や薬も届かない所に置かないといけないんだな~。

念のために、もう一回採血して確認ってことで
今朝、雨風の中行ってきました。
腎障害も起こらず、病院嫌いもなさそうで安心しました。

ゴキブリが歩いていたのを見かけてしまったのがイケナカッタ。トホホ(+o+)

No title

いろいろと大変な日々だったのね。
実家の父もいわゆる同族会社(叔父の会社)で誰より頑張ってきたのに
息子の代になるときに事件勃発。
(義叔母がねー)
すったもんだの挙句父は独立して小さな会社を興し
そっからも頑張りすぎて56歳でくも膜下出血で倒れてなくなってしまったという。。。
サンちゃんママの前向きさ、頑張り、すごい。
陰ながら応援します。
でも、無理は禁物。身体だけはご自愛くださいね!

サンちゃんもかー。
蓮も誤飲の疑いで病院駆け込んだことあり。。。
ベッドもよく破壊して、綿出しまくってたこともあるしなぁ。
でも、サンちゃん何事もなくてホント良かった。
わんこに教えられること、いっぱいだよね。

けいこさ~ん

蓮くんママぁ~~~、あっざーす!(^^)/
サンデーは例の事件後、60グラム体重が減った!
でも、すぐ元取ってくれるんだろうなー。(笑)

ホウ酸ダンゴはニンゲンは致死量になるまで食うことはないらしいけど
犬にとっては非常に危険で、一気にショック死もあり得るとか。
吐いたブツを発見した時は天にも上りそうになりました。ヽ(^。^)ノ

サンデーに依存しようなんてことは、微塵も思っていないんだけど
ばーちゃん死んだら始めるな~と思って、今しかないと思ってサンデーを迎えました。^^;
いや、もう、そのときにはサンデーしか譲れる犬がいなかったんだけど、
つくづく、何とも言いようのないぽわ~んとしたサンデーでヨカッタ!
運動能力は良さそうなのにどっか抜けてて
苦労する場面がいっぱいだけど、不思議と腹が立たないもんな~。


お父さんの苦労を思うと切ないですね。
家族みんながタイヘンな時期を過ごしてきたのがわかります。
その地に根付いて代々続いてきたのなら、運命と割り切って生きていかねばならない
こともあるのでしょうけど…
価値観が違いすぎるから、笑うしかないみたいな感じ?
とにかく闘いたい、闘いにはどんな手を使っても勝たねばならないと
信じるDNAって怖いわ~。

もうひとつの仕事は、事務所にいるよりは楽しい!
従業員や管理職の動きにも目が向くし、分業がしっかりしているけれど
連携がなされていて、なおかつ、ある部分だけ突出していないように見受けられて
働きやすい職場だなあって。
何しろ、目を見張るのは駅を降りるとキツネやタヌキが出て来そうな景色。。。
勾配があって「おっ、キツイな」と独り言いいながら
「サンデー持参なら引き締まったいい体になるのになぁ」とか。
今のところ、出社拒否は起こりそうもない。^m^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。