悲喜こもごも

青空がめいっぱいに広がって、清々しい秋晴れの昨日でした、
年の半分がとうに過ぎているのだけど、
今年も大きな被害が目立つ災害も多かったけど、
梅雨入りの頃から天候も何やら不穏な気配が続いて・・・

7月から9月までの外レッスンは
ほとんど延期、延期のオンパレード。
間を空けるのもモチベーションには効果があるかもね~
などと、のん気に言っていたのに、そうかと言っても、家にいても大してやらない。
やっぱり、適度に続けられる間隔があった方がいいんだな~。(笑)

パピィを見ていると、十八番をサンデー取られそうな危機感を抱いていそうではあるが
公園に向かうとすぐさま察してご機嫌になる。

2本足の兄弟や姉妹だと、お互いに嫉妬心でメラメラしているってことを
悟られないようにするもんね。
その点、犬は素直でいいなー。
たとえ、ジェラシー満々でいたとしても、自分の番が来れば
思いっきり喜びを体で表す。
ちっちゃいことに悩んじゃいねぇ~んだよっ!って感じに。

だ~から、犬は歳をとってもお子ちゃんでカワイイ。

てゆうか、そんな高度な思考ができないんだってば。
犬が論理的思考を巡らしたら?
・・・怖くて飼えないし。( *´艸`)

昨日は箱根駅伝の予選会があったせいか、
いつもの公園にも朝からどこかの陸上部員らしい大学生がのぼり旗を持って座っていた。
パピィがボール遊びをしているのを目で追いながら、時々「へぇ~」「すごい」の声を出していた。
犬を飼っていない人にとっては、
犬が投げられたボールを追いかけるとか、それを咥えて戻って来ること自体、
いや、愛玩犬がそこまでできるとは想定外と思っていたのか。
何しろ、犬の動きが新鮮なのだろう。

君ら、スポーツドッグの世界を覗いてごらん。
「おおーっ!」「わぉー!」「やばい」の連続だぜ?

犬も可愛いけど、若者もカワイイもんだな~。(*´v`)

犬に対して微笑ましく見てくれていたせいか、
ぱっちんは、時々反れたボールを追ってお兄さんたちの近くに走っても行けた。
旗の下をくぐってボールを取りにも行けた。
環境馴致終了!
ご協力ありがとうございました。♪(o・ω・)ノ))

ということで!
何が?(笑)

まぁ、環境刺激にはめっぽう弱いパピいちゃんなので
秋の競技会は止めます、ということは決定してあったので来年のための
インナーマッスルを鍛えておこう~が、このところのメインテーマ。
加えて、ボケ防止のための思考力を思いっきり働かせておこう。
言い換えれば、休息シーズンみたいなもんかも。。。ちょい違うか。( *´艸`)

サンデーに押されて「どうぞどうぞ」のおっさん。
繊細な中にもダイナミックが動きが出来て
いいところがいっぱいあるのにな~。
サンデーにぶつかっただけで飛ばされるパピィおじさんは
「お先にどうぞ」と引いてしまうのがねぇ。
ヤクザなカウちゃんもそうだし。

メンタルなんか、全然強くないサンデーなのに、
むしろ蚤の心臓か!ってくらいに弱いと思うのに、
サンデーはKYな面が味方となって大らかに動けるようだ。
これも、3頭ひとくくりになると現れる特性となっているのかもしれないな。

レッスンと言っても、特別に新しい技をしようってことでもないので
犬の動き方を見ながら、つい頭の中であれこれ思いを巡らせてしまう。


おっさんたちはレッスンの終わりを知っているが、
始まりも終わりもど~でもいいと思っているのが約1頭。
解放力の弱さか体力が溢れすぎているせいか・・・

今、悩むことではないので
「先生、早く車出さないと大変なことになるよ~」
そろそろ路上に人が集まりだしてきた。

さ、君らも行こう!
「どこへ?」
「いいとこ」(*ノェノ)
20161015_093200.jpg
先陣走者が来る前にコーヒーブレイクと記念撮影
どう見ても、長閑な公園風景にしか見えない。
駅伝の幟が入っていないせいか。(/∀\*)

「おかーさんは、缶を捨てて来るから、そこで座って待ってるのよ」
20161015_093537.jpg
そう言って、空き缶入れに置いて戻ってきたら
いいつけ守ったのはカウちゃんだけっ。

知ってんだ。
傍を離れた瞬間からパピィは立ち上がってしまっていたし
サンデーは好き放題クンクンクンクン。
飛び降りていなかっただけ、ほっ。

見知らぬおじさんがカウちゃんを見て目を細めていたよ。
「へぇ~、言うことがわかるんだね。小さいのに賢い犬だ」って。
君ら、聞いたかい?
何にもできなくても「動くな」と言われて動かないでい続けられるだけで
賢い犬に見えるんだよ!ナニモデキナイハヨケイダ(~--)/(^^;) 

そうこうしているうちに「先頭が来ています、道に出ないでください」
誘導係さんがアナウンスしている間に
どこだどこだと探す間もなく、あっけなく疾走。早っ

「わかった?」
20161015_094919.jpg
「ううん」

こんなにいともあっさり人前を通り過ぎるために
毎日練習してるんだよ。すごいな~

で、おっさんは?
20161015_094706.jpg

駅伝の選手よりも、人混みの中にいることで精一杯。
駅伝の選手は走りながら歓声や人の顔を認識していると聞いたことがあるけど
尻尾下げまくりの犬にも気づいてくれただろうか?
それは、うちの犬でーす。
去年も雨の中、尻尾下げ下げ応援してたよー。

20161015_094645.jpg
週の半分は駅の近くに行って人混みを見せたり人混みの中に入ったりしてるのに・・・

なにも、尻尾上げてブンブンしろとは言わないけど
ふつ~にしろということは、とてつもなく高度な要求なのか???
自分の悩みが絞れなくなってくる。(つω-`。)

サンデーはふつ~におとなしく見てた。
20161015_095716.jpg
走っているのが人でなく犬だったら、
「オレも走る!」と、おとなしくさせるのは難しかったろうけど
走り去るのが駅伝の選手でよかった。

今年は参加大学がけっこうな数らしく
本選出場をかけたドラマがたくさん生まれたことだろうね。

わたしは、愛玩犬でさえ言うことを聞いてもらうのにヒィヒィしているけど
お互い、悲喜こもごものドラマを作り上げているのです。

・・・たとえが違いすぎたか、、、(^^;


コメント

非公開コメント