右回り左回り

パピィのラージサークルがほぼ定着してきた頃に
ふと、途中で方向転換して反時計回りに回れるようになったら
ちょっと楽しいのじゃないか?

ボーダーコリーはよくやってるけど、小型犬には難易度が相当高い気がする。
難易度がどうこうより、パピィはラージサークルのときにとても楽しそうに走る。
パピィのそんな表情が好きでやってるだけなんだけど、
そんなことをふと思いついて半年。

が、イイコト思いついたのに、外でレッスンしているパピィの
レッスンの日はザンネンな雨降りばっかり。
家の中でやるとサークルがこじんまりしちゃうから家でやるなら送り出しだけでいいよ。
先生にそう言われると
「じゃ、練習はレッスン限定にしよう」(笑)

散歩のときに、たまたまポールがあるときに送り出してみたりしていた程度だったけど、
コーンを置いてやってみたら、予想以上に定着してくれていた。
サンデーが一歳過ぎた頃からおっさん扱いにし過ぎてしまった感があるけど、
おっさん、まだまだ隠居したくないんかね~。

昨晩もサンデーとなんちゃってヘディングやっていたら
サンデーを威嚇してボールを取ろうとしてた。
「わかった、わかった。これはぱっちんの十八番だったもんね~」

パピィがやってたトリーブボールの動作をサンデーの構成に入れてみようと思って
ドリブルを教え始めたのが気に入らなかったようだ。
で、サンデーは馬力があるからと、ジャンプしてプッシュしたらヘディングになりそう。
試みはそれ。
「じゃ、ぱっちんもやってみるか?」

ボールを上に投げたら


・・・何と、おっさん!

すんげぇ、飛びつきジャンプで顔でボールを押し返した。
おぉぉぉぉー、サンデー見たか?
このくらいの力で押し返すんだ!(笑)
ぱっちんの見事な競合力のおかげでサンデーはコツを掴んでくれたかも。
サンデーの押し返したボールをわたしがキャッチできた。(;'∀')
パピィは垂直に飛ぶ高さもなかなかのものなので、本当はパピィの方が見栄えはするんだけどな。
サンデーは、まだ高さが足りない。

留守番が長くて、おまけに夜は冷たい雨。
散歩は中止。
おっさんがふてくされてボケるといけない。

この前のレッスンでサークルの送り出しの方向性が何となくうまくいって
「理解しているね」と、言われたけど「まぐれじゃない?」
信用していなかったのだけど、
夜やってみたら「信頼していこう」って気になった。
おっさんがとーっても可愛く思えた。
カメラを置くと、ぱっちんはひじょうに張り切ってくれる。(笑)

自分の大きな足でターゲットが見えないのが・・・(;'∀')
左から送り出しすると右回り(サークル)
右からの送り出しで左回り(ウィー)

最後は、真ん中から「サークル」「ウィー」言ってから送り出してみたら
しっかり自分の取るべき方向で回ってくれた。
ああ、おっさん、性格もっと強かったらな~。
ボーダーと張り合えたのに。。。(笑)

これで広い野原を駆け巡っているときに「サークル」とか「ウィー」で
ぱっちんが自在に自分の体を操って飛び跳ねてくれたら犬冥利につきるのじゃないかなあ。
おっさん、元気でいろよ!
サンデーは、まだできないからな。当分は威張っててもよろしい。+.(*'v`*)+

コメント

非公開コメント