卒業

卒業シーズンでもないのだけれど
去年はお休みが多くなったのと、
パピィの体調もいいとは言いきれないこともあって
今年度は更新しないことにしたので、ぱぴちわの訪問活動も終了。

うちの犬たち、出来た犬ではないけれど
それなりに遊んで愛想振りまいて、そこそこ可愛がられてきた。
特別何かに秀でているわけでもない犬でも
寿命を全うするまで活動するだろう。
活動始めた頃はそう思いながらやってきた。

意志薄弱と言われれば、はいそれま~でぇ!
なんだけど、
やっぱ、そうそう、思い通りにはいかないもんだね。

子どもの手が離れれば、介護問題やそれに付随してくる問題や
仕事や自分の健康問題などなど・・・
難なくやり遂げていける人もいるのだろけれど、周囲の理解や応援があってこそ。

訪問活動を卒業したぱぴちわに
先日、記念品が贈られて来た。

せっかくだからと、写真を入れて記念撮影
20170621_163956.jpg
「役に立ったかわかんないし~」
謙虚なぱっちん。

こんなとき、無関係な方が必ず割り込んで来る。
割り込むというより、自分が主体になる・・・
20170621_164126.jpg
「いいじゃん。いつか、オレも誰かの為になる日が来るかもしれない」
思うのは勝手だけど~

サンデーの取説、難しくって読みこなせてないもん。
ムリムリ~(笑)

カウちゃんも!

遠慮しないでもっと寄ってもいいよ。

「こうでち?」
「イエース」
20170621_164141.jpg
カウちゃんは、いろんな面で仕込み不足は戒めないが
イキイキとやってくれたので、わたしも楽しかった。

届いた日に細かい作業をしてくれたお友だちに
お礼の電話をしただけだったけど
ぱぴちわ、この通り元気です!
いつか冷やかしに行きます。
じゃない、お礼を兼ねてあいさつに行きます。(^∇^)ノ

活動に出なくなったぱぴちわは、


相変わらず、道で子どもにもみくちゃにされ~(。-_-。)
20170609_172616.jpg


「相変わらず触り方が下手でちね?」
20170609_172559.jpg
カウちゃん、目で訴えてますが通じません。^m^

コメント

非公開コメント

No title

「おちゅかれしゃまれちた。ボクはもうちょっと、がんばるよ。」(byあず)  1歳から始めたセラピー活動。もうすぐ5歳になるアズは、性格がオトナになって、ちょっとヒトとの接し方が変わって来ました。達観している感じ。ワンコのチカラって、偉大だな~と思うこの頃でした。

あじゅままさん

ありがとうございます。
アズ兄もセラピー活動は中堅になっているのですね。
犬が5歳というと、飼い主との関係も強固になっていて
犬への信頼も増してくるし、何をするにもやりやすいように思います。
アズ兄も内面が落ち着いているから向いているんですね。
どうぞ、がんばって続けてください。

犬によって対象の利用者さんの表情や心の動きが変わってきたなあと思う瞬間に遭遇できる
喜びもあったけど、年単位で経過を見て行くと
訪問する施設のスタッフが動物介在活動を勉強してどんどん変化していったなあと
実感した施設があって、スタッフの変化が利用者さんに上手に還元されて
いたことに感心しつつ印象に残っています。
活動で笑顔になったり元気になったりするのは、
じつは犬を連れていった側だったかもって気もしてる。v-290

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。