セカンドオピニオンから5日目

セカンドオピニオンから勝手に主治医変更して5日め。
5日めには今より眼圧は下がっているはずだから、
そのときに再受診するようにとの前回だった。


大学のオリエンテーションが終わってもそんなに遅くならない
だろうから、そのまま大学から直行したら?と送り出す。
もう、本人の課題へと移行したわけで、
わたしのやることはないはず?(笑)

夕方、雨も止みだし、寒いし夜はすき焼きにしちゃえ~と
献立も決まったからワンコのお散歩に行く。

時間的に余裕がありそうだからガンガン走ってもいいか。
ほっほほ~、だあ~れもいません。

案の定、察したようにぴょんぴょん飛び跳ねる犬、パピィ。(笑)
「早く、早く、ボールを」

う~ん、そうだなあ。
チビをつなぎっぱなしもなあ。

「よしっ!その飛び跳ねている犬を捕獲せよ、行けー」
「了解でち」

カウをけしかけてパピィを追いかけさせる。
カウは黙って尻尾フリフリして獲物を追いかけるのだ。

追いかけられるのが好きなパピィ(ひょっとしてMタイプ?)うれしい顔
そうはなるもんかいとガンガン飛ばしてる。

もうちょっと余裕というものを持ってもらいたいもんだわ。(^_^;)

しかし、見ているとカウも負けていないよ。
以前はパピィの尻尾の先にかろうじて食らいついていたけど、
尻尾の根元に食いついて先頭を取ろうとしているじゃないか!

なかなかいいよ~。
もうちょっと走れるチワワンになろうかね。
(軟弱)パピヨンより足が早いチワワもカッコいいぞ~目がハート

そんなこんなで泥んこワンコになったおふたりさんを連れて
風呂にでも入れてファミリーの食卓まで時間つぶしをしよう。

そんなことを思いながら帰る途中にメール

「これから帰るけど、家に戻ったら眼科に行く時間がない。
お金がない。すなわち、駅までお金届けて~」

いいかげんにしろよな~。
この泥だらけの犬は外につないでおくんか?

いいところにぱーまんの帰宅。
後は頼むぜ!と自転車で駅まで走るよ、走る。
いったい親って何やってんだかな~と思わなくもない。がく~(落胆した顔)

その後、娘抜きの食事中にまたメール
「両方の眼圧が13」なぜかピースマークついてる。(笑)

へぇ~、さすがだな、先生。
あのとき、薬変更して一週間で下がるはずと言ってた。
幸い、副作用も点眼の痛みも出ていなかったから効果は
次回が来るまで何とも言えないかなあ。
そう考えていたのに、
5年間、17~20で変動なかった眼圧が一気に下がってる。

さすが、よんだ通りの結果を出してくれるもんだね。
やっぱり、名医っていうのかねぇ?


いつも眼科から戻ると不服そうな表情だったのが
やはり明るい。(笑)
このまま、治療を続けていけばいいことだね。
これからは自分の疾患に興味を持っていけば
将来も不安にならないでしょう。


前回、気を良くして眼科を出たのだけれど、
ひじょうにビックリの薬局だったのも印象的。

そのビルにあった薬局は受付のおねえさんが患者の顔も見ないで
呼ぶせいで、人を間違えていても気にせずに清算しようとする
ところだった。
しかも、薬を受け取る前に。

間違えてもすみませんのひとこともない。
これっていいのでしょうか???
薬だって間違えてもらっても、もらったからと気にしないで
飲む人がいるよ。怖いわ、いいのかよ~?


近頃珍しいくらいの愛想なしの薬局だったので、
処方せんは帰って来てからの方がいいよと言っておいたら
地元駅の『マツモトキヨシ』でもらってきたようだ。正解!あっかんべー

コメント

非公開コメント