ドッグダンスのレッスン日

こんな時間に起きてます。えっ?(笑)

何にも予定がない休日は、たいていブランチの時間が朝です。
だから、きょうはふつーに朝です。
おはよーです。

きょうはおばあちゃんを連れて、おじいちゃんのお墓参りに行くので
洗濯をするつもりで起きたら、ぱーまん2号が実習だとかでもう出て行きました。
お疲れさん~。地に足をつけてお勉強してらっしゃいよ。

昨日のお出かけはドッグダンスのレッスンのためでした。
4回めでした。
けっこう夢中になってまだ周りを見ません。(笑)
おまけに顔から汗が滴り落ちます。
「休憩します?」「汗拭いてくださいね~」
しまいには冷たいお水を持ってきてくださいました。(((笑)))

たぶん持病のせいだろうと思うけれど、2年前までわたしは、
かなりの冷え性で夏でも電気毛布が離せなかった軟弱おばさんでした。

それが、去年のゴールデンウィーク過ぎあたりから電気毛布が要らなくなった!
すごいことです!
今年はふつーに「暑い~」と言ってます。
当たり前のことが嬉しいなと感じるぱぴっちです。

おまけに関節の痛みで目が覚めるのが怖くて、朝が来なければどんなにいいか。
そんなことも思っていたのですが、
取り合えず、今は「ま~、こんなもんかな」で起きてます。
そして、当たり前の日常を当たり前のように過ごしています。
ふつう、当たり前っていうことを幸せというのかしらん。
そんなピュアなことも感じたりするのです。いいね~ん。

これって、多分にパピィの散歩のおかげと思います。
「あ、犬を散歩させなくちゃ」「ご飯しなくちゃ」
「あの癖、何とかしなくちゃな~」
そう思うだけで生きる希望がわいてきます。

だいいち、犬がいなければ散歩なんぞしませんって。

いつも思います。
軟弱、臆病パピヨンでも、ものすごいセラピー効果でっせーってね。

ありがとねーん。
一緒に歳とっていこうねん。
寝たきりになっても自宅で看とってあげるからねん。

めずらしくパピィへの感謝モードになってしまいました。

犬に芸を仕込んでるとか、命令するのってどうよっていうのもありかと思うのだけど、
そう問われたら「その通りです」としか言えないだろうな、じぶん~。(^_^;)

でも、どうでもいいのです。
教室に行くとビビりンパピィはモードが変わります。ちょっとだけ

「やるよ、やるよー!」
(でも、そのおやつもちょうだいね)なんでしょうけど。

それでもいいのです。
わたしが楽しいから。きっとパピィも楽しいと思うから。

どうして、こんなに楽しいと感じるのだろうかと思ったのですが……

自分がしたかったのもあったけれど、犬のマイナス面を見ない。
あってもそれがプラス面(トリック)につながる。
犬の自然な動作がいろんな場面で出てくる。
犬が所々で考えている姿勢が見える。
出来ないことはあり得ない。

要するに問題行動ってないのかもしれないなあと思えるところかもしれません。

まだ4回めだけど、パピィには(いや、かあさんには)ちょっと難しい課題です。

パピィがマテの状態で飼い主がステップ
飼い主が止まっているところでパピィが動きながら回る

と、いうことを昨日はレッスンしてきました。

「なんかダンスっぽく見えてきますね~?」
「そうなんですよ。っぽいでしょ?
これでドッグダンスらしくなるからぜひ、マスターしましょう。
おかあさんが、ですよ」←これ大事かも(笑)

小型犬のドッグダンスも仕草が可愛らしくていいと思うのだが
やはり、ボーダーコリーのような賢くてスポーツに向いている犬が多いのだろう。

ターンバックはパピィが好きでしょっちゅうターンしていたので
なかなかキレイに出来てると褒められました。(^o^)

喜んでいたら、
隣でレッスンしているボーダーのゆきちゃんのデモを見せてもらいましょうになった。

ゆきちゃんはレッスン一年になるとか。
遠隔でターン、バックしてきて脚の間をくぐっています。

「あ!今、パピィとやっているのは形を覚えるもので
完成型がゆきちゃん?」
「そうそう。遠隔でターンバックできるとグッと技が増えるんですよ。楽しいでしょ~?」

そんな感じで、自分自身で勝手に勇気づけます。
健康的な気分のまま帰路に着くのでした。
帰ってからの第三のビールのおしかったこと!

昨日のパピィは、テンションアゲアゲ
決めのフセの後「ワン」ばかりやっていたものだから
「何かありました?」
「散歩してこなかったから体力あり余りかも」
「へ~、こういう小さい子もいいなあ」
踊るボーダーコリーやラブの多い中、教室で踊るパピヨンは大ウケしてもらってます。

ゆきちゃんは若いイケメン好きな小型のボーダーですが、
パピィはオカマだからな~。

まだおねえさんからは積極的なアプローチはありません。(笑)
でも、ゆきちゃんのおかあさんは、いつもパピィを可愛がってくれます。
「この子は飼い主にとっては生涯最高の犬なんじゃない?」
そんなことを言われると、即、その気になります。

パピィ、この際だ。
かあさんともっと絆を深めてみようじゃないか。(笑)

コメント

非公開コメント

「だいいち、犬がいなければ散歩なんぞしませんって。」ですか~v-390

いても中々しないんですけどーv-157v-156 皆さんすばらしいv-424

ドッグダンスはワンコも速い動きの為にテンションがe-29e-29になり楽しいらしいですよ

双方が楽しければOK!だし
小型犬でも機敏な犬でも楽しければいいのさ~
それが一番大事だと思うからネ

はた目に見てe-317
「この子は飼い主にとっては生涯最高の犬なんじゃない?」なんて言われると舞い上がって目がハートv-10になってしまうサー

ぜし一度お目にかかりたいわ~


きなもっちさん

ずんずん隊のみなさんはどのくらい歩くのでしょうか?(笑)

うちの子たちは、犬種間違えてると思うくらいにガンガン走るし
休みの日は4、5時間は歩きます。
泥んこ、水たまりは朝飯前。腹をくくって付き合ってます。v-395

パピィはダンスが好きみたいです。
PCのボリュームを大きくすると「へっへへ~」とやって来ます。
自分が見るのに夢中になってるもんだから、足元で勝手にスピンしてます。
毎回、テンションアゲアゲのために笑いっ放しです。楽しいレッスンです。
音楽に合わせられるともっとダンスっぽくなるのにな~。v-290


> はた目に見てe-317
> 「この子は飼い主にとっては生涯最高の犬なんじゃない?」なんて言われると舞い上がって目がハートv-10になってしまうサー


最初でたぶん最後の犬なので(笑)
どうでしょうか・・・?
男の子と女の子の違いでしょうか。

ゆきちゃんのおかあさんは、どんなに可愛がっても
おとうさんがいると、おかあさんは後回しになるらしい。

パピィは「かあさんの行くところは、置いていかれるよりも
どんな苦労しても着いていきます」タイプかも。^^;

いつか、教室のドアのところでずんずん隊のみなさんとすれ違うことがあったら
思いっきり笑ってやってくださいねーん。