真夏の訪問

きょうはいつもの訪問の日でした。

20100717141936.jpg

いきなり可愛いワンちゃんの写メを載せてみました。
2キロしかないヨーキーのミックです。
耳が大きくて犬と言うよりみたいです。
パピィと一緒に審査を受けて、同じ施設で訪問活動を始めたパピィのお友だちで~す。

ミックもママが訪問に興味を持っていて活動に参加したのですが、
パピィよりもビビりだと思います。

でも、ビビり同士がんばってます。
暮れあたりには、なくてはならないワンコだと言われるように


・・・なるかもしれないお仲間でいようね。


きょうは、参加ワンコが4頭と少ないので
始まる前はミックと遊びながらのんびりしてました。
お腹に電池が入っているのじゃないかと調べたくなるくらいに
いつも可愛いミックなので、当分携帯の待受けにしようっと。

さて、きょうは梅雨も明けて、真夏日でした。
いつもは駅まで歩いていくのだけど、
さすがにパピィを熱いアスファルトの
上を歩かせるわけにも行かず、抱っこしながら向かいました。

バッグがあるのに汗だくだくになって何してんだかな~。
電車に乗って冷房の真下にいても玉のような汗がボタボタボタ~。

そんな話をミックママにしたら
「うん、更年期だよね~」
あ~、それもありかと納得する、じつに素直なぱぴっちでした。(笑)


前回は、人数も少なくてのんびりとした始まり方が気に入ってると
言ってたのだけど……。


施設のスタッフさんから
「きょうは人数が多いですからね」と前フリがあった通り、
ドッヒャーンてな具合でした。人、人、ひと、ヒト~(笑)

デイの利用者さんやデイのスタッフさんも大勢来られて
犬の姿がどこにある?
そんな盛況な訪問でした。

デイの利用者さんは、比較的お話もしっかりした方が多く、
スタッフさんも「ワンちゃんと一緒に写真撮りましょう」などと
カメラを持って動き回るので、4頭のワンちゃんたちはひっぱりだこの
前半でした。
パピィは、この前友だちに作ってもらった浴衣を着て行ったので
写真の写りもよく喜んでもらってたようです。


そこにいるだけで
「可愛いわ」「いい子だわ」などと言われることって
家の中じゃそうそうありません。
犬にとっても天国のような称賛と言えるかもしれません。

デイの方たちは、都会の住宅事情のせいか
犬が飼いたくても飼えなかったのよ~、と
「抱っこさせてぇ」の声が多くてこちらがビックリ。
犬に好意的な方が多い場にいることは、幸せなことです。

そうなると、どのワンちゃんも自然にテンションがあがって
期待通りの行動をしてくれるんです。
抱っこされてペロペロと舐めてあげたり、「お手してちょうだい」で
手をだしたり、名前を呼ぶと「ワン」と応えたり。

ワンちゃんたちの紹介と一芸の時間になると
またまた人が集まってきて「わぁー」「きゃー」と大賑わい。
きょうは、何をしても楽しやって感じでした。

パピィと音楽に合わせてダンスをしようと思ったのだけど
曲を使わないで(ていうか、ふたりの息が合わなかった (/_;)
練習中のトリックを入り交ぜて利用者さんのところを
グルーっと回ってみました。激しくっ(笑)

利用者さんたちの手拍子に乗ってダイナミックに動いてくれて
パピィも楽しそうでした。


紹介タイムが終わるとデイの利用者さんは帰られて、
いつもの利用者さんたちとのゆったりしたふれあいタイムです。

何度か見知った顔だと、ちょっと安心を覚えてきたりもするのですね。
来た時の表情より柔らかくなったように感じることも多くて不思議。
自分も優しくなれるのじゃないかって思うのです。
こういった時間と場があることに感謝です。
8月は訪問もお休みで、次回は9月になります。

きょうは、最後に気になっていたことを言ってみた。

ときどき、ふれあいの場に連れて来られてうつらうつらしてらっしゃる方がいること。
犬が好きで抱っこしたいという方には、問題なく話が弾むのだけど、
居眠りしてる方が時々いる。

おそらく、昼夜逆転の睡眠サイクルになっていて、
昼間の刺激をという意図があるのだと思うが、
手を握って話しかけてもとなってしまっている方がいる。
その場合、寝てるからといってその方を抜かして通り過ぎることが
自分の気持ちではできない。
こういった場合、わたしの立場ではどうしたらいいかなあって思うことがある。


どうしても、その時間帯をしっかり寝てしまう人がいて、
そうなると本人の夜が苦しいものになるので、
やはり、スタッフの狙いは刺激なのだと言う。

本人の夜が苦しいものになるという答えを聞いて
スタッフサイドの目線じゃない、人間らしい介護の姿勢を聞かせて
もらったように感じて安心感をまたひとつ覚えて終えた訪問でした。

次回からは、少しばかりだけど、
夜が安心、安眠になれるようなお手伝いができるようになるとといいな。


・・・と言うことは~
ハイテンションな犬が喜ばれる理由が、ここにあったのか




コメント

非公開コメント