TOUGH LOVE

ネットでますみさんという女性のブログに遭遇した。

何ともすごいタイトルだなあと感心した。
タイトルにぴったりな女性で、わたしなんぞはぞっこんになってしまった。

昨日も、浴衣姿の綺麗な女性に釘付けになってしまったと書いてしまったので知らない人は、変わったあやしいおばさんという印象を持たせてしまったかもしれない。

ま、その印象も間違ってはいないけどさ。(笑)


『TOUGH LOVE』というタイトルでブログ発信されているので知ってらっしゃる方もおありかと思うが、わたしがその女性のブログを知ったのはひと月くらい前。


愛犬の吠えに悩んでいていろいろと試行錯誤されながら、
ある訓練会に何度かご一緒になった方がいた。

愛犬がリハビリ中だと聞いたことがあったので
犬のリハビリって?
と、その人の消息。
元気でいるのかなと気になっていたので
ブログをこっそり訪れて、TOUGH LOVEの女性を知った訳でした。

直の知り合いではないので、リンクしません。
気になる方は、ご検索を(笑)


TOUGH LOVE 

安楽死からの再挑戦.問題犬の声を聞け
ドッグ・ビヘイバー・スペシャリスト in LA 問題犬の声を聞け!!


日本女性なのですがロスでドッグトレーナーを生業としているようです。
しかも、わたしには想像もつかないような問題犬を相当救ってらっしゃる。
甘ちゃん坊やがガタガタ言ってると
ピットブル(?)と格闘して肉片を食いちぎられた足を出して
ぐうの音も出させなくする光景などは圧巻なのだ。
ムツゴロウさんがライオンに口の中に頭を突っ込むのとは、また違った味わい。

ご本人はトレーナーと自覚していないようです。
副題にあるようにタフな精神力と体力を持ち合わせた人なんでしょうね。
すっかりファンになってしまいました。

それに、その方、ステップマザーです。
(ブログに書いてあるので隠すことはないでしょうね)
2歳からオムツを替えてやったお子さんが相当なやんちゃで
警察に追いかけられることもしばしばだったらしい。

そのときに、子どもを「根性入れなおして、自分のケツの始末をして来い」
などと警察に突き出してやるところなんざぁ、あっぱれ!

そういうおかあさん、お友だちになりたいくらいに好きです。


動物愛護や犬のしつけ、訓練についても
けっこう、厳しい口調で言いたいことを言っているようですが
裏表がなく、一貫した行動を取れる人なのだろうなと
よく閲覧させていただいてます。
犬の嫌いな人のことを考えてしつけをしろということをおっしゃっていて
ひじょうに納得させられます。
それでいて、愛犬には親バカでもあったりする。
何とも頼もしくて、可愛い女性なんでしょう。

この方はメールセッションで飼い主へ指導しているようです。
いわゆる通信教育という類になるのでしょうね。
でも、この人を必要としている飼い主さんたちは、おそらく切羽詰まった気持ちでいる人が多いのだと思う。
ますみさんの真髄を学び取ったら、タイトル通りのTough Loveな持ち主になれるのではないでしょうか。
全く見ず知らずの者だけど、行く末をこっそり見守ってみたくなりました。ハ~ト
ハハハ、やっぱ変態っぽいおばちゃんやん。


話は変わるが、先々週に森田流のしつけをしている方たちとお会いする機会があった。
そこで、何故に森田流のしつけというとネットで相当叩かれるんだろうね。
やっぱ、チョーク使った『権威』のせいか?

そんな話になった。

ま~、悪質なアフェィリエイターたちがいたし、リードショックで何とかできると思って挫折した人も多いだろうし、負のイメージはしょうがないんじゃない?
否定したところでノーと言う人は受け入れないだけのこと。
たかが犬のしつけにムキになることもなかろう。
チョークが虐待と思う人は、そういう使い方しか知らなかったのだろうし、そういう感情を持ってるんじゃないの?


わたしは、ここでは記載する機会がなかったけれど、
2年前にテキストを購入している。

ビビリで体を触られることも大の苦手。
要求吠えもひどいけれど、飼い主のひいき目に見てもパピィは散歩だけはダメ犬。(笑)
ガンガン引っ張る大バカヤローな犬だったのだが
2ヶ月後には、飼い主の回りをぶらぶら歩けるようになった。
他人に捕まってもジタバタしなくなったことが効果でしょうか。

問題行動を何とかしたいと言うよりは、
スキンシップや関係性を考えるにはとても参考になったと思っています。

今?
飼い主には、じゃっかんの幸福感を与えていますよ。
使役犬なら、もっと仕事をあげるところですが、うちのワンズは愛玩犬ですから~。(^^)

それに、考え方の違うトレーナーさんにもお会いすることがあるから
興味を持ってお話を聞きます。

時々、チョークをつけているだけで
「虐待している」と言う目で見られたり文句を言われるということも聞きます。

あ~、そういうときって
相手には説明してもわかるはずがないからね~。
反論できないなら好きなだけ言わせておけばいいのさ。

そんなことを思っていたのですが、
ますみさんの最近の記事にもありました。

ロスでもあるのですねぇ。

シェパードにチョークをつけていたら
チワワ連れのおばあさんが「虐待だー!」と咎めていたと。
一言言ってやろうと思っていたら
その飼い主さんが言ったらしい。
「そちらのギャンギャン吠え、首輪での引っ張りこそ虐待でしょう!」

後ろから見て「あっぱれ!」と手を叩いてあげたという。

そして、〆てくれるのだ。

「道具云々をとやかく言う奴らは、物理的にも道具のルーツも知らない野郎ですからね・・・・」

そう、手に負えない子と幸せに暮らそうと思うなら
タフでいなければならない時もあるんだよね。


もうちょっとタフになってみようと思ったぱぴっちでした。

コメント

非公開コメント

読みました。

ますみさん、かっけ~~~~!
いや、カッコイイですわ。あの食いっぷりといい、ピットブルに向かう気持ちの強さといい、toughな女性ですねぇ。
サイトをみると(しかし英文)、サングラスを外したますみさんの顔が見られました。少女みたいな優しい顔です。
犬が嫌いな人のことを考えてしつけしろ、ってよくわかります。私が習っていた先生も「犬好きが犬嫌いを作り出す」とおっしゃってます。
道具は使い手を選ぶので、一流の先生にしっかり教わること(力の入れ加減、タイミング)が何よりも大切だと思います。クリッカーでもチョークでも同じですよね。

こんにちは~お久しぶりです。
暑いですが、パピィは元気ですか?エディ元気です!
TOUGH LOVE見たんですね♪ますみさんとても素敵な方です。
チョーク、実はうちも今使っています。ブログに書くと叩かれるからやめといた方がいいよ、と言われているので書いてないんですけど(苦笑)

さゆりさん

ね、ねっ!
気持ちがいいくらいにカッコいいですよねー!

ほわ~っとした人も好きだけど、こういうタイプの人ってもっと好きです。
さゆりさんも近かったりして。v-290

ますみさんの子育てに関しては自分と通じる部分がありますねぇ。
あ、うちは軟弱ヤローですから。^^;

アメリカでは日本以上に???な飼い主もいるのでしょうね。
タフになっていくものうなづけたりして。(笑)

社会の常識から逸脱したことを見ると遠慮なくガツンガツンと言い放っていて、それでいて犬のハンドリングはひじょうにわかりやすい手ほどきをしていらっしゃるのでしょうね。
経験を通して体得して来たことがますみさんを必要としている人たちには説得力がありますもんね。

心得ている方の手元を見ると、「おぉ、ハンドリングだ」と惹きつけられることがあります。
道具って使い方次第なのだとつくづく思います。

うわっ、くまこさん!

ご覧のようにパピィもわたしも元気で~す。v-291

集団の場でのセラピー活動で、現場が大らかなので
活動しながら成長しましょうってことで、訓練会は長い休憩タイムです。(^_^;)

エディのリハビリって、ヘルニアがあったけ~?と考えていたのですよ。(笑)
いつだったか、「NO」でエディが吠え止むことがあったでしょ?
じつは、くまこさんの思惑があってのことなんだろうなと見ていたのでした。
そういうことだったのかとブログを見て、こっそり応援してましたよ。
それに、ますみさんカッコ良すぎだし。

チョーク?
気にしなくてもいいと思います。ますみさんの手ほどきでは問題ないと思いますよ。
って、素人がえらそうに言うんかい?(笑)
変わってきているエディを見て、くまこさんも実感しているでしょ?
もっともっと笑い顔が増えますように。



お礼♪

ますみさんのブログについてこちらで知り、
だいぶ読み進めてみました。
考え方を改める事ができ、いろいろ学べました。
私のブログでも紹介しようと思います。
いい情報を提供してくださり本当に感謝です!

小梅母~(^^)

ググーッと踏み込んでくる女性だよねぇ?
自分が優柔不断なせいか、ああいう女性、好みなんですよん。i-233

犬に対する考え方は、けっこう参考になると思います。
迎え入れた犬と楽しい生活ができればいい。
本当は、そんなシンプルなことなんですよね。

でも、ますみさんのブログや活動を見ていると、
男性的であって、女性でなければああまでできないかもしれないと思う面もあります。
だから、TOUGH LOVE!