アニバーサリーイヤー

終末期・死生観をテーマにするメルマガを購読している。
重そう?
でもって、なんかネクラっぽい?

どうでもいいことは置いといて~


12月8日は、ジョン・レノンの命日だそうです。
没後30年。
生誕70年だそうです。
節目の年にさまざまなイベントが催される。
それをアニバーサリーイヤーと呼ばれるのだそう。


そうか~
J・レノンが生きていたら70歳のおじいさん!
彼らしい暮らしを送っているレノンのニュースを見たかった気もするなあ。

30年前、わたしは新人だったのだ。
だから、レノンの射殺事件はショッキングだったんだよ。

レノンが射殺されたと臨時ニュースを聞いたのは
日勤を終えて仮眠から目を醒まし、
これから夜勤なのだなあとお疲労困憊の体にムチ打って
顔でも洗おうか~とラジオをつけたときに飛び込んで来た。

一瞬、何かのジョークかと思ったけれど
蘇生不可能の即死
DJの緊迫した声でどうやら本当らしいということだけは理解できた。
その後、哀悼の意を表したレノンの曲が流れていた。

仕事に向かうタクシーの中でもレノンの曲がラジオから聴こえてきた。

イマジン、ウーマン・・・。

申し送りが始まると言うのに、
不覚にも涙がこぼれて来た。

やっと産毛が取れて、何とかひとりで仕事をこなせるようになった新人。
(またしでかしたな!)
主任が思うのはそんなもんよね。そこで一言。

「何かやった?」
「さっきね、J・レノンが射殺されたってニュースが・・・
何でだか、すご~く泣けちゃうんだけど~。
J・レノンが死んじゃったんだよ。悲しいよ~。エーン、エン」
「あんた、そんなに好きだったの?」
「いや、そんなでもない。
そんなに知ってるわけでも、すごーい大ファンと言うわけじゃないけどさ……」

その後、主任に思いっきりバインダーで頭をひっ叩かれました。

「さっさと頭を切り替える!」
で、また叩かれたっけ。
「へっへへ~」

J・レノンの突然の訃報の涙とともに痛い思い出も蘇って来たよ。
見回りが終わっても泣けて来て……。
「ばーかっ!」
深夜だから、主任が声を殺して笑ってくれる。
「同年代のくせに、ビートルズに興味のない方が信じらんな~い」
またまた、主任に叩かれた若かりし頃のわたし。
あ~、いい時代だったなー。


わたしは長兄とは8歳も離れている。
そのせいか、ビートルズを小学生のときから聴いていた。

もうひとり兄がいたけれど、
次兄もレコードなんてわたしに触らせてくれなかった。
両方から相手にもされなかった。

でも、歳が離れているとけっこうラッキーなこともある。
男臭くなった兄たちは、小学生の妹よりずーっと帰宅が遅い。

わたしは、兄の部屋に忍びこんで
ビートルズのレコードを何度聞いたことか。

たまに見てはイケない雑誌が山になっていて
親にはナイショにしてやっても、こっそり一冊抜き出して
友だちに見せに持って行ったけど。(笑)

シー ラッジュウ イエー イエ~

とか

キャン バミィ ラ~~~ブ

意味もわからんで、よう歌いました。
子どもってかわええな~(笑)


自分が親になってから
中学生になった子どもがビートルズって何者?

などと、よく聞かれました。

英語の教材になったりするのですねぇ。
先生が工夫して親しめるように英語の歌を教材に使ったり。

ぱー子ちゃんの中学の英語の授業参観では
スティービーワンダーの歌もよく取り上げていたけれど
ビートルズの Hello, Goodbye

中学生が一所懸命に歌っているのって可愛いけれど
先生もいろんな思い出を持っているのでしょうか。
楽しそうだった。


J・レノンって反戦家のイメージもあるのだけど
わたしがレノンのことを知りたいなと思ったのが『mother』が出たとき。
後に、アメリカではこの曲が放送禁止となったようですが……。

アニバーサリーイヤーで聴きたかった曲のひとつを発見。
Happy Christmas (War Is Over)
レノンの人柄を垣間見たようなステキなコーラス。
曇りのない瞳で歌う子どもの姿って泣けるくらいに感動するんだよね。

もうじき、クリスマス

わたしには、もう来ないけどさー



コメント

非公開コメント

遠いその日

大学の1年生でした。
誰かが掲示板に小さな紙切れに手書きして貼ってあって。。。

うまく表現出来ないのですが、
その時自分の中で何かが弾けて終わったような気がしました。
遠方に就職したジョンの大ファンだった友人に電話したら、
その日は仕事が終わって寮に戻ってからも延々と泣き続けたそうです。
ぱぴっちさんの気持ち、すごくよくわかります。

私が一番好きな曲はイマジンです。
NYでテロが起きた時も
アメリカがイラクに空爆した時も
自分のホームページのTOPでイマジンのMIDIを流しました。
そのホームページも9年目の去年閉鎖しましたけどね。
反戦詩も数編UPしてあったのよ。。。

星宿さん

ビートルズ時代はジョージハリスンの顔が好きだったけど
解散後のJ・レノンは人間臭さが出てきて魅力的だなあって。

普段は意識しているわけじゃなかったけど
そのときの気持ちは
拠り所がなくなっちゃったような、迷子になったような……。

そう、わたしも星宿さんのお友だちと同じように
帰ってから、また泣いてた。(^^ゞ