バックパッカー

ちょっと寒いな~と思いながら夕方の犬お散歩。

たいていお散歩コースの決まっているワンちゃんたちが多いけど、
フェイント攻撃の得意な母さんは、犬の体の向きと反対へ行くのだ。

きょうは遊歩道コース。
梅の花が満開になってきて、地面近くに植えられている
小さな花も開き始めている。
もう少し暖かいと、花を愛でながら歩けるってもんだ。

二年前までは、犬たちにはとってもいい環境でした。
ときどき市の駐車場になるのだけど、フェンスで囲まれている
運動広場は犬にとっても運動場でした。

でも、今は犬は立ち入り禁止。(笑)

しょうがないから、ひたすら歩くこと、歩くこと。

走ってる人の邪魔にならないようにと思いながらも
顔見知りに出会うとつい呼び込んで遊んだりする。

こういうときって、チワワンは調子いいんだな~。
あっちこっちで愛想ふりまいておやつまでもらってる。

向こうからボーダーコリーが見えたので
「ガン飛ばすんじゃねえよ~」
そう思いながらカウを座らせていたら声をかけられた。

ボーダーのリードをたどっていったら、
なーんと、娘の幼稚園の同級生のおかあさん。

お互いに「あれ、犬!」と大笑い。

だが、向こうはボーダーコリー。
小柄だけどかわいい。賢そうなお目目。
名前を聞いたら「小町」
マッチしない命名だけど、まあいいか。

そのうち、子どもの話になったのだが
大学生のおねえちゃんがバックパッカーやってると。
しかも、休学して。

妹も美人だけど、おねえちゃんもすごい美人さん。
小さい頃からお人形みたいな綺麗な顔で、そのまんま大きくなったような子。
頭もいいけど、バックパッカーをするような肝っ玉だっけ?
その冒険心はどっちの血だろ???
親は両方とも堅実でおとなしい人なのに。(笑)

驚いていたら
親のように生活のためにだけ働いて、
楽ができるかと思いきや、この社会状況。
自分がおとなになっても大差ないだろう。
結婚して子どもが出来たら、子どものためにとせっせと働く……。

ならば、今、やりたいこと、やれることは
若いうちにやっておこうと旅に出始めたと言う。
行った先の大学の先生の影響が大きいみたいだと。

すっごいなー。

驚きつつも、その通りだよ。
若いうちにバイトしながら、自分の荷物を持って
いろんなところを直に見る。
それって、すごく大切。

うーん、かっこいいなー。


思わず、あのちっちゃかったときのあの子の姿を思い浮かべた夕方。

じゃね、また犬と会うね~。
そう言って別れた後ろ姿を振り返ったら
やっぱり走るボーダーコリーはカッコいいの、小町ちゃん。目がハート

コメント

非公開コメント