かあさんの発散

おばあちゃんの所へ行く前に発散させてやろう!

そう思って、昨日はワックワク~

朝、出かけました。
って、最初からトリーブボールは予定していたことだったのだけれど。

ランに着くまでのクンクン歩きや小走りしたり
着いた所で飛び跳ねたり
カフェのおばさんに「ワン!」したり……。
それもパピィのお楽しみ~

「ワン!」は要らないことなのだけど、
どうも、パピィはあいさつのつもりでやっているみたいなのです。
あいさつなら、ふつ~に友だちにやってるようにしてくれればいいものを
へなちょこパピィでも男になってみたいときもあるのです。

かあさんは、番犬になりたがっているパピィを発見してから
ここへ来たときは、いつもこっそり一人賭けしてます。

う~む、カフェのおばさんとかあさんの魅力!?(笑)
「きょうはどっちが勝つか!」

ヤッター!

入り口の庭木を見ていた先生とカフェのおばさんがいたのをパピィより一秒先に見つけたので呼び込み~♪

きょうはかあさんの勝ち~
八百長なしです。

へへっ、じつはパピィは先生を発見してしまったので
まとわりついてしまって、カフェのおばさんに「ワン!」忘れてしまっただけ。^^;

ど~でもいいことでも遊んでしまうわたしってパピィとレベル変わんねーですわね。

先週は吹雪の中のレッスンで
いいところまで出来てきたので般化終わらせてしまいましょうと
複数のボールをひとつひとつゴールするまでやっていました。

でもね~、こんなの忘れるんじゃないかって思う。
今のところ、家じゃまったくやってないから。

「忘れてもぜーんぜんかまわないよ。でも、きょう覚えたことは体が記憶しているから、忘れていたら思い出させてあげればいいのだからね」

先生の肩の力の抜けるコトバに素直なかあさんは従いたくなります。
よって、いつも予習も復習もなし。従順っ
いつも何にもしないで遊びに来る感覚。
小学校の一年生みたいだね~

それでも、パピィが混乱するとクリッカーを0.5秒早く押して!
とか、消去をするときは3回続けると動作が止まるから3回めは「その行動でいいよ」の合図をバシっと入れて!
けっこう難題なことを言います。
「(おかあさん)今の、いいよ!
その一言のために、かあさん頑張れるのです。
ぱっちんの混乱した動作がおもしろいから。

先週はボールを運んで来たら、次のボールに回るまでの動作を覚えてくれたので、今回はボールをもっと押し出して、そのボールもゴールへ運ぶことが目標。

ボールに回っただけではクリックしないよ~。
さあ、パピィはどうする?

一押しでゴールに届けば、それはそれでいいのだけど。
大きなボールになると2押しか3押ししないと届かない。

パピィ、一個めの小さいボールは
「あれっ、鳴らない。じゃ、もう一回か」
って感じに2押ししているときにクリック。カチン!

「ああ、これね楽勝~」
わたしを見上げて瞳孔がキラッ

得意気に次から次へと回って押し出します。
続いて大きなボールも押しだす力を強めにしてまずまず。

では、ゴールに届いたボールはそのままゴールに置いて次に回るぞ~。

その途端にパピィの動きが止まりました。
いや、正確には、ゴールに運んだボールに執着して次のボールへ回ることをしない。

「こんなにやってるのに、何で鳴らさないの?」
見上げるパピィにすっとぼけていたかあさん。

数秒後、パピィはそれなら!と、
自分も立ち止まってすっとぼけてくれていました。(笑)

ヒントを出してあげようとトリーツをひとつあげてみたら
ランに遊びに来たセキレイに向かって走り出すぱっちんなのであった。
食い逃げっ。(^_^;)

やっぱり、般化は苦手なぱっちん。
頭がいっぱいいっぱいな様子。

教室で算数の問題を当てられて
顔がどよ~んとして来て、「わかりません」が言えずにどんどん困って来る一年生坊主みたいな表情。(笑)
昨日は転位行動前のパピィの表情をしかと見届けてあげました。
「ぶぶぶーっ!」思わず吹き出しましたけど。


「犬っていうのは、数秒、コンマ数秒単位で変わっていくから、犬から見ると人間てなんてゆっくりな時間を過ごしてるんだろうって思っているかもしれない」
先生がいつか言ってたことを思い出しました。

今まではパピィの変わる瞬間の表情を見逃していたのです。
昨日は、それまでと違ってかあさんにも余裕がありました。
自分でも心の余裕を感じました。

力を使い果たすかもしれない寸前の無防備な顔
ぱっちん、フヌケ顔見たり~

犬というのは時間がないのだ。
人間のように器用に力を抜いて~とはいきませんなんだね。
だから、けなげに見えるのかな。

ま、これも休憩を入れてやると
すぐに活力を取り戻すところは人間には及ばない。
人間はいつまでも感情を引きずるからね~。

な~に言ってんだか~のかあさ~んですけど。

パピィの発散になるかと思っていたのに、
混乱顔やとぼけるパピィをしかと見れて大笑いできて
すごい発散したなあ、わたし。

取り立てて何かスゴイことが出来るわけでもないのに
訪問に行くとそれなりに喜んではもらえる気配はしていたのだけど……。
何気ない仕草に笑えてしまうのは、
自分の感情(気分)の発散にもなっているのかもしれないな。
声を出して笑った後って、なんだかちょっと元気になれるもんね。

カウちゃんの訪問デビューもお預けになりましたが、
お年寄りの気分に近づいた訪問ができるといいな。
そんなことも思う余裕があったのですよーん。

そのために、おばーちゃん!
買い物しまくれるくらいにしっかりと回復してねーん。

休憩を取ると、パピィは混乱が整理されます。

「ザンネンだが、それじゃねぇーし」
「ん?これだな!」
と、正解してくれるようになります。

そこまで来て、昨日はとうとうcue入れしました!
次のボールへ回るときの一個だけだけど。
ほんとは、迷わないで回る行動もうちょいだったのですが、
止まらずに動けるし、ダンスの指示出しで慣れてるだろうから入れてみましょーと。

わたしとしては思いがけないタイミングだったので、
結局、コマンドは「チェンジ」に緊急決定。

そのコマンド使ってたんだけど……。
あれは「クロスーチェンジ」の一式にしてしまえばいいかと
その場でとっさに判断。(^_^;)

最初はヒントのとコマンド「チェンジ」を言ってたら「声だけ」と先生。
いいね~の「そう!」もコマンド覚えるまではない方がわかりやすいそう。
「チェンジ」だけでパピィはやってくれるのか?
がんばれよ~!

そんな思いが湧き出るもんだから
「チェンジッ」「チェーンジ」「チェンジ~」
ひとつのコトバにいろいろ表情が出てしまいました。

「犬にひとつのコトバを教えるとき、初めてのことは、マニュアル通りに沿って教えてあげたほうが覚えやすい。マクドナルドの店員は16歳でもできるでしょ?
マニュアルがあれば16歳でも40歳でも出来る。
何処へ行っても対応が同じだって言うのは、マニュアルがあるから。
それも受け取り方によってはいろいろだけど、覚えるまでは原則があれば16歳でも出来ちゃう。
だから、チェンジはパピィちゃんの行動に確実性が出るまではアレンジしませ~ん!

ダンスの場合は手が誘導やそのままシグナルになるけれど、手も要らない。
まずは、そのチェンジがどんな意味があるか、パピィちゃんはどう動くのか?ってことを考えてもらうんだからね。
現に、パピィちゃんはおかあさんが声を出した途端にまた違うゲームなのかって顔したでしょ?」

へっへへ~、うん。
その後は、パピィの動きがスムーズになるまで基本に忠実にやりましたとさ。

コマンドを入れるプロセスを体感した時間でした。
何気なく使ってた「指示コトバ」を意識した瞬間でもあった。
あぁ、反省材料がまたゴマンと浮かんで来た~。(笑)

休憩中に、またまたおもしろかったことを発見。
わたしはクリッカーも携帯左打ちで、先生はその逆。
だから、先生がわたしに同方向で説明するときはわたしと左右対称になってしまう。
「パピィちゃん、般化が苦手だから混乱するよ~。
おかあさんがクリッカーを右に持っただけでも動きが止まるかもしれないよ」

クリッカーを右に持ってみました。
必然的にトリーツは左手。
これは右手からも左手からもオッケー。
おやつはどっちの手でも般化良好!(笑)

ところが、
わたしが立つ方向をいつもの逆にしてみたら
ぱっちんは、わたしの前に立ってケツ向けまーす。

「こっち向くのだよー」で向かせてもボールを押そうとするのはわたしのいる反対方向。
そう、さっきまでのゴールの所へ持って行こうと必死になっています。

わたしの方へ回るのじゃなくてボールの向こう側!
わたしの足元に回って来ないように足でガードしたら
足が邪魔~ってガジガジ。(/_;)

「Aで出来ても、BでもCでもDからでも出来なければ出来たとは言わないよ」
そう言われたパピートレーニングのことが思い出されて
一人で大ウケしてクスクス笑っちゃった。

犬は完ぺきだとか完全ってあり得ないと思った方がいいかもね。
いつでも同じようには出来ないのが犬なのです。

犬に般化させるっていうのは、
ひょっとしたら永遠の課題なのかもしれません。

だって、お互いに変わり続ける生き物なんだしねぇ。

こんなに出来ないのか!
と思うよりも、戸惑うぱっちんがおかしくってすごい発散(大笑い)の日であった。チャンチャン~♪


コメント

非公開コメント

だよね~v-390

「忘れてもぜーんぜんかまわないよ。でも、きょう覚えたことは体が記憶しているから、忘れていたら思い出させてあげればいいのだからね」

「休憩を入れてやるとすぐに活力を取り戻す」

今の私には、ずっしりと心に響く言葉でした。

自分のアセリだけで突っ走っていたみたいです。

勉強になりましたv-290


おばあちゃん パワーアップしそうだね

きなもっちさん

焦らせることってよくありますよねぇ。
「今、これだけやれーっ」って、トゲ付きコマンド出したり。v-290

何の変哲もないゲームなのですけどパピィが理解して行く過程や理解力がよ~く見えます。
「あいつ、あったまわりぃ~」v-411
でも、それだからこそ、どうやったらわかるかな?みたいなことがおもしろいんです。

短い練習と長めの休憩を繰り返して行くうちに、
パピィは「もっと、もっとー!」みたいになって来ます。
これってオペラントがしっかりと染み着いているからなのだろうとも思います。

カウは「良いことが起こるv-343」の認識が不足しているので
意欲も不足してるなーっていうのも自覚せざるを得ません。(^^ゞ

おばーちゃんは・・・
ぁ~、もう、好きにしてもらいます。(笑)

こんばんは♪
コメ&ご訪問ありがとうございました。

ワンコの学校みたいのに通っているのでしょうか?
練習…訓練かな?お疲れ様です。
楽しんでできるのが一番良いですね。

我が家の野生児とは大違いです。

ふわころ本舗さん

バランスボールくらいの柔らかくて大きなボールを転がすレッスンに行ってるんですよ♪
犬のボケ防止と老若男女と転がしながら遊べるかも~などと目論んではいたのですけど、
なかなか思うように、さっさと覚えてくれません。(笑)
家とは違う顔がいろいろ出て来るので楽しいですよ~

うちも基本は野性児なんです。
今、昼間は時間がとれないので比較的汚れません。(^^ゞ
普段はおみやげどっさり、ドロッドロになって走りまわってま~す。
でも、パピヨンはラブになれず!?
ルートくんには及ばないな~v-290