卒業

長男は中学の卒業が近づいてきた頃、
わたしの尾崎豊のCDをこっそりくすんで行って
「俺の気持ちを代弁してくれてる」と生意気なことを言ってた。
「お前は支配されてるんかい?
頼むから窓ガラス割るなよ!バイク盗むなよ」
思わず突っ込んだ8年前。(笑)

昨日は娘の卒業式でした。
式の後、父母会主催のお祝の会、その後は部活の謝恩会があるので
朝から家を空けて帰ってきたのは夜

ひとつひとつの行事に親が関わっていけること(おっかけとも言う)
は、高校を卒業したらそうそうないかもしれない。
そう考えると、きっと感激の涙~たらーっ(汗)だよねえ?

多少の期待(笑)を持って臨んだ式でした。

が、意に反して
何というか、明るい卒業式って印象。
体が大きくなった分イッパイイッパイじゃないのかもしれない。
やっぱり、おとなになってきたのかな。
この学校、部活も活発なので
それなりに打ち込むものがあったせいもあったのだろう。
まだ進路確定していない子どももいる。
希望通りにはいかなかった子もいる。
けれど、友との別れの寂しさよりも、
その胸の中は明日への希望に満ちているような表情を見せてくれていた。と、思う。

まだ式は始まったばかりだと言うのに、先生はもう涙。
必死に声の震えを抑えながら生徒の名を読んでいる先生に
ついつい、教室で起こったであろう交流に思いを馳せてしまった。


二年生の送辞の後に三年生の答辞を聞くと、一年の差はこんなにも
大きいものなのかと感じ入る。
退学してしまった友人のことから、自分の後悔の念を取り入れて
自分と言うもののちっぽけな存在を認め、そこから
自分がこれから何ができるのかということを
周囲への感謝を入り交ぜて読んでくれた。
その子(仲間)の心理描写のよくわかる答辞でした。


来賓も系列の大学の関連した学校や地域からが多く、
昨今の社会情勢を反映していたように思う。


その後、父母会の会長さんの祝辞。
じつは、娘の部活のお父さんで、
娘が入学して部活に入ったおかげですっかり吹奏楽部のファンに
なってしまったと聞いている。楽しいパパなのだ。

「ぼくは、この歌を聴いたときに、あ~、そうだよね!
って納得、共感、感動したんです。はなむけの言葉を自分が述べる
よりは、ぜひ、吹奏楽部の歌を聴いてください。それが贈る言葉です。
壇上から突然ですがK先生、部員のみなさん、お願いします」

謝恩会でやるのだと思っていたけど、まさか!
しかし、先生は動じない。にっこりと淡々。
あわてたのは、にわかシンガーズ。
バタバタバタ~と会場を回って手話つきで卒業生とその親御さんに
歌ってくれました。


先生が作詞したとかで、代々歌い継がれていると聞いた。
思春期の葛藤や思い悩む心におとなはエールを贈ることしか
できない。そんな思いをていねいにあらわしているなあと
はじめて聴いたときに心が震えたことを覚えている。

一年生と二年生。そして、三年生、親御さんが聴くのでは交差する
思いが違うから、それぞれの感慨にふけったことだろう。

会長さんは、壇上で手話つきで率先して歌ってました。(笑)
会長さんに敬意を表して以下に書き留めておきましょう。
教え子たちはずーっと歌ってくれるけれど、親も忘れずに。


人は空より高い心を持っている
どんな空よりも高い心を持っている
だからもう駄目だなんてあきらめないで
涙を拭いて歌ってごらん
君の心よ高くなれ
空より高く高くなれ

人は海より深い心を持っている
どんな海よりも深い心を持っている
だからもう嫌だなんて背を向けないで
見つめてごらん信じてごらん
君の心よ深くなれ
海より深く深くなれ

だからもう駄目だなんてあきらめないで
涙を拭いて歌ってごらん
君の心よ広くなれ
空より広く広くなれ 

君の心よ強くなれ
海より強く強くなれ 


その後の部活の謝恩会では
ずーっと前から準備してくれた役員さんらのおかげで
和やかで楽しい3時間を過ごせました。
「さびしいねー」と言いつつ、笑う親たち。(笑)


顧問の子どもへのまなざしや、子どもたちが先生やコーチ、
その他の協力者への確固たる信頼関係を築きあげた経過に
親も満足できたのではないでしょうか。


それから、顧問が一期生のために作った歌を
その後24年封印していたのだけど、その歌を25期生に捧げる。
そう言って先生は歌ってくれたのでした。

音楽っていいなとつくづく思う。
余計な言葉なんていらない。

そして、先生は照れ隠しに言う。

「ひとつだけ言うよ。
って、また、最後の追い出しのときには、もっと言います。(笑)

絶対に自らの命を絶つことだけはするな。
ぼくも健康で生きていきます」

そう言って、定演のときのように、ひとりひとりを抱きしめてお開き。

娘が帰ってきてから
「今までありがとう。今日は本当にありがとうございました」
と丁寧なお礼を言われました。
これも、先生がいたからこその言葉なんですね。
「こちらこそ、感謝しております」


親たちもお疲れさま~
高校卒業後の方が心配事が出てくるような気がするんだけど……。(笑)

追い出しコンパでは、例年先輩たちが
「エェーッ!!!」ってくらいにオメカシしてくるそう。
ホドホドにね~。
まだ未成年ですからっ。(笑)

コメント

非公開コメント