思いは見えないけれど

「思いやりは誰にでも見える」

この六日間、おそらく日本中の多くがテレビから目が離せないでいるのだろう。


三日くらい前から?
コマーシャルのなかった番組にCMが復活し出した。
政府の広報なのかと思ったらACのコマーシャルだった。

「いいこと言うわ」
つい、テレビに目が行ってしまう。

「心は誰にも見えないけれど、心遣いは見える」
「思いは見えないけれど、思いやりは誰にでも見える」

現地で救助、救援に係わっている人々のことを思うと
重なって、つい涙がこぼれて来るもんね。

ああ、そうなんだよね。
例えば、この甚大な災害で心を痛めている人や
傷ついている動物にも、ちゃんと思いやりが見えているはず。

人間て、やっぱりいいもんだなあ。
そんなことを思って、ジーンとしていた。


住居地の役所の生活情報のメール配信を見ても
計画停電についても混乱が起こらないようにきめ細やかな気遣いのメールを
日に何度も配信してくれている。

それなのに・・・
言いたくはないけど、食料や日用品の買いだめに走る人々。
まさかと疑ったけれどホントだった。

スーパーも煽ってるんかい?

「何時には閉店します」だとか「後は入荷の予定はありません」
アナウンスをしているらしい。
そんなんしたら、意地でも買い占めようとする人が出てくるに決まってるやん。

夕方、鼻炎薬を買ってこようとドラッグストアに行ったら、どっひゃーん!
「本日は閉店しました」

何となく、薄々は感じていたから
しゃあねえや~と思ってコンビニ行ったら
子どものお店屋さんごっこみたいな品数やん。

何もコンビニまで買いあさらなくてもねぇ。

思わず、笑ってしもうたわぃ。
でも、笑ったら店員さんに失礼だわ。

お握りに入れるコンブだけ買えた!

食料買い置きしないわが家の一昨日の団らんはおにぎりだけっ。
昨日はすいとんにしてしまったし。

でも、文句も言わないでくれて

……家族の気遣いが見えました。
思いやりが見えました。

食事が質素になっても

まだ、うちは暖をとれる。
水が飲める。
風呂に入れる。
洗濯できる。
テレビも見れる。
ベッドで眠れる。


本来の人間は良心を持っているもの。
そして、たくましい。
わが家よ、たくましくいくのだぜ~!

と、言いつつ、お米があと一週間分くらいしかないよ。
小麦粉は昨日使い果たしたけど。
おっ、強力粉が残ってるからチーズのせピザはできるやん。



被災者の悲しみにはとうてい及ばないけれど
被災しなかった人々の心も悲しみでいっぱいになっている。

ここ数日、わが家も元気が出なかった。
そのせいか、パピィもカウもますます静かなお留守番。

パピィはみんなが帰ってきたときは声は出せてたけど、
カウなんて、いつもどこにいるのだろうって探してしまうくらい。

夕方は久しぶりにボール遊びを思いっきりしてあげました。
静かにばかりもしてられないよね。
パピィはベロ出しながら大喜び。

この状況では、哀しいことに何も出来ない人々の方が多いのだ。
鬱ウツしていても事態は変わらない。
今、できることは情報に惑わされないことと、節電に努めること。
それに健康でいること。

被災地の人々へは、今のわが家ができることは、復興のための義援金の形でしかできない。

でも、「日本中のひとりが一円づつだせば一億円になる」
なんだよね~。

とーさんは、昔の友だちに強引に誘われて
地元の若者のチャリティーコンサートに連れだされていました。

ヨン様は、いつも真っ先に援助を申し出ているような気がする。
宮城沖地震のときもそうだった。

さすが、ヨン様だわ~なんて思っていたら、
日本や海外のアーティストやスポーツ界の人たちが
義援金の呼びかけや援助の申し出をしているし。
レディーガガ様も!
これって、若者たちにもとても影響を与えていくのでしょう。

世界中が日本を見守っていることがよくわかります。

行方不明者や亡くなった方も多いけれど
孤立していた人たちも続々と救助されてきています。
人間の命ってはかないけれど、生命力は強い。そして、あたたかい。

あらためて、東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方、被災者の方には
心からお悔やみとお見舞い申し上げます。

救護の人手も足りないのもわかりすぎるくらいに伝わってきます。
原発の爆発など、問題は余りある状況。
どうか、今を乗り越えてください。
現地で救助や作業にあたっている方々もケガや健康を崩されないようにしてほしいなと願っています。

 

昨夜は静岡が震源地の大きな地震がありました。
こちらもけっこう揺れました。
大きな被害になっていないといいのですが。

コメント

非公開コメント