LA.TATAN舎の蟹江さん

3人の子どもが通った幼稚園の頃からの母親同士の付き合いがいまだに続いています。
幼稚園の母親のつながり「はこべの会」という名称をつけて
バザーや文集を作ったりしていました。
育児に自信が持てずにいた頃に園長先生に励まされ、勇気づけられて過ごしました。
そして、卒園する頃には
それぞれが母親として成長できたことを実感していました。

その後は、今度は何らかの形で園長先生をわたしたちが支えて行こう。
卒園年度が違っても、子どもが卒園したらみんな仲間。
嬉しいこと、楽しいこと、悲しいことを共有していこう。

そんな思いでつながりが続いていたのです。
バザーの収益などでずいぶんと会費も残っていました。

3月の末には、園長先生の引退をひとつの節目にして
会費を使ってみんなで会食する準備をしていました。

ところが、誰も想像もすることも出来ないような大きな被害を残した
東日本大震災の直後ではワイワイと会食することもためらわれます。
その分を義援金として寄付することになりました。

そして、LA.TATAN舎の蟹江杏さん を紹介されました。

蟹江さんはプロのアーティストです。
ライフワークとしてライブペインティングを通じて、各地の子ども達に表現する楽しさを伝えているのだそうです。
今回の震災で大きなショックを受けた相馬市の子どもたちに
絵本を見たり、絵を描くことで支援をしていこうと相馬市の教育委員会と
きめ細やかな打合せを通じて支援をしていこうと思い立ったようです。

画材や絵本の提供をいただけるようでしたら
ぜひ、ご協力をお願いしたいと思います。


以下、ブログのメッセージより

 
版画や絵本の仕事をしているLATATAN舎蟹江 杏です。
今回の被災地福島県相馬市の教育委員会 佐藤史生さんとはじまった
「被災地の子供達に絵本と画材を!」運動です。
今は、水と食料、毛布が何より優先的に必要です。
しかし、しばらくすると子供達の精神的ケアが必ず必要になります。
その時のために、今から、絵本と画材を集めたいのです。

多くのお問い合わせや、株式会社TOO様・紙の温度様など企業の応援も決まりました。
けれど、神戸の震災の反省をふまえ、
本当 に被災地の方が望むものだけを現地の教育委員会と児童心理カウンセラーと話し合い送る予定です。
そのためいくつかのお約束をきめました。
沢山のお問い合わせが私に届いています。
ありがとうございます。
いろいろ送ってあげたいお気持ちはみんな同じですが、
あれもこれもだと、物量も増えてしまい送ることができません。
そこでいくつかお約束事を決めさせていただきました。

1  画材と絵本のみ(いずれも児童向け)を受け付けます。

2  水を使う画材(絵の具など)は受け付けません。

3  かならず お名前、ご住所、連絡先を明記してください。

4  メッセージ お手紙は受け付けます。

5  不適切とこちらが判断したものや、連絡先がないものは、廃棄させていただく可能性があります。

6  送料はこちらが出せません。着払いでのご郵送は控えてください。


何とぞご理解いただきたいです。よろしくお願いいたします。
被災地子供達の為に一緒にできることを、冷静にたんたんとがんばりましょう。

(窓口)
蟹江杏  LA.TATAN舎
東京都日野市石田435
FAX:03-3886-5515

【送り先】
 〒191-0021
  東京都日野市石田435
  T.F.C株式会社内  災害ボランティア係

何とぞよろしくお願いいたします!





ご協力できる方は、よろしくお願いします。

尚、この活動は継続的な子どもへの支援となるので
画材や絵本の受付期限は設けないとのことです。

ひとりで段ボール一箱分を集めるというのではなくても
絵本を数冊とか、クレパスをいくつかというのでも良さそうです。
何かの折に気にかけていただけたらと思います。

子どもが小学生のときは『読み聞かせ』に行ってたこともあったので
久しぶりに絵本売り場をのぞいてみました。
いっぱいあって迷いましたが、うんことおならの絵本を買ってみました。
ひんしゅく買うのだろうか……。
ま、子どもの様子を見て図書館に置いてもらえるでしょう。

コメント

非公開コメント

「うんことおなら」は重要なことです( ´艸`)ムププ

小さい頃って、気にするじゃないですか!
まぁ、大人になっても、気になるけどΣ(ノ∀`*)ペチン
重要な参考になる本だと思います。

私も絵を描くことが好きなので、使ってない色鉛筆など、考えてみようかな。

子供もペットも皆同じ。
地震や津波は怖いって解っても、実際は何で遊んでもらえないのか?など分からないですもんね。
私は子供は生んだことありませんが、11歳離れた弟がいるのです。
なので、子供は嫌いではありません。
イラッとすることはありましたけどΣ(ノ∀`*)ペチン

ペットや、子供には、可哀想な思いはさせたくありませんね。

+HAЙA+さん

これからの生活をどうしていこうかと悩まされている大人の傍で
何となく大騒ぎしちゃいけないなとガマンしてるんでしょうね。

子どもも傷つき、堪えているのだろうなと思うと
長い目で連携をとってサポートして行くべきですね。
絵を描くことや絵本から爆発しそうな心を解放してあげたいなと思います。

子どもって派手な使い方をするから
少しばかりでもコンスタントに送ってあげれたらなあと。


「うんことおなら」も重要ですよね。
喜ぶ子はいると思う。たぶん。身近だし~(笑)

年の離れた弟さんですね!
友人も17歳違いの弟を連れて歩いていましたよ。
親戚の子にしか見えなくって。
「高校生のときに親に子どもが出来たと聞かされて……」
「どう思った?」
「不良になってやるー!って思った。
でも、世話押し付けられるし、不良になる暇なかったよー」
大爆笑~

子どもやペットには安心、安全を保障してあげたい。
可愛がられた分、表情豊かになりますね。

+HAЙA+さんの『Й』
どうやって打つのかと思っていたら、IMEパッドに入ってた。
キリル文字って言うのですね。ふむふむ。。。