がんばったのでち

カウのことを「チンピラ」だとか「ガン飛ばし野郎」などと言ってたんだけど、いちおう訪問に出るようになった。

長い目でゆっくり育てて行こうね、などと暖かい言葉もかけてもらえる。
犬に慣れてくれば、吠えないでもいられるようにもなるとも言ってもらえる。

ホントにそれでいいのかよ。

カウの場合は、よくある『吠え癖』って感じじゃない。
だいたい吠えるシチュエーションはあるのだが、
吠える予測がつかないこともある。
言わば『突発性吠え症候群』

カウを知っている協会関係者は
カウがギャンギャンしていると苦笑しながらも
「だいぶ良くなったかな~。もうちょいだから吠える犬に寄らせるな」
などと乱暴なことも言う。(笑)

他の犬が何かしているのを邪魔してしまうのは心苦しい。
けれど、わたしの望みはじつにシンプルなんだよ。

「ケンカ買うなよ」「ガン飛ばすなよ」「ここでじっとしてろ」
突発性吠え症候群が顔を出すこともなく
飼い主も余計な神経を使わないで散歩のときに
普通に、平静に、緊張することなく通り過ぎること。

勢いで訪問犬にしてしまったけれど、
カウはスポーツが出来なくても、ダンスもできなくてもいい。
散歩のときにわたしにストレスを与えないでおくれ!
それが願いだったの。

カウちゃんへの要望は突発性吠え症候群の芽をつぶせ!
これひとつに絞ってた。(笑)

パピィのドッグダンスレッスンのときにビビるバリケンストリート
あのバリケンの中からチョロチョロ動くパピィをガン見する犬
出せ出せーとシャカシャカする犬
おまけにSトレーナーのパートナー犬はでっかい黒ラブ
ボーダーコリーに黒柴……

カウにはバッチリの環境じゃん!

「ひとまず、パピィのダンスは休憩してヤクザなチワワを先に~」
などと言ってたのです。
そんな話をしてからひと月も経ってしまって、
カウを観察しながら散歩するようになったら変化が。

カウの方からわたしを見ながら歩くことが増えた!

考えてみると、カウって呼べば止まるけれど外に出たときって
まずアイコンタクトをしなかった。


ま、見てくれる分には悪いことではないから。
わたしに注目することが増えれば
危険回避の対策もじゅうぶん間に会う。ガン飛ばしのね。(笑)

以前はリードの根元を踏みつけて自由を奪っていたつもりだったのだけど
このところはそれも必要なし。
この調子で地道にとも思った。

でも、カウのことはイマイチ信用できなくて(笑)
すまん、カウちゃん!

Sトレーナーは出張と言ってましたが
どうせ一回じゃすまないだろうからと他のトレーナーさんに
解決の糸口を見てもらいに行ってきました。

カウは初めての場所でも物怖じしません。
入る前に他人のトイレでチッコもウンチもしてたし。

「問題犬来ました!」
カレーを食べてる谷藤トレーナーが足元にいるちっこい犬を見て吹き出してました。
「食べる?」
そんな甘いこと言ったら行くに決まってるやん。
「何、このなつっこさは~。
へ~、カウちゃんはダンスしないの?
はい、バックバック~」
谷藤トレーナーに迫られたカウちゃん。
はじめてバックできたぁ!

時間まで受講生さんと機嫌良く遊んだりしてて
問題行動が表出するのか心配して待ってた。

来るときに「あ!」と思ったこと。
目的のない散歩のとき、パピィはあっちでふらふらこっちでふらふら~っと
匂い嗅ぎに夢中になるのだけれど、カウは匂い嗅ぎをしなくて楽と言えば楽。

でも、そのときは前しか見ないから
呼んでも振り返らないことが多かった。

それが、この頃はパピィと一緒に匂い嗅ぎをすることが増えた。
パピィがクンクンしているとカウも止まって嗅いでいる。
歩きながら鼻を使っていることもあるような……。

これって、以前はイッパイイッパイすぎてリラックスできなかっただけ???
力を抜けるようになったから顔を見れるようになったのかも。

そんなんしているうちに、黒柴さん登場!

吠えてくれました。(笑)
吠えているときに呼んでも無駄な以前だったけれど
わたしの方を向いておやつをあげてから
もう一回黒柴さんを見てもシーン。

ボーダーコリーにガン見されてギャンギャン向かって行こうとする場面もあったので問題行動の説得力を見せることが出来ました。
「で、油断してリードが緩んでいたりするとその犬の回りをグルグル回りながら吠えてる~」
谷藤トレーナー「ボーダーコリーと一緒やん!(笑)」

レクチャーは多田トレーナーと行いました。
突進してしまうときの体の固定の仕方を聞いてから
受講生さんに協力してもらって
いろんな犬ですれ違ってもらったり、近くで動いてもらったり……。

カウちゃんったら
アイコンタクトをしっかりとってヒールで歩くので吠えもせず、
ガン飛ばしに行きもせず。
保険でリードを短めに持っていたけれど保険使わなかった。(笑)

馴れちゃったのもあるかもしれないからと
外でも受講生さんが犬を連れてすれ違ったり
疾風のように横切ってくれました。
これには人間の方がドキッとしたけれど、カウちゃんは普通の分別のある犬だった。(^^ゞ

「外でも大丈夫そうねー」
「んん~、こんなんじゃなかったんだよ~。
道を歩くのが恥ずかしくなるくらいに激しかったのに。
しばらく、いろんな犬のいる所を通ってみよう」

協力してくれたボーダーさんにも
「攻撃的な所が出なくなったね」

君たち、似たようなことしてたのねん。
紆余曲折してきたのよねん。

信じられないことに、カウちゃんはビビることもなく平然と歩けていました。
言い過ぎだけど、落ち着いたカウちゃんは初めてだったかも。
吠えてもいいの。
狂い吠えにしないでやめれたら許容範囲。

しばらく、経過観察だよ。
前科のあるヤツはすぐには信用されないのだ。

「ばくはがんばったのでち!」 


ぼーっとした顔して言うんかい。

コメント

非公開コメント

カウちゃん。。。ちびっとネコかぶった?

「酷くて困るの~ 何とかして~」と言った手前さ
暴れろ! 噛みつけ!いつも家でしている様にしろ!と心の中で叫んでも

「ゆずちゃんのどこに?問題あるんですか~」と何度尋ねられた事か
私の空まわりでしたかーv-388 とヒヤ汗何度垂らしたか(苦笑)

ワンコもさぁ~ 絶対 外面があるよね

その外面の良さを維持して頂きましょうかねe-266

カウちゃんの顔からガン飛ばしは想像つかないよv-411
「カウは怖いでち!」でオドオドが‘ガン飛ばし’と言う形で出ているんだわ~

きなもっちさん

ゆず先生のは女子力かもしれませんよ!(笑)
カウは余裕はないけど演技派ですから~ 

受講生さんたちもカウのフレンドリーさを見て「何が問題?」と言ってましたが

ま~、百聞は一見にしかず
・・・ボーダーコリーさんを衝立ごしに見せたら「ギャンギャン」
大笑いで納得されました。(^_^;)

前はカウが吠えてるときは飼い主の呼ぶ声は耳に入らなかったような感じだったのが
見るようになったから、今がチャンスかと。

怖いなら怖いなりにうしろに引っ込んでくれればいいのに
前傾して向かっていきたがる。(~_~;)
でも、きょうは夕方11頭に遭遇して「ギャン」は2回だけ!
信号待ちでゴールデンとチョコラブに先に威嚇されましたが間に会ったぁ。

体を押さえてあげるだけで外面がとってもよくなったカウちゃん
よしよし、この調子~i-233
 
最後に会ったボクサーみたいな顔した巨体のラブちゃんは
チャリ走やめて隣に来てくれて練習相手になってくれました。i-179

いっぱい犬がいる所で
ガウらないように練習させたいけど
村の犬ほとんどがガウり犬だしなぁ。。。。

我が苦悩は続くのであります。

ちっこい犬ってムックのまわりを
グルグル飛び回りながらギャン吼えします。
これも村中の小型犬ほとんど。
でもムック、なぜか吼えないし怒らない。
好きみたいです、小型犬。
中型や大型も好きになればいいのに(-_-)


昨日ね、東京行きました。
姪っ子の結婚式で日本橋まで。
暑いくらいでしたね。
結婚式よりも浅草寺や隅田川付近で遊びたかった。。。
横目で見ながら通り過ぎました(i_i)

星宿さん

日曜日は東京だったのですか!
結婚式じゃ暑かったでしょ。
カウも早めに着いたから多摩川に下りてるうちに「入る?」なんちって。v-291

バカ吠えされて「へっへへ~」と笑ってすまされるときはいいけど
ときに、冷たい視線のときはニンゲンやめたくなくくらいに凹むんだ・・・。

やっぱりチビどもは回りながら吠えてますか?
うちの近所じゃカウしかいないから「また、やったーっ!!」
ギャラリーに大喜びされちゃって。^^;

散歩のときにガンガン飼い主を引っ張ったり
フレキシを使っている犬とは、こっそりでも練習はしません。
たいてい飼い主が抑えられないくらいに激しいワンちゃんが多いから。

でも、ガウリ~が多い村だったら選択肢がないのか…?^^;

受講生さんとそれなりのワンちゃんに協力してもらったので
「テリア系のガンガン走ってくるような犬も苦手かも~」とか。

バリエーション増やしてもらえて
予測のつかないことが起こっても対処ができるからこっちも安心でした。

ちょっと自信がついたような顔のカウかも。
ひいき目?(笑)

カウちゃん慣れてきたんですね~。
やっぱり日常的に苦手なものと触れ合わせることが大事なんですね。


…エディに近寄ってきてくれる人は少ないからなぁ(;^_^A
ロッタは逆に犬との挨拶が全くなってないので難しいです(苦笑)

くまこさん

カウは人に対するのと犬とでは
あまりにもギャップが大きすぎてこっちが恥ずかしくて外に出せなかった。^^;

しつこく!(笑)
以前は吠えなくても外ではわたしの声にも見向きもしないようなところがあったのが、わたしに用件伺いをするようになったからそろそろいい方向へいけるかな~と思ったの。

目標はますみさんみたく「ヘイ!カウ~♪」で
ハッv-399と止めてくれりゃぁいいのさ~。

> ロッタは逆に犬との挨拶が全くなってないので難しいです(苦笑)

アハハ~、わかる。
うちも犬に会ったときは、正反対です。
前に向かって行きたい犬に引っ張られ、逃げたい犬に後ろに引っ張られ…。

話しやすそうな人だと「ちょっと待って」と1頭をしばりつけて相手になってもらったりしちゃったり。
ずうずうしぃ?i-235
後ろから尾行してそーっと練習してみたり、外飼いの吠える犬の前を何度も通ってみたり。(笑)

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
カウちゃん、ガウガウしなかったのですねw
カウちゃん、頑張った(´∀`*)ネー

ボスもそうなってくれないかなぁ…(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
飼い主を噛むのも止めて欲しい…w
ボスの方がヤクザですよ|*゚ノロ゚)ヒソヒソ... 
あんなキカナイの私も初めてですw
だってね?テーブルの上に上がって、私の顔見ながらおしっこしたりするんですよ(爆)
酷いんですから…www

+HAЙA+さん

カウちゃん、がんばったよーi-179
でも、チンピラは油断大敵!
昨日はヤクザなトイプーさんにケンカ売られてました。
こらえるのに必死。^^;

ボスちゃん…
テーブルの上でチッコって

想像したら笑える。i-237
でも、あんなにちっちゃくって可憐な顔してやることスゴすぎっ。
これは、心底のボスさま!i-282

カウよ、お前は井の中の蛙だったのか!(爆)