ドッグトライアスロン

連日、パピィは引っ張り回されます。
昨日は袋に詰められて電車に乗ること1時間。(笑)
グループレッスンに行ってきました。

普段の生活の中に取り入れられる遊びが多いので楽しいし、
犬も大喜び。

昨日は大型犬チームが午前中に終わったらしく
参加犬はラブミックス1頭とやや大きなオーストラリアンケルビー。
その他は体の小さい犬4か月と5カ月のパピーちゃん。

オーストラリアンケルビーって牧羊犬なんだって。
飛び跳ねたり追いかけたり、破壊も、もちろん好き。
兄弟犬で絡み合っているとケンカしてると思ってか仲裁に入る。
その様は交通整理のおまわりさんか、
校門で服装チェックをする風紀係の先生みたい。(笑)

しかし、ミイラ取りがミイラ?
仲裁に行ったあげく、自分がいちばんはしゃいでしまって
楓(彼の名)ちゃんが走った後は溝ができてしまうんだ。

パピーちゃんがトリーツでお座りやフセを練習している
所へ行って、おまわりさんが先におやつをパクッ。

それを見ていたチビ犬の一団様。
「ギャンギャン、ワンワン」おまけに「こっちに来るなー」
ギャラリーは大賑わい。

パピィ?
大型犬に吠えてくれる心強い犬友がいるので、
追いかけられなければ平気。
楓ちゃんが来ると吠え吠え隊長の傍にそっと寄り添うのです。
他力本願犬?(^'^)
パピィは楓ちゃんが近くに来ると
「おやつ食べる?あっちに行ってくれるんならね。いいよ~ぉ」
で、すっ飛んで離れて行って、木陰でハアハアします。

それでも、かーさん、意地悪だから楓ちゃんのお隣にいることが多い。
椅子に座って足ジャンプして先生を待っていると
いつも楓ちゃんが勝手にジャンプしてくれたりするから
パピィは安らぐ暇もないのです。(笑)

そのうち、ちっちゃかったミニシュナのパピーが
パピィより大きくなって、ここでも引いてたぱっちん。(笑)

グループレッスンって、
参観日みたいな賑やかさでおもしろいんですね。
「これが出来ないんだよねー」「そうそう、苦手」

そんな事を言っていると、先生が出来ない犬でデモしてくれる。
「得意そうじゃん」「しっかり出来るじゃん」

コマンドを教えていないときは
どこで声をかけたらいいか、どんな誘導していけばいいのか
他人や先生の手や視線をチェックチェック!

パピィが先走りそうになるスラロームを先生がデモしてくれました。
わたしの元に戻りそうになるときに呼ばれると
躊躇しつつも先生の顔を見る。
そのときにアイコンタクトと集中を持続させるコツが
ちょっとわかったような気配。
いちばん強化したいところだったので、マジマジと見つめたわ。


そんなこんなで、昨日はドッグトライアスロンの練習を
めいっぱいやったのでした。

ポイント毎に目印のコーンを置いてあるのだけど。
ポイントとポイントの間は犬と一緒に走るのです。

ポイントのところではいろいろと犬に指示します。

1 お座り フセ タテ フセ
2 右回りと左回り
3 お手おかわり
4 ローリング
5 足ジャンプ
6 コーナーからスラローム
7 お座り待て
8 呼び戻してお座り、首輪を持つ

一連の流れが途中で失敗したら、そこからやり直し。

そのタイムを競うのですが、忙しい。(笑)
オフリードなので焦ると犬が言うことを聞かないし、どっかへ行っちゃうし。

ガウガウの激しいさ中、4ヶ月のトイプーパピーちゃん。
最後のお座り待てが上手!
ママとパパが「はじめて待てができてる!」
大喜びして呼び戻す声をかけた。

ううううう、固まってました。
怖くてパパの懐まで遠すぎて飛び込んで行けない。
「おいで~」
それも、後ろ振り返ってママを見る。けど、ママの所にも来れない。
そしたら、パパが土下座してしまいました。
「こっちに来てつかぁさ~い」
何か面白いことしてるねぇ、パパ~ハート達(複数ハート)

ようやく、よちよち歩いて行きました。
めでたし、めでたし目がハート

こういうのってタイムを気にしたりしやすいけれど、
大事なことは、ひとつひとつのポーズを丁寧にやること。
わかっていながら、ついついヒートアップする飼い主たち。(笑)

パピィは割とテンポのある動作が好きなので
そこそこ良いタイムでした。

かーさんはトリーツのマグネット使いが上手と褒められちゃったよーん。
お座りフセタテフセとゴロ~ンの誘導のところ。
トリーツを持っていると、何度でもやってのけます。
もらえるのは、体力が切れた頃!?ケチンボ(笑)

パピーには、そろそろコマンドだけで動作する方向へ
移行したいところなんだけど。
怖い場所ではルアーで釣ってしまう。^^;


でも、二回目はその後のフライボールの
大型犬チームの気配がしたとたんフリーズ。

そこで、再起動!

したけど、尻尾さがっちゃって……。
犬とハンドラーの課題が明確になった一日。(笑)



コメント

非公開コメント