不安を取り除く

昨日は風が暴れまくった一日でした。
雨も降ってきて春の嵐

けど、朝は雨が降っていなかったので
土曜日恒例のトリーブボールのレッスンに行って来ました。
ええ、かれこれ1年半も続いています。

1年半も!

こう聞くと何やらすごいことしてるんじゃないかって思う?

う~ん、パピィって何かすごいかも~(笑)

他のワンちゃんがやってるのを見ていないから
レベルはどうであれ、
パピィにとってはけっこう難しい動作が多いスポーツです。
わたしにとってもなんだけどね。
あ、わたしが動かすのは口だけ。

1年前のパピィの勇姿!
puppy-4.jpg
「正解ならとっとと合図しろ!」
離れたところから飼い主をけしかけてます。(笑)

以前はパピィの「わかんねー」がわかんねーって感じで何日も経ってから
「・・・あれか!」だったけど

この頃は「おら、わかんねー」「ちっ」「黙ってろよ」
が、なんとな~くわかってきたよ。

だから、ぱっちんに強気で出れます。
何でこんな単純なことが出来ないんだぃ?

なんちってー。

犬を動かすことがこんなに難儀だったとは……
ボール追いかけたりダンスのときみたいに
行け行けどんどん~
ってやるのと勝手が違うような感じかなあ。

ついつい期待しすぎて
「そこだー!行けー!!」
力みすぎてオーバーリアクションしちゃうと
あいつも調子いいから
グルグル回ったりピョーンと跳んだりしてへロへロになっちゃうし

でも、1年半も続けていると
伝えたいことを伝えるって難しいんだな~が快感になりつつある。

自分で自分を追い詰めるのって、けっこう好きかも~

で、昨日は幸か不幸か風がびゅんびゅん
出かける支度をしているときは、温室育ちのぱっちんはやる気マンマン

雨が降ろうが雪が降ろうが
寒かろう、暑かろうがあんまり気にしないんだけど……。
風はどうも苦手らしい。

風で葉っぱが飛んでくる分には追いかけたりと流ちょうなことして遊べるけれど
突風が吹いて舞い上がったゴミが目の前に落ちたときには
ちっこチビリながら大泣きしてすっ飛んで逃げるか声を失ってフリーズするのが落ち。
大好きなボールを追いかけてる最中でも
ビニール袋でも飛んでこようものならあっという間に石像になってしまいます。

こんなヤツだから
家を出た途端に目をシバシバさせてブサイク極まりない顔で向かったのです。


只今、連続動作の習得中
すなわちボールが増える!

ひとつめをゴールに運んで、ふたつめ

「行けーっ」バビューンとはいきません。
わたしのように順応性に長けていればねぇ?(^_^;)

ウォームアップでひとつひとつの動作を確認しながら
正解を教えてあげていくわけです。
ただし、ここはパピィちゃんだから
同じところで何度もクリックしていると、次の動作まで消えてしまうという難が。

練習時間を短く
集中しているときに、上手くいってるときにやめる

競技会の訓練している人たちがよく言われることで
「そうかぁ」「なるほどね~」
納得するものの

ほど良く切り上げることができません。
だってね、

カウちゃんは抱き犬だから期待するものがパピィとは全然違う。
たまに何かしてると「おお、すごい!」と大らかに見てあげることができる。

でも、パピィは遊んでなんぼの犬なんだから
「やれる!」「まだまだ~」「もっと!」
オヤツ大好きだし~
いくらでも続けられる?

かくして、燃え尽き症候群は作られる。(笑)
パピィに「オレを自由にさせてくれー」と叫ばれても
わたしには彼に完全自由を与える自信はありません。

「きょうはトリーツバッグを置いて来ました!」
「おお~」

だいじょーぶ!
いろんな所から出せるも~ん

たかをくくっていたら
「手に持つオヤツの数を決めてください」

いっ?
黙ってれば良かった~
しかし、時遅し
「じゃ、5つで」
「はい、じゃあ5つ以内でひとつの練習をおしまいにします。
それから、突風が吹いてきたときも有無を言わずにおしまいにしますよ」

ときどき
5つのオヤツを握ってるうちにこっそりちぎって5つより増えてたけど
「おしまい!」
やめてるよ、やめてるよ。。。おしまいって言ったら終わりなんだよ。
飼い主、前半はまだ煩悩を捨てられません。(笑)

でも、終わってみると
後がないとわかるとこちらのイメージを浮かばせる時間が短くなって
ここをもう一回、次はあそこでマーク!の判断が見えてきたのかな~~~。
パピィがこのままでいいのか?
また同じことをすればいいのか?

次の動作に移る時に何をしたらいいんだろうっていう不安顔をしないで
走る回数が多かった気がする。
断定は来週の様子見ということで……。

それと、パピィの苦手な環境=強風
あの風の中で普通に動いてた

風が吹いてきたら強制終了することが成功につながるって
ちょっとビックリ

いつもなら尻尾下げまくって隠れるはずだったのに
もう、強い風の中でも平気になっていくのかなあ……。

すごいや、ぱっちん!

次の大風のときもそうだと本物だよ。



コメント

非公開コメント