デリケート

「寝る前の散歩に行くひと~?」
いちおうはぱぴちわに声をかけるのだけど
カウはその声を聞くとハウスへgo
夜の散歩はたいていパピィだけ
カウが行く気になるのは月に1回くらい

そのほうが都合がいいこともあるし
カウちゃんにナイショよ~っていっぱいやってるんだぜぇ

カウがいないときは
けっこう集中して歩いてくれます。

集中のいいときは歩きながら
左につけたり右につけたり、途中マテしたり
その後にダッシュしたり

昨日は、歩くときに前方しか見ないで歩くことが多いので
掌タッチしながら歩きだした。
前に出そうになると「パピィ~」掌を見せながら呼ぶと戻って来る。
そして、パピィは左についたり右に行ったり
後ろに回ったりしながら楽しそうに歩く。
「(あいつがいないと)楽しいね~♪」って感じにね。


調子良く歩いていたら
向こうから白くて大きなワンちゃんがおとうさんとやって来るよ。
まさか、あのビビりで人目を避けながら
誰も居ない時間にしか散歩させていないあの子かな?


あの犬、吠えだしたら止まらなくなる。
あの子のお母さんと友だちだったけど
犬を見ると避けるように歩くから、もう友だち止めてるし。

「ごめんね~」で通り過ぎてしまえばいいものを
何でこう、犬を見ると避けたり隠れたりするんかな~。
まぁ、とにかく、夜だから吠えさせたらやばい!困ったね~

数秒の間にわたしはこんだけ困ったことを考えていたって言うのに
向かってくるじゃん。
・・・あれ?

・・・「サマーカット!か、か、可愛い~
でかいのに、何でこう可愛いんだ」

さっきまで思ってたことと言うことが違うやん!(笑)

「ええ、暑がりでねぇ」

あれ???
ぜんぜん吠えない。
犬は人懐っこく寄って来るし~。

よぉ~く見たら北極クマみたいな秋田犬

「やっだ~!知ってるワンちゃんかと思ったらお初のワンちゃんでした。
触っても?」
「どうぞ」
わっしゃわしゃ触りまくったら、パピィの掌タッチに使っていた
おやつにヨダレたら~り。
「これ、あげても大丈夫?」
「手を開いてあげてください」
「は~い」
におやつを一切れのせてあげたらヨダレビショビショ。
「わははは、君もこれには弱いんだな」
スリスリしてくる秋田さん。

えぇ、ぱっちんは50センチ離れてあっち向いてました。

そんなヤツは放っておきます。(^_^;)
ちょっとお話ししてみると、飼い主さんがどんな世話をしているのかわかるような
いい感じのワンちゃんでした。
いっや~、カウがついて来なくて良かったぁ!

秋田さんたちに(@^^)/~~~して
パピィと戻りながら掌タッチしようとしたら・・・

左手出すとそっぽ向くぱっちん。
右手はちゃ~んとタッチ!「よしっ!」
「じゃ、こっちは?」
・・・プィ

さっき、秋田さんに左手におやつをのせてあげた後
ビショビショなめくりまわしてくれた


犬ってマーキングするときも
前の犬のマーキングした匂いでどんな犬なのかわかるということを何かで読んだことがあるけれど。
パピィの頑なな拒絶はそれと関係あるのでしょうか?

カウだったら他の犬の匂いよりはおやつの方が勝つと思うのだけれど
ぱっちんは上書きは滅多にしない犬だから
やっぱり、デリケートなんですかね?

帰ってから
足を拭いて、「ツイストーターン」でカウにナイショでおやつをパクッ
するのに、昨日はわたしが手を洗うまでおやつをとらなかった!

オヤジになってきてぱっちんも面白くなくなってくるかと思ったけど
まだまだおかしなことがいっぱいなんだね。


秋田さんの匂いにビビったぱっちん、一晩寝るとこの通り

IMG_5440.jpg
IMG_5441.jpg
IMG_5442.jpg
スタンディングターンが長続きするようになった!
わが家の中じゃ天下取れるんだよ~

でもね、わたしは知ってる。
カウが上位の座を狙っていることを・・・
知らぬは先住のみなり・・・

血の雨降らせたら自分らで始末しろよな~(笑)


コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【デリケート】

「寝る前の散歩に行くひと~?」いちおうはぱぴちわに声をかけるのだけどカウはその声を聞くとハウスへgo夜の散歩はたいていパピィだけカウが行く気になるのは月に1回くらいそのほうが都合がいいこともあるしカウちゃんにナイショよ~っていっぱいやってるんだぜぇカウが...