もはや、わたしはデブではない

日曜、デイサービスのバイトの日。
着替えていたら何やら怒声が・・・。

ま、でも、そんなに驚きはしないんだけど。
スタッフが大声で怒鳴っていたら驚くけど、利用者さんだからね。
一般のご家庭の高齢者さんだと世間体を気にすることもあるでしょうが
身寄りのない方が多いからガマンはしないのかも。
「ごるらぁーっ!」
怒鳴っても裏表がないのかもしれません。
元々のライフスタイルっていうものあるのかな?(^_^;)

ある意味うらやましかったり。^^;

ん~で、着替えながらスタッフと利用者さんの会話が聞こえてきて
思わず吹いた、笑った。
しばらく大ウケしてました。

どうもね、入浴の曜日が変更になったらしいのだけど
その人は日曜に入るつもりでいた。
けど、ケアマネさんを通さないと変えられないのかな?
そのうち、自分の希望が通らないからと言ってスタッフに悪態をつき始めた。
「・・・バカヤロー!このデブ!!」

わたしがここへ来るようになって3か月だけど
こういった怒声に耐えきれなくなって、数日で辞めた方が何人か・・・。
わたしも二十歳くらいの純情な女の子だったら青くなって出社拒否しちゃうかな~。

はいはい、
で、その悪態にどう対応するんだろうなーってワクワクしてた。
おばちゃん根性?(笑)

「お言葉を返すようですが、わたしはダイエットしてるんです。
見て!痩せたでしょ?もはや、わたしはデブではありません。
これからもう5キロ痩せる予定なんです。
そうなると、水着だって似合っちゃうくらいの女性になります。
だから、デブなんて誰にも言われる筋合いはありません。
今のお言葉、訂正してください」

毅然とした態度を崩さないで言うせいか、グーの音も出ません。
「・・・」(___ ___ ;)尸マイリマシタ・・・

あっぱれ!

こういったことを言える関係になってるから言ったまでなのでしょうが
汗かきながら大笑いしてしまいました。
「きょうは休憩、30分上乗せ!」

そのスタッフの女性。
最初に会ったとき、けっこう貫録のある体格で堂々としているし
わたしと同世代にしてはお肌ピチピチしてるな~って思った。

けど、まだお若いようで・・・。(^^ゞ
30代前半かな?

初めて行ったときに休憩が一緒になって
「今週からダイエット始めたの」
玄米、豆腐製品がメインのお弁当。
「すご~い、ヘルシ~。このまま、続けて減らないわけないよね?」
「それを言われたら食べれないじゃない」
弁当の後にプテチの大袋を開けようとしてた。(笑)

ま~、若いときは「明日からダイエット」が口癖だもんね~。

「わたし、痩せたらカッコ良くなるんじゃないかと思うんだ。
痩せて恋したい」
一同「ええーっ!」

恋した結果、痩せるってこともあろうけど
どっちが先でもまわりには影響ないしね。

ご本人はしかとヘルシー手弁当を続けておられてます。
わたしは週一しか行かないので
行くたびにスッキリしてきてるなーと見ていて
先週、
「けっこう痩せましたでしょ?後ろ姿がカッコよくなってる。5キロは痩せた?」
「思う?誰も言ってくれないけど、もっと痩せた」
「どれくらい?」
「8キロ」
「・・・えっ!」
「13キロ痩せようと思う。もう5キロ痩せれそう」
「たんぱく質も摂ってるんですか?」
「豆腐と黒豆は毎日!」

大豆食品と野菜がメインのよう。
これがたるまないやつれない秘訣かもしれません。
今なら豆腐を食い続けられる絶好のチャンス。マネしよう。

恋してドキドキするためになんていう究極の目標のせいで続けられるのか?

いろんなことを学んでしまいます。(笑)

コメント

非公開コメント