クレーム処理係

朝、事務所に行ったら、社長が紙をヒラヒラ
「ファックスでこんなのが届いたよ~ん」

ファックスの送り先の取引先さん
支払いはしっかりしているけれど、
見積出して、これで頼むよ!
と、取付して請求書出してから注文書なんぞを発送して来る。(ーー;)
ここの取引先に限ったことじゃないけど・・・

見積依頼もメールでどっさり送りつけて必要な物を各自取り出せ~
下手すりゃ、印刷したら100枚以上にもなる。
しかも、一日に何件も大容量のファイルをお送りいただいたりするのですわ。

ぁぁ、こんなところでブツブツ言って
特定されたらボコボコにされるかしらん。


わたし、素人だけど・・・

素人のわたしが言っていいのなら

って、言うけど。(爆)

お客さんからのクレームが来たら、
現場監督もしくは会社の担当がお客さんと話し合って折り合いを
つけることなんじゃないの?

しかも、クレームつけた言葉使いもまんま記録して下請業者に一斉送信。

ありえんわ~

たいてい、多くの人々は人生の夢である自分の家を造るんだから
設計のときから細々と打合せしてるはずでしょうが~。

ちょっとね、ムカつくわけよ。
魂胆を考えあぐねてしまってさー。

「ふう~ん」
斜に構えながら見てみると・・・

すんごい量の苦情!

しかも、顧客のクレームをそのまま文面にした記録っすよ。

苦情の量もありえんけど
そのクレームの表現も、またありえんわ。

「どうしてくれる?」
「訴えてやる!」

こんな表現ばっかり。二度ビックリ!!

監督さん、クレーム処理も自分の仕事だろうがぁ!

ってムカっとしたんだけど・・・
まともに話せないと踏んだからか?

ひとつひとつ読んでみると、苦情と言うより・・・ナンカチガウカモ

家を建てるっていうのは、人生の中でも一大事ですもん。
お客さんにしてみれば、抜かりなくチェック入れるのは当然。
だからこそ、家を建てるときにはしつこいくらいに事細かな打合せをするだろうし、
しているはずなんだろうけどねー。
文書でも確認しているだろうし。

それで~も、専門家は素人がわかったと思っても具体的なイメージが
湧いていないことのほうが多いと思っていた方がいいのかもね。


一瞬、ムカっとしそうになったんだけど
何でこういう言い方ができるんかな~と監督さんに同情してしまいました。
幸い、うちには支障のないクレームだったので
お客さんのゴネ得のためのクレームでないことを祈ります。


クレームもお口の使い方でクレーマーと呼ばれてしまうこともあるようですし
わたしなんかも、ほんっとに口の利き方を気をつけなくっちゃな~。
ま、いちばんいいのはしゃべらない?(笑)


休憩で戻るとこっちでもクレームが届いていました。
「あいつ、邪魔ばっかりする」

そうです。
ぱっちんの試練を邪魔してくれるがいました。

今、大事な時期なんだから~

と言ったところで、わかりゃしないしね。
パピィだけが特別待遇されていると思い込んでいるのか
パピィのトイレには入り込んで来るし、
拘束されている隣に来てぱっちんにべっとりねっとりくっついてくれてるし。

こうなったら、カウちゃんも紐付きになってみましょう。
IMG_6416.jpg
「アイツだけ旨い物が入ってそうでち」クンクン

IMG_6417.jpg
「行けないでち」

カウちゃん、もうちょっと邪魔しないでちょうだい。
「してないでちよ」
IMG_6418.jpg

「チッコくらいどこでしてもいいでち?」
「いや、まだヨクナイ」
「ケチ!」
「ケチで結構~。終ったらハウスイン~」
IMG_6415.jpg
「あいつだけ、旨い思いしてそうでち・・・」
「気のせいですから」


IMG_6413.jpg
「はぁ~。やれやれ」



昨日から、ふたりとも拘留の身にしてあげました。
カウちゃんにもマットを置いてやったら、うまいこといってるような気がします。

これにて苦情処理係の任務終了!(笑)
マット

ぱっちんも、お家チッコも順調~。
保釈はいつになるのか?

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。