蜂の巣

千葉におばあちゃんの別荘があるんです。

と言うと、聞こえはいいけど
わたしから見ると「掘立小屋」
ぱーまんがキックしたらバラバラバラ~っと崩れ落ちそうな建物。
おばあちゃんは他人に言うときは別荘と言いなさいと
子どもが小さいときは言い聞かせておりました。

わたしのお別荘のイメージは
おセレブな有名人が軽井沢あたりに持っているハイカラな邸宅ってところだけど
おばあちゃんにとっては自分の所有物はすべて宝物

わたしは、もう「ごめんなさーい」で同行拒否していますが
亭主は自分の親ですからねー。

おばあちゃん、二度も三途の川を渡りかけて・・・
ますます元気!

客が来るたびに
「千葉へ行きたいのに誰も連れてってくれない・・・
おじいちゃんが生きてるときは、みんながちやほやおじいちゃんの機嫌とってくれてたのに」
遠巻きに連れてけーと言いふらします。

「あなた、水入らずで行ってらしてね」^m^

義姉夫婦と待ち合わせて
久しぶりに別荘へ草刈りに行って来てました。

で、「いい物持って帰ったぞ」とオヤジが差し出したお土産はこれ

椿の枝にアシナガバチの巣

おばあちゃん、お花が好きだからめずらしい枝を折ってきたのかと思ったら
蜂が羽化して巣から出てくる途中で止まってる!

霜が降りて出れなくなってしまったのかぃ?
そこまで出てきて
何で、もうひとふんばりできなかったのかな~
他の幼虫達は出られたのに
お尻が大きすぎて出口でつっかえたままフリーズ?

オヤジとおばあちゃんはご満悦ですが、何だかな~

こういうのをおばあちゃんは活けて玄関に飾ったりします。
草花を飾っているのを見て
けっこうセンスいいな~と感心することもあるのだけど
20121010_100914.jpg
蜂の巣から頭が出ているのはね・・・

生きてる毛虫を見せられるよりはマシだけど


蜂の思いを巡らせてしまって直視できないわ。。。

そう言えば
ぱー子ちゃんがちっちゃい頃に鳩のお墓を作ってあげると言って
死骸を埋めてあげたのはよかったけど、埋めたのは体だけってこともあったよな・・・。

しかも、玄関前に・・・
心臓止まりそうだったけど。

どうも、ここの家のDNAはどっか変わっているかもしれない。


コメント

非公開コメント

No title

ぱー子ちゃんの鳩のお墓で吹き出してしまった~。。。ε=(≧m≦)
確かに、玄関前に鳩の頭だけ土から出てたら
心臓止まりそうになりますね~(爆)
おばあちゃんも、ツワモノデスネ~(笑)
・・・で、その蜂の巣付き椿は活けて飾っちゃったんですか??(笑)

シモーヌちゃん

おばあちゃんね、、、

蜂の巣も飾ってるんだよ。
ミノムシ付の枝も玄関に下がってるし。
秋っぽいテーマで良さそうな気もするんだけど~
・・・何だかね(ーー;)

ぱー子ちゃんも
あの頃は鳩だけじゃ飽き足らなくて町中歩き回って
鳥の死骸をひきずって家に持ち帰っていたんだよねぇん。
さすがに「全部埋めてあげなさい!!」(*_*;

ぱーまんもヘビの脱皮した皮を並べて喜んでたし
オヤジもトカゲを集めて机の中にうじょうじょコレクションしてたとか・・・

価値観違いすぎ~
人生の間違い箇所がわかってきたこの頃(笑)