休日の過ごし方

ヤッタね~、朝から快晴

きょうはパピィの訪問の日なので
久々に午前中は何も予定を入れていません。

無いと困るけれど、仕事もない!
いつもはレッスンに行ったりするのだけども
何だか体がものすご~っく楽ちん
何にもないっていうのもステキ~(笑)

ぁぁ、神様、幸せってこんなん?

相変わらずのオオゲサなヤツ?
そうでもないの。
うちのオヤジ、いびきがうるさくって耳栓して寝てるんだもん。

昨夜はオヤジの帰りが遅かったから
耳栓しなくても先に寝れた。ウキキ

久々に安眠できたせいか、まあ、ふつーに7時には目が覚めました。
さしずめ、気分は平和なご隠居さん。(笑)

朝の冷え込みにめげそうになっていたこの頃だったけど
少々の寝坊もオッケーオッケー。平和な朝~♪

きょうは午前中はま~ったりしてようかなと思っていたけれど
わが家のワンズは、今か今かと後から着いて来るし。

「よっしゃー、行くぞ!」
「きゃい~ん」

とにかく外に出れるとなれば、ぱっちんはどこでもいいの。
もうニッコニコ
抑えきれなくなって声がもれてしまうんだけど、一声なら許容しよう。
ところが、カウちゃん。
今までは家で声が出ることなんてなかったのに
それまでのぱっちんのはしゃぎっぷりを学習しはじめて「わぁ、きゃぁ」

カウちゃん

・・・学び遅っ

一週間前から、
ぱっちんが声を出したらドアを開けない。
かあさんがドアに手をかけたら座ってドアが開くのを待つ。

って、ルール変更したんです。
だから、かあさんが「行くよ」ってドアに向かうとぱっちんは興奮を抑えてるでしょうが。
カウちゃんは、今までのままでヨカッタのに・・・。

玄関まで来て我先に出ようとするカウちゃん
「カウちゃん、きょうも元気にお散歩行けて嬉しいわ」

きょうも元気で動ける幸せなのよねぇん

素直な感想を述べてやったのに
ちゃんと玄関のタタキから上にあがってリードを付けさせてくれました。
あまのじゃくな


ヤツらは広場に行けると思ってウハウハ歩いていたけれど行き先は人混みの中!
お正月の箱根駅伝の予選会が毎年、この地元で開催されているのですよん。

ノボリを持ったお兄さん達がいっぱいるんだよ~

カウちゃんは知り合いにあって
このお兄さんたちの集団の下でゴロンゴロンしてました。

沿道にいてもあっという間に通り過ぎちゃうんだよねー。

「カウちゃん、見張り頼んだ!」
「はいでち」
応援の学生さんの邪魔にならないように上がりましょう。
IMG_6916.jpg
「かあさん、先頭が来まちた!」
「おっ、来たか?がんばれ~」
IMG_6942.jpg
ここは3番目くらいの集団だったかな。
先頭は留学生?外国籍の選手でしたね。

ホントにあっという間に走り去ってしまうスピード
箱根のシード校は決まっているらしいけど
あと9つの選抜のために45チームが走ったらしいです。
本大会までにもいろんなドラマがあるんでしょうね。
ちょっとだけだったけれど、楽しかった。

「もういいんじゃないですか?」
IMG_6980.jpg
犬っていうものは、本当にあっさりしてます。

では、かあさんの用も終わったから行こうか!
IMG_6987.jpg
「よっしゃー!」
バビューン
あいかわらずのぱっちんです。(笑)

きょうは、パピィちゃんもすごく調子が良さそう。
いつもより遠くまで放ってあげてもバテそうにない。

こちらのもあいかわらず。(^_^;)
IMG_6991.jpg
「いいんでちよ~。ここにいるでち」

自転車のおじさんが通りかかって
足を止めてパピィのボールを追う姿を見てました。
「おじさん、ぼくが遊んであげるでちよ」

カウちゃんは、しばらくおじさんと遊んであげてました。
「お前はボールやらないのか?
「あんなもん、子どもの遊びでちから」
「できないんだろ?」
「違うでち!やらないだけでち!」

物は言いようと申します。(笑)

このおじさんも8月に病気で愛犬を亡くしたそうです。
ついつい、犬を見ると自転車を止めてしまうそうです。
「触りたくなっちゃうんだよな~。
でも、まだ、ダメだなあ。
考えてみると病気が多かったんだよな。
いい子だったんだよ。可愛かったんだよ・・・」
と言って携帯で撮った写真を見せてくれました。
パピーの頃の真っ白でふわふわの柴犬ちゃん
「うわぁー、可愛いっ!」
「なー?可愛いかったんだから」

ボール遊びが好きだったようで
すり寄ってくるパピィを思いっきりワシャワシャしながら
「ずーっと元気に遊んでもらうんだぞ~」と、また自転車を走らせて行きました。

んん~
わたしはパピィがいなくなったら・・・

たぶん、日常の行動そのものが動から静に変わってしまって
ボケてしまうかもしれないなー。
ボケ防止に長生きしてもらおうか?(笑)

家の近くまで戻って来たら
ぱっちんのいちばんのお友だちに久々に遭遇
ぱっちん、大喜び

でも・・・
IMG_6997.jpg
コスケ太った?(笑)
アメリカ出身のJラッセル
アメリカ産らしく大柄で足が長~い。

広場でよく走り回った。
パピィのボールを必ず横取りして壊してくれたよな~。

広場の犬でビビりの一、二がパピィとコスケ

コスケにだけはかけっこがかなわなかったけど
今じゃ、一緒に遊ぶ機会がないからおもちゃもボールも壊れないんですけど?(笑)

もっとスゴイのがコスケのおかあさん。
パピィのボールを横取りすると
「壊す前に放せー」ってコスケに追いつく。
走ってJラッセルを捕まえるなんて・・・
スゴ技よ。普通のおばちゃんじゃないね。

わたしは走らなくてもコスケを捕獲できるんだ~。
アイツの好きな物をいつも持ってるから!(笑)

5歳くらいまでは「家で寝てるときがあるの?」って
よく聞いていたけど。
カメラの前で止まるようになった!
さすが、8歳!
IMG_6999.jpg
コスケってひょうひょうとしていて、見ると必ず笑ってしまいたくなる。
そこがいいんだよね~。

おかげで
ぱっちんはニッコニコで午後からの訪問へ出かけたよ。

コメント

非公開コメント

No title

私も最近、愛犬を亡くしたブログを何件か読みましたが、
姫が居なくなったら、どうなるんだろって思います。
凛はまたまだ赤ちゃんなので、居なくなることなどは考えられませんが、
姫は今年6歳になるのでねぇ。
このまま、病気せず健康で居てくれたらと思ってます。

おじさん、さぞ辛かったことでしょうねぇ。

ダメですね…感傷的な秋で。
涙もろくなるんでしょうか?(ノ∀`)アイター

†Hana† さん

秋は物悲しくなる季節ですからね~。

以前は、何かあったとしても
せいいっぱい遊んだり仕事して後悔より充実感で満ちた別れをしよう
な~んて、ぼんやり思っていたんですけど。

ぶっちゃけ、言葉としての会話に不自由な分
二本足の家族よりも濃厚な関わりをしているから
身内の死より引きずってしまうかもなどと思っています。

おじさん、3か月も経つのに・・・
などと言ってたけど、そのとき、何となくわかるような気がしてきました。

犬も長生きになってきたとは言え、シニア突入間近になって来ると
微妙に不安を感じたりすることってありますよねぇ。

ひょっとしたら、カウが先かな~
いやいや、案外、カウが長生きするかもしれないなー。
カウより先にパピィが逝っちゃったらたんまないよなあ、とか。(^^ゞ

まだ笑いながら言ってること自体、予想がつかないのかもしれない。
犬は病気になってもニンゲンのようなわがままも言えないから
健康でいてくれるのが何よりです。