希望

2013年の幕が開きました。

昨日はいいお日和で~
おばあちゃんの所に行く前にお諏訪様にお参りに行ってみることに・・・

地元ではお囃子が盛んです。
ぱー子ちゃんもお祭り娘だったので、元旦はお囃子隊に早朝出勤。
親も追っかけしてたんですけどねぇ。
今じゃ、親の横取りしてます。困ったね~


獅子舞が止まってくれました。

いい顔だね。えっ?

IMG_9790.jpg
お参りするのに行列!

IMG_9787.jpg
おみくじも絵馬もいっぱいでした。

んん~、わたしら(亭主とね)は
「何も今、並ばなくてもいっかぁ?」
そういうところだけ、意気投合。(笑)

Uターンしてイカ焼きだけ買って食す。
歯に詰まって・・・

これをどう他人にわからないようにするか至難のワザ。

おばあちゃんも、今回は余裕のば~さん。
「やっぱり、外泊しようかしら?」
「・・・冗談やめてください。今年は病院も普通に機能するのは来週から!」
「だって、年寄りばっかり。うるさくて眠れない」

あの~、おばあちゃん
わたしが行くと大いびきでちょっとやそっとで起きません。
自分は80越して年寄りと思ってないんでしょうか???

「あれ持って来い、やっぱり、持って帰って」
・・・わがままを黙ってきいてるんだからさー
洗濯物だって息子に持たせたっていいんでないの?

(わたしは、家でゆっくりしてるんだから~~~~
帰る!と騒いでナースさんを脅すのも一か月くらいしてからにしてくださいね~)(゚O゚)\(--; ォィォィ

と、相変わらずのわが家です。(笑)



良い年を迎えられているでしょうか?
はい、わたしはいい歳を迎えてしまいました。ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

ちっちゃい頃なんて
西暦2000年は日常がスペースシャトルのような生活なのじゃないかと
思っていたけど、2000年をあっという間に通り過ぎて、今年は2013年!

昭和のがんばればなんとかなる時代から
平成のがんばっても報われない時代も通らざるを得ない状況に浸かりながら
それでもこうして今にあるわけで・・・
生物が存在していることに面白見を感じます。

去年何となく浮かんでは消え、浮かんでくるものがありました。

自分に失われたもの
それは、希望だなーって。

そりゃー、毎日、時間が動いているんだし
何かとやっているわけだけれども、
笑ったり騒いだりもするわけだけれども
ふと気がつくと
「あ~わたしって、いつまで生きなくちゃいけないんだろ~」
などと思うことがしょっちゅう。
何かと不安があるからってことなんでしょうが
これじゃますます疲弊しきってしまうだけになります。

なので、光に向かって歩んでいける社会であってほしいなと願い
自身も希望を持てる生き方をしていきたいなと思っています。


ニャンコのパフィも今年は保護17年。
キズはもうちょっと若い。
パフィはニンゲンのおばあちゃんみたいに
腰が曲がって、止まっているときも小刻みに震えていることも。
年寄りっぽくうるさくなってきたけれど、今まで病気したことない。
コンパニオンアニマルも高齢化ってわけですねー。

IMG_9747.jpg
めずらしくパフィとパピィが一緒に椅子に乗っかってる。
パフィに怒られないように緊張するぱっちん


ぱぴちわも今年は6歳になります。
これから、おっさん犬まっしぐら!

この前のぱぴちゃんのおばさんは先住もパピヨンで
「犬は死ぬまで飛び跳ねているのよねぇ。それが犬の幸せなのね」
と言ってました。


ぱっちんもそう言えるように今年も元気に過ごそうと思います。
ま、カウちゃんは最後までおもちゃでいると思うんだけど。(笑)

IMG_9718.jpg

コメント

非公開コメント

あけましておめでとうございます

ほんとほんと~、2000年なんて、2001年宇宙の旅っつう映画があったくらいだから、もーどんだけ文明が進化していてどんだけの暮らしをしているんだろうって思ってましたけど、一面では家電がすごい進化を遂げ(スマホでコントロールできるシロモノ家電)た反面、貧富の差、どころかデフレで一億総ビンボーとなり、1990年には絶対にムリだった500円以下の弁当とか、100均とか、別の意味で当時からは考えられないような生活も可能となり、、、長生きしてみるもんだなぁと思ってます。
ただ、福祉や老後は全く明るくないからできるうちに努力しとかないとダメだね。。。

今年も混沌としているけど、何とか頑張って生きていくなり~。

もうおみくじも初詣もやめました(でも、銭湯の初湯は行ったなりw)。

そんなこんなで今年もよろしくお願いします。

追記:写真バッチリですね~。むむ、抜かされないように精進します。

希望

うん。
胸を突かれた気分です。
希望、欠けてます。。。私もです。
ものすごく響く文章でした。

私も今年は光に向かって歩くような気分で進むことにします。
去年は私生活の中でいろいろ有ったのですが、
それで少し自分が強くなった気がしています。
人間、いくつになってもまだ成長できるんですよね?
そう思って頑張ります。

こぎママさん

一億総中流から一億総ビンボーって笑っちゃうけどその通りで
せめて、若い人たちが報われるようになってほしいと思いますね~。

こぎママさんも2000年を未来と思ってましたか?^^;
今の年代には空飛ぶ車に歩かなくても目的地に着く道路とか
宇宙の旅が当たり前になっていると思ってたんですけどね~。
よほどの金を持っている人じゃないと宇宙船には乗っけてもらえなさそうです。(笑)
がんばって自分の足で歩いて行こうと思います。

昨年は、まさかの再会で嬉しかったです。
今年もよろしくお願いします。

カメラもいつもポケットに持ち歩いてますよ~

星宿さん

そうそう。
人間は死ぬまで変わっていけると教わったことがあります。
月並みだけど主体的に生きていくには
やっぱり希望があれば自分の人生を生きていけるんですよねぇ。

子どもが大きくなってしまって
我が子が将来へ何の夢も希望も持っていないのか?
って愕然とすることがあったんです。
もちろん、将来の自分の目標はあるけれど、
社会に対して期待を全くしていない・・・

それは、親の背中に希望がないからなんだなーと。
暮らしやすい世の中ではないけれど、一筋の光が見えたら
時間がかかっても人は明るい方へ行こうと歩を進める。
希望を取り戻したいな。

犬を見てると、いつでも期待で目がキラキラしてますよねぇ。
あんな風にシンプルにいきたい。
ぱぴちわの場合は、「次、おやつ?」の期待で希望が膨らむだけって気がするけど。(^^ゞ