フリースタイルの教室

寒い寒いと言っていたら大寒だそうで・・・

しかし、昨日もきょうも空の青いこと!
空気が澄んでいるんですね~
電車に乗っていると真っ白な富士山がきれいに見えます。

昨日もトリーブボールのレッスンだったのだけど
きょうはフリースタイルのレッスンに行ってきたのですよ。

出かける支度を始めると
「おれだろ?」ってんでソワソワ落ち着かなくなるパピィちゃん。

「あぅあぅ~、うわわぁ~ん」を極力堪える努力をしているようにも見えるんだけど、
もうちょぃね。(笑)

こういうときは、誘惑も物ともせず
せっせ、せっせと前を向いて歩きます。


いつも思うんだけど、どこまでわかっているのでしょうね~。
自分が入るバッグを背負っているので
いつもの散歩とは違うとは察しているのかな?

前ばっかり向いているときは
ふいに立ち止まってあげると「ん?」てな顔で
やっと歩調を合わせるのか~と気がついてくれるんだけど。

20130120_100148.jpg

「出だしから一緒なのか!」
と、わかってくれるまでは、まだまだだね~


きょうもGCT受験目的のビーグルさんと一緒です。
先にパピィと教室に着いて
先生と話をしながらウォーミングアップをしているときに
ビーグルさんが入ってきていたのだけど、
全然気がつかなかった!

誰かが入って来るのはわかるんだけど
犬がいたとは感じさせないくらいに入って来ていたのですよ。

ビーグルさんはクレートトレーニングがメインなので
クレートの準備をしだしてから「あ、来てた!」

月に一回の4回目なの

かなり手強い吠え吠え、ハイテンションのビーグルさん。
「おかあさん、おかあさん」
飼い主さんが相手しないなら
「おーい、そっちのワンちゃーん(パピィ)遊ぼ、遊ぼう~」

ガシャガシャ、ワンワン

パピィも相手が怖くなければ、誘われたら簡単に乗るタイプ。

ま~、にぎやか

そのワンちゃん、3回目頃から飼い主さんに集中するようになって
きょうは教室に入ってからパピィには全く目をくれず
1時間ずーっと視線は一途に飼い主さんへ

ビーグルさんに感心するとともに
飼い主さんに感嘆の声をあげてしまいました~。

問題行動も基本トレーニングをすることによって
問題がなくなるということを目の前で見せてもらってます。

このビーグルさんの場合は、やみくもに吠える、吠えたら止まらない。
家でも付きまとってじっとしていられないというようなことを言ってたのかな。

それが、ハウスに自発的に入っていられるようになると
ヒーリングの教え方もすごく楽々~♪

犬の顔つきが精悍に見えてきてカッコよくなりました。
素晴らしい!

間近で飼い主さんの努力の成果を見せてもらえるって感動もんです。

先生が言ってました。
「犬って変われるのよ。犬が変わるってことは飼い主さんがそれだけ努力したからなのよ」
納得です。
文句なしにスゴイ!

『何日で問題行動が治る』・・・

こういうのについつい心魅かれてしまうけど。
わたしだって、手っ取り早く何とかしたいと思った。

けど・・・

プロがやれば、そんなのは一週間もかからない。
問題はなくなると思う。

だ~け~ど、
元に戻るのも一週間もかからないんだよなー。

大事なのは、一緒に住む飼い主が続けることなんだよ。
と、改めて確信してしまったきょうのビーグルさんの瞳。
4カ月の努力の結晶って美しいの。


この前、ライデンとカウが絡んでいる姿を見て声をかけてくれる方もいた。
「小さいのにエライね~」
「大きいワンちゃんは優しいのよ」

たしかに、そういう面もあるかもしれない。

でも、当たり前のようなことでも
そこまでできるようになるまでに、どんだけの苦労と努力があったか・・・。

人によってはいとも簡単にできることでも
ハーネスをつけるだけでも、じっとしているだけでも何カ月もかかることもあるんだよね。

成長してるんだか、後退してるんだかわからなくなることもあるけれど
続けていけば、努力は裏切らないんだなー
などと、じんわりと勇気づけられていくのを感じちゃった。

こういうのは、ニャンコちゃんだと感じられないんだよ。
やっぱ、ワンコちゃんだね。
にゃんにゃんはおもちゃだからさ。

パピィちゃんは教え方、主にタイミングを教えてもらいながら
始終ご機嫌でやってくれました。

トリーブボールのときに
クリッカーの極意を教わったおかげで(笑)
自分で教えたいことが少しはできるようになってきたと思う。


ラージサークルに確実性を持たせたいことを目標にしていたので引き続き練習
勘違いしていたことがあったので修正してもらいました。わたしが!^^;
送り出しは「Go」で回るのは「サークル!」とコマンドも変更してみた。

こんな感じに、きょうも板書
IMG_1361.jpg

呼び込んでフロント、ヒールからセンターポジションを遊びながら出来てきたので
サイドからとアラウンドからセンターに入れるようにして
センターに入ってロールオーバーを入れてみたり。

けっこう、パピィはその通り動いてくれます。
「ママのシグナルが多すぎねぇ~」
やっぱりね、、、

うちの犬、わからんちん・・・

などと言えないのよん。
やっと自分でも余計なリアクションが多すぎるってことを自覚できるようになってきました。

面倒かけます、ぱぴぃちゃん。

「先生、あれがこうで・・・
これがこうで~~~」
言ってるうちに「あ、ボロ出してるわ」

いっつも最後は笑われて終了!
自己嫌悪にならないから幸せに終業?

街の所どころに雪の塊が
20130120_123248.jpg
ちょっとお疲れ気味のパピィちゃんですが
それでも雪山に顔を突っ込みながら駅までGo

コメント

非公開コメント