明けました

おめでとうございます。

昨日まで去年だったのに、もう新しい年がやって来ました。
うーん、月日の流れは早いっ。(笑)

昨日まで「いがいたーい」と騒いでいたら
「いかいようじゃなーい」と娘。
「だから、胃が痛いのよぉ」
「だから、胃潰瘍なんじゃないの」
ああ、思いやりに気付くのにえらい遠回りな会話でした。
で、またお嬢さんったら
「コンタクト流しちゃったー」と必死です。
今度ばかりは洗面所のパイプを外しても見つからず。(泣)
「あ~、お年玉要りません……」

しか~し、一族の中でお年玉を堂々ともらえる最年少組は
コンタクトを買ってもおつりが来るくらいにお年玉もらってました。

あ~、よかったね!(^_^;)

今年はどんな年になるかな?
ひとつは、ビビりなワンズ。
とくに長老のパピィはもうじき3歳になるので、
ここで関係の再構築をする時期だなと感じ出したのです。
甘えん坊が目立つ(笑)
もう一度見直さなくては、と思ってます。
覚悟せぃよ。
カウちゃんはレトリーブのできるチワワ。半分本気(笑)
それに、ダイエットを真剣に!だねーん。



話題は変わって、
今朝の日テレでやっていたチャレンジSP
何だか、正月からジーンと感動して涙が……泣き顔

トイプーのすみれちゃんの二点歩行も
ワンワン動物園の縄跳びもカッコよかった。
でもでも、もっとわたしが感動してしまったのは
『女子高生たちの書道ガールズ甲子園』

娘の吹奏楽部を見ていて
ついつい、文系って暗いしな~と
敬遠していた過去を振り返って惜しかったなーと
後悔してましたもん。
あの姿を見たら「あれ、やっておけば良かった」
って、何度思ったか。(笑)

あの書道ガールズの女子高生が昔からいたら、
きっとハマってましたわ。
でも、わたしが高校生のときはあんなふうに
書を書かせてくれたのかしらーん。

吹奏楽部の子たちも歌って踊れる吹奏楽部員とか
キャッチコピーを見るけど、
書道ガールズたちもそうなのねん。

雪の早朝、裸足で大きな筆を持って力強く
躍動感たっぷりに筆をあやつる。
二刀流、多色使い
それに、踊ったり、歌まで出てくる。
体中に墨が飛び散ったりする様は何とも若々しい。

何と形容してよいのか困ってしまうくらい。
かわいいだけの女子高生ではないキラキラした若さに
何かに打ち込む姿って本当にステキと
素直に感動してしまいました。

完成した大きな半紙は、まさに芸術なんだなーって。
それに、顧問の先生との絆がしっかりしていて。
こういう経験をした子は、
この先、困難にもしっかりと向きあえるんだろうな。
高校生がおとなを信頼する。
しかも、それが教師なんだっていうのは幸せなことだし、
親にとってもありがたいことなんだよ。
お嬢さんたち、おとなになってもずーっと胸に刻んでいてね。

そんなことを思いながら
引きこまれるように見ていたら思わず涙が。
「何で、そんなんで泣くようなことか」(亭主)
何て事言うかーっ。
デリカシーのないヤツめっ。(笑)

瞬間に渾身の力を込めて
心を込めて物事に対峙する姿をみると
震えるくらいに感動するんだ。
これをステキと言うんだよ。

だから、子どもの運動会なんて
ホントは泣きたくて、泣きたくて。(^_^;)
今年は、娘も高校卒業なのね~と考えただけで
もう泣く準備万端。(笑)
そういう気持ち、男親ってわっからんかねぇ。
ったくねぇ。


まあ、何はともあれ、
平成22年の幕開けです。

コメント

非公開コメント