おねぇになったキズ

昨日の夕方、キズの面会へ

これが、パピィやカウだったらキュンキュン甘え泣きしてしがみついてくるだろうに・・・
抱っこされて目の前に連れて来てもらった顔を見ると元気そう。

「キズ~、元気じゃないか!」
「・・・術後は順調なんですけどねぇ~」

こんな顔

カウちゃんも負けないくらいのひん剥きオメメ

ふたりっきりになったら緊張がほぐれるだろうから
と、粋な計らいで診察室に置き去りなわたし達。(笑)

そんな気を使ってもらってもねぇ?困るわ、わたし

先生がいないんなら!
全身写メってみる。

もっとすごいことになっているのかと思ったけど
そんなに痛々しくなさそう???^_^;
20130312_172654.jpg
ちょっと目つきが悪い程度?

お尻の方はこんなん
20130312_174720.jpg
手術創の感染予防のために尿道にカテーテルが入ってる
前の方は、今まであったものがなくなっているから
キズにとっちゃエライ出来事なんだろうけれど、ちょい笑っちゃうよな。。。
って、笑い事じゃないのよ。

でも、やっぱり・・・
おねえキャラになっちゃうのかしらん。
なんちって考えちゃったり~~~~^m^

にゃんこの場合は足あげてチッコするわけでもないしね。
膀胱の括約筋はあるのでチッコは自力でできるようになるらしい。

キズってどんなにおもちゃにされても怒らないし
環境が変わってもどおってことないのかと思い込んでいたら
ブルブルガタガタ
診察台の上に置かれた途端、パーッと飛び散るような抜け毛

「キズでもビビるんか?」
「いきなり知らないところに連れて来られて嫌な思いをして怖くないわけないでしょ?」
「キズなら平気なんだと思ってた」
「怖いに決まってるでしょ!」
「カウならわかりやすいけど、ニャンコの感情はわかりにくいね~」

などと、無駄話をしながら
問題は、キズが食べることを拒否していることだとか。
猫は絶食をしてしまうことによって脂肪肝を起こすらしい。
要するに、いとも簡単に肝不全に移行してしまうのだと。
「明日も食べなければ、乱暴ですけど強制的に口に入れてやるようになりますけど・・・。
おかあさんと二人きりになったら食べるかもしれないから
ぼくは席を外します。ゆっくりしてください」

ぱぴちわは下痢したら絶食なんてこと、
よくやるけど、ニャンコって消化のしくみが犬とは違うんだね。
知らなかったなー。

きれいな先生がツナとかつおのご飯を持って来てくれたけど
キズったら「ぷぃ」
すご~ぃ、キズの強情な姿、初めて見たわ~
いい匂いするのになぁ。

でも、キズってずーっとPHコントロールのフードばかりで
間食は滅多にしない。
たまに犬にきびなごあげるときに一緒に食べるくらいで旨そうなフードの食べ方を
知らんのかもしれない。^^;

いつも食べているカリカリのフードも持って来てくれたけれど
相変わらず「ぷぃ~」
20130312_172843 (2)

・・・どうせ、強引に口に入れられるんなら!
よっしゃ~

わたしがキズの口の中にひとつまみ入れ込んであげた。
キズ?
ハッとした顔になってから

にゃんだ、このとろけるような食い物は
にゃにゃにゃにゃにゃ~ん

ほらっ!
20130312_175120.jpg
力みと震えが止まった!イェ~ィ

戻って来た先生もホッと一安心
「手術や取ったものの写真、見ますか?
人によっては気分が悪くなる人もいるので嫌だという人もいますけど?」
「全部、見ま~す!」
「大丈夫ですか・・・?」
「見た後に肉も食えるしぃ」(;-o-)σォィォィ・・・

どんな手術をしたか、摘出したブツやら
わかりやすく説明してもらいましたよ。
おじいちゃんで手術に耐えられない場合はしないと合意していたけれど、
案外、タフなキズでした~♪

去勢しているからオカマさんではあったけれど
今回は尿道がつまり加減だったところを舐め壊してしまい
尿道全体が硬結していて腫瘍の可能性も否定できないと思う
と言われての性転換手術?
人間の場合は、本人が望んで手術するのだろうけれど
キズは選択肢が一つしかなかったもんなー。

これから、キズは
およそ15歳の♀と言えばいいのだろうか?(ーー;)

おねぇになるというより、キズ、おばぁになる!

でも、まあ、じいさんだから?いや、ばあさんだから???
どっちでもいいかー。
これ以上、医療費かけないでくれたら(笑)

コメント

非公開コメント