カウ訪問

一週間のご無沙汰でした。(^^)/
ぱぴちわは、相変わらず元気です。
誰かさんの卒論提出が迫ってきているので、何故か我がPCがなかなか空かない。^^;

変わった事と言えば、
先週のレッスン1コマ・・・

食いつきのいいカウちゃんなもんだから大判ぶるまいをしたせいか
昨日あたりまでユル~(笑)
レバーケーキなんてのはヤメて、ふつうにキュウリにしとこ。

きょうはカウちゃんの訪問に行ってきました。

朝からパピィがソワソワ
ぱっちんは落ち着いててもかまへんねんで?

そのうち、着替えて
バッグを用意しだすと鼻鳴きしてアピール

コイツ、全然学習してない・・・

てゆうか、インパクトありすぎの勘違い学習が抜けていない。(笑)

「よぉ~し!」
意味のないヨシで意とも簡単に捕まる
ちょろい^m^

ぱっちん、リード着けられカーテンフックに繋留

「きょうはカウちゃん!行くよ~」
で、甘え鳴きの

で、母は考えた。
「ぱー子ちゃん、おかあさんが玄関出てパピィが静かになったら
リード外していいから。それから、このボールあげてちょうだいね~。
ポイントは鳴いてるときは放っておく!」(笑)

靴を履いてるときは「ヒンヒン、キュンキュン」
聞こえるんだけど、玄関を出たら残してきた犬のことなんぞ
気にしちゃいられない。

カウちゃん、
得意マンマンで「ぼくが行くんでちね~」(^v^)

しかし、玄関出たら庭も暑くなっていた。
あっちっちち~

チャリに突っ込んで出発~

カウの定期訪問先は、きょうで上半期の最後。
最後だから浴衣着せてみたけど・・・
服は可愛いだけどね~

チワワって首と背中が同じくらいの太さなんかな?
似合わない。
パピィの方がフリフリ似合いそうかも。

ま、最後だからガマン

きょうは認知棟と言ってたけれど
けっこう自立度の高い利用者さんが多い印象。
たま~に、エンドレスにスパイラルなお話しになることもあるけれど
すごくしっかりした声で話してくださる方ばかり。

しっかりしているから、目的意識を持ってホールに集まって来ているような
感じさえしてきます。

カウは抱っこされることは苦にならないのだけど
抱かれていると嬉しくなって勝手にサービスはじめてしまう。
ペロンとかね。^^;
それでも、向き合い抱っこや赤ちゃん抱っこの形になると
カウに話しかけはじめる光景がわずかな時間に見られたような気がする。

落ち着かないうちはわたしの顔を見て利用者さんに背を向けているのだけど
カウもそろそろ、早めに集中できるようになるといいね。

きょうはカウを抱っこしながら
「嬉しくって嬉しくって涙が出て来ちゃった~」と
可愛らしいことを言ってくださるあばあちゃんがいて、カウちゃん感激。

もうひとつ、わたし的に感激したのは
「ワンちゃんが来るのが楽しみで、前に撮ってもらった写真を大事に
しているのよ」

そう言って、見せてくれた写真が
なんと、なんとー
パピィを抱っこしている写真ではありませんか!イェ~ィ
「この子と一緒に暮らしているワンちゃんなんですよ。
これ、4月のときだったかなあ」
セラピーのときの写真をにスタッフが言葉も添えてカードにしてくれていました。

ニコニコしながら
そんなに昔ではない思い出を語ってくれます。

「でもね、ここにワンちゃんの名前が書いてないから思い出せないの」
「抱っこしているのはカウで、写真のワンちゃんはパピィって言うんですよ」
「名前書いてもらわないと」
「うんうん、後で書いてもらえるようにしてね。パピィって」(~--)/(^^;) 
「こうやって写真撮ってもらったのが宝物なの。
きょうも写真撮ってもらったらもらえるかしら?」
「ちゃんと、お手元に届きますよ!」

犬がやって来ると笑顔で迎えてくれて、
その笑顔に訪問する側も自然と笑みがこぼれ、
そして、また犬にも安心感が生まれ、犬も笑う。
すると、利用者さんも再び声を出して笑う。
スタッフも微笑む。

う~む、なんか
笑顔、優しさの循環って気がしてくるね~。

カウちゃんもいい顔で終えることが増えてきました。
20130727_144246.jpg

油断大敵だぞ!
と、気を引き締めていたスプリンガーZ
じゃなくって、りゅうちゃん。^^;

きょうは近くに来られても一発かますことなく友好的にりゅうちゃんとも
ふれあえたカウちゃんだったよ。(笑)


で、帰ってきてからぱー子ちゃんの報告。
「パピィ、おかあさんが出て行ったら
すぐに鳴くの止めてた・・・」

あ、そー
パピィって分離不安気味か???
と、思ったこともあるけど・・・
カウだって、置いて行かれて玄関から出たら「シーン」だもんな。

「犬なんて、そんなもんよー」



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。