夕焼け小焼け

暑い暑いと言ってても
8月の終わり頃には夏の雲から変わって来ていた。

あの猛暑の頃は、日本の四季なんて風流な言葉も死語と化すのではないかと思っていたけれど

今じゃ、すっかり秋の空。
きれいな夕焼けの季節ってわけだ。

しこたまアナログなコピーをし終わってから
いざ、お散歩~

出た途端に、お帰りのひなちゃんとひなちゃんのかか(ママ)に遭遇
一年生ともなるとひ弱で内気なひなちゃんじゃない。
あいさつのつもりが、長い立ち話。^^;

元気に楽しく学校へ行ってるうちはいいけど、
それでも、今どきって学齢の子がいると何かと心配事もあるんだよねぇ。

高校は自分が行きたいと思える所に行けばいいのだけど、
中学までは「きょうも、生きて帰って来てくれた~」って、
毎日思ってたよって話をちらりとしたら
「やっぱり、そうだった~?」

何やかやと親のモラルがぶっ飛ぶような出来事も子どもの中ではあるしね~。

「わたしなんて、親のしつけが悪いんじゃないって言いに来られたことがあった」
「そうなのよー。腕組んで待ってましたって感じに睨みつけながらわたしも言われたぁ」

どうりでね!
ひなちゃんのかかと話してると
楽しくなってくるんだ。
似た者同士かもしんなーい。^m^

そういうときは、ムリに闘うことじゃないよね。
「ひなちゃん、涼しくなってきたから
また、カウちゃんと遊べるぞ~。犬はいいぞー」
「カウちゃんと遊ぶぅ~」
「きょうはこれから散歩だよ。ここにいたら
かかが蚊に食われてタイヘン。早く冷やさないと」
「ばいば~い」(@^^)/~~~

ひなちゃんかかの話を聞いていたら
あぶなっかしいな~と思うような学校での状況がチラ見えもしないでもないけど

子どもにわかりやすい親でいるほうがいいんかな?
物わかりのいい親ちゅうことではなくて、
親の行動がどこへ向かっているのか、何を考えているのか
っていうことを子どもから見てわかるような。
そんなわかりやすい親ね。

立ち話が長引いてしまったので広場でひとっ走りでもするかね。
空が夕焼け色に染まってきてたよ。

夕焼けの下では

ボールを盗られっぱなしのパピィちゃん
びーぐるgif
あ~、失敗

それでも、楽しそうなぱっちん
IMG_2772.jpg
ビーグル兄弟の後ろをピョンピョン追跡

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。